レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    アメリアのおしおきタイム。石化シャロン8

    おねしょ隠蔽の巻。

    やっぱりプライドの高い彼女のことだから、見なかったことにすると思うんですよねー……などと妄想しながら書き上げました。ムシャクシャしてやった。後悔はしていない。

    このシリーズを最初から読む



     翌朝。
     シャロンは窓際からさしてくる日差しと鳥の声に目覚めた。

     よほど疲れていたのだろうか? 下着だけで眠ってしまったらしい。たまにパジャマを着ることさえ面倒くさくなって下着のまま布団に潜り込むことがあるけど、昨日の夜のことはよく覚えていない。

    それはともかく……

    「ふぁ……よく寝た……」
     ベッドから身体を起こして、ぐっと背伸びする。軽く骨が鳴る感触が伝わってきて、体中を新しい血が流れはじめる。
     大きなあくびを一つ。

    「…………!!」

     だけどそんなシャロンの緩みきった表情がサッと青ざめた。
     万歳みたいにあげていた両手を、ゆっくりとショーツへと忍ばせていくと……

    「う……うそ……」
     そこには、じっとりと濡れて、冷え切ってお尻に張り付いているショーツがあった。

     この感触は……。
     認めたくない。
     認めたくないけど……。
     掛け布団をどかし、恐る恐る視線をショーツにやると……

    「ああ………」
     シャロンは絶望感に満ちあふれたため息を漏らしてしまった。
     そこにあったのは、じっとりと濡れて、冷たく素肌に張り付いているショーツだった。白かったはずのショーツは暗く湿り、無毛の縦筋が無様に浮かび上がっている。
     それだけではない。
     ショーツで吸収しきれなかったおねしょはシーツに染みこんで大きな世界地図を作り上げていた。

    「そ、そんな……こんな年にもなってオネショだなんて……」

     湿ったショーツは肌に張り付いて脱げにくい。
     転びそうになりながらもやっとの事で脱ぐと、白かったはずのクロッチには、ヌルリとした女の子の恥ずかしいクリームが染みこんでいて、茶色い染みを作り上げていた。
     それはお尻のほうにまで、ねっとりと広がっていた。
     おねしょだけではなくて、こんなに大きな染みまで作ってしまうなんて……胸が惨めな気分で一杯になって涙が溢れてきそうになる。

     シャロンはベッドの下におねしょショーツを投げ込んだ。今、このショーツを水洗いしていると泣き出してしまいそうだった。

     手早くタンスから新しい下着を取り出して穿く。制服の上下は床に脱ぎ捨てられていたのを拾い上げてシワになっていないかを確認。よし、大丈夫。

     さあ、もうすぐ授業が始まる時間だ。大丈夫、おねしょをしたことは誰も知らない。いつも通りにしていればいいのだ。

    *   *   *

    「おはよっ! シャロン!」
     部屋を出た直後に後ろから抱きつかれる。ふわっと香ってくる日向の香りと、背中に当たっているグレープフルーツ大の柔らかい感触は……振り向かなくても分かる。

    「ちょっ……朝からよしなさいよ、ルキア!」
    「えーっ、何でよ。女の子同士なんだから良いじゃない。減るもんでもないし……………あれ? シャロン………」

     くん、くん、と鼻を利かせるルキア。シャロンの首筋に鼻を近づける。大変だ。今嗅がれたら、おねしょをしたことがばれてしまうかも知れない……。

    「………ねぇ、シャロン」
    「な、なによ、早く離れなさいよねっ」
    「今日のシャロン………なんだかとっても良い匂いがする……」
     耳元で呟いて、ルキアはスッと離れた。首筋に残る、微妙にむずがゆい吐息の感触。

    「それじゃ、また、あ・と・で・ね! あとで会いましょ!!」

    「また後でって……」

     朝日が溢れる廊下に、ルキアの後ろ姿が小さくなっていく。その背中を見つめながら、シャロンは一抹の嫌な予感を感じずにはいられなかった……。



    おしまい………?

    微妙に伏線を残して終了。続きを書くかどうかは未定です。さて、そろそろオリジナルに戻ろうか、な……。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/94-6609921c
    ブログパーツ