レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    下巻は6月30日に発売決定!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    アメリアのおしおきタイム。石化シャロン7

    石化シャロンのその後。

    ツンな女の子のおねしょを突発的に書いてみたいと思ったのが全てです。ついカッとなってやった。反省はしていない。


    このシリーズを最初から読む


     こうしてどれくらいの時間が経っただろうか?
     ビシャビシャと滝のように落ちていたおしっこはやがてちょろちょろと下火になり、やがてポタポタと内股を数滴伝い、終わりを告げた。
     おもらしが終わると、おしっこは一気に冷えて、あんなにも濃密なアンモニア臭を撒き散らしていた湯気も消えてしまう。

     後に残ったのは、恐怖に歪んだ表情のまま石化した少女と、その真下に溜まった水溜まり、自らを辱めるように失禁に濡れた棒きれだった。その棒きれは、さっきまで少女の脚だったものだ。

     言ってみれば、おもらしから立ち昇っていた湯気は、さっきまで少女が温かい生身の人間だった証拠だった。だが失禁が終わり湯気が消えた今、少女の身体は本当の意味でただの冷たい石になってしまったのかも知れなかった。
     そのままにして一晩中愛でてあげたい気もするが……。
    「さすがにこのままにしといたら大変よね」

     アメリアは手首に巻き付いたロープを外してやり、小さな身体を降ろしてやる。両足が根元からぽっきりと折れているので、間違って落とそうものなら大変なことになってしまう。何とか降ろして、アメリアは一息つき、そして呟いた。

    「リレミト & ルーラ!」

    *   *   *

     アメリアと石像が地下室から忽然と消えると、次の瞬間には一人と一体はシャロンの部屋にいた。
     耳鳴りがするくらい静かな、真夜中の個室。
     アメリアは石像を丁寧にベッドに横たえた。おもらしに濡れたクレヴァスを拭き拭きしてやり、ショーツを穿かせてやる……が、既にその白かったショーツはおもらしで黄色い霧のような染みができていたのだが。
     制服は面倒くさいので、ショーツを穿かせたところでポッキリ折れた足をセットしてやる。よし、左右間違ってない。こうして置かずに回復魔法をかけると大変なことになる。
     これで準備完了。
     アメリアは魔法の杖を二、三度振る。すると杖の先っぽから光の粒子が幽かに舞った。

    「え~っと……ケアル! それからエスナ!」

     こう言うときは先にケアルで脚の傷を回復、その直後にエスナの効果が現れ、少女の太ももは元の染み一つ無い状態へと戻っていく。それだけじゃない。冷たい石だった身体は見る間にすべやかな肌へと戻っていく。十秒も経てば少女の身体は髪の毛一本まで生身へと戻っていた。

     ショーツしか身につけていないので、その変化が手に取るように分かった。

    「お休みなさい。今夜合ったことは、ただの怖い夢だったのよ」


     アメリアが布団を掛けてやろうとしたときだ。シャロンの身体が、

     ブルリッ

     と大きく一つ震えたのだ。

     しょわわわわゎゎゎ……………


     どこからか聞こえてくる、くぐもった水音。
     一テンポ遅れて、ショーツの底にジワリと暗い染みが広がってくる。……あんなに漏らしたはずなのにまだ残っていたようだ。

     生暖かい染みは、お尻の方へと広がっていき布団へと染みこんでいく。太ももの間を満たし、それでもおねしょは止まらないと、今度はお尻の外側へと大きな水溜まりを作り上げていくのだった。

     もわっ…………

     ショーツの中心部から、ツンと鋭い香りのアンモニア臭が立ち上る。

    「あはっ…………あったかぁい………」

     一体、どんな夢を見ているのだろうか。なんの躊躇いもなくショーツの中におねしょをしているシャロンの頬は鮮やかな桃色に染まり、控えめな乳首は硬く突起していた。

    「さっきまで冷たい地下室にいたものねぇ……思う存分おねしょしなさい……」



    石化シャロン8に続く。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/93-1d375692
    ブログパーツ