レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    下巻は6月30日に発売決定!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    アメリアのおしおきタイム。石化シャロン4

    マジアカの問題分岐。
    何度それに引っかけられてきたことか……アレでペースを乱されるとその後ズルズルと落ちていってしまうのですよ。

    南無南無。

    このシリーズを最初から読む




    「第2問。母親に精神的に依存している『マザコン』の『コン』とは……」

    「コンプレックス!」

    「……コンプレックスの略ですが、『エアコン』の『コン』はなんの略でしょうか……答えは『コンディショナー』……ダメよ~問題は最後まで聞かないと。はい、おしおきいきまーす」

     ぐっと開かされる、シャロンのまぶた。アメリアはそこにカトプレパスの瞳を押しつけると、ぞっとするような冷気が足元からこみ上げてきて、身体の感覚を奪い去っていった。

    「ああ……染み一つなかった、あなたの太もも……綺麗な灰色の石になっちゃった……ほら、あなたも見てみなさいよ。さっきまで血が通ってたみたいよ」

     震える碧眼を、恐る恐る下に向けていく……本心からは見たくはなかったが、見ておかなければそのまま全身が冷たい石になってしまうのではないか……そんな恐怖がシャロンの視線を少しずつ下に下げていく。

     尿意を我慢して内股気味になってた脚は、そのままの状態で、脚の付け根まで灰色に変色していた。

    「あぁ………冷たいよぉ……足の感覚がないよぉ……」
     実際に石となった自分の脚を見てしまったからだろうか……さっきまで強気だったのが嘘のように、空のように青い瞳に涙が満ちると、一筋の雫となって頬を伝い落ちていく。

    「もうそろそろね……次の問題間違ったらお腹まで石化しちゃうわよ? そうしたら大変。その膨らんだ膀胱ごとカチンカチンになっちゃうんだから。そうなったら補習が終わるまでおしっこできなくなっちゃうわよ? 今のうちにおしっこ出しておいた方がいいんじゃない?」
    「だ、誰が……おもらしなんてするものですか……!」
     せめて最後まで品格のある態度を……少女は健気にもアメリアをキッと睨み付ける。それは、彼女にとっての最後の抵抗だった。

    「そんな強気な態度、わたし、嫌いじゃないわよぉ? どうやって服従させてやろうか考えるの、大好きなの」

     アメリアは、魔法の杖でシャロンの太ももを確かめるように軽く叩く……

     コンコン、コンコン、………ポキーン

     がくん、とシャロンの身体が落ちた。支えを失ってしまったかのように全体重がロープで縛られている手首にかかる。

    「もう一本」

     コンコン、………ポキーン

     シャロンの手首に更に体重がかかり、ギリギリとロープが軋んだ。
     まるで吊し上げられたかのようだった。しっかりと地に足はついているはずだし、ロープが上に上がったわけでも無いのに……なぜ?
     それに、今の何かを折ったような音はなんだったのだろうか?
     一抹の嫌な予感を押し殺しながら、シャロンは足元に目をやる……そこは、足元さえも見えないほどの闇だった。脚が見えないのに、暗いノイズに隠れて緩やかな『く』の字に曲がった何かが石床に転がっている。
     それは、2本転がっているようだった。

     だけど何故か違和感を覚える。
     いくら真っ暗だからといって、自分の足が見えないと言うことは、無いんじゃないだろうか?
     足元に転がっている『それ』が見えているのに、自らの脚が見えない……それが意味するところは……心臓が早鐘のようになり出して、背筋を嫌な汗が流れていく。
     足元に転がっているそれは……理解したくない。理解したくないけど……。

    「意外と簡単に折れちゃうものなのね。ちゃんとカルシウム摂ってるの?」

     ひょいっ、とアメリアが持ち上げたそれは……それを目にした瞬間、シャロンの瞳孔が見開いた。
     灰色をした、緩やかな『く』の字の物体は……!


    アメリアのおしおきタイム。石化シャロン5に続く
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/89-8a2b0bcc
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。