レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    アメリアのおしおきタイム。石化シャロン1

    qmaの二次創作。
    ファンタジーに石化はつきものです。
    シャロン石化前。
    「おしおき行きまーす!」
    「い、いやっ!」

     アメリア先生の杖が振りかざされると、シャロンの頭上から容赦なくカミナリが降ってきた。
    「い、いやああああーーーーっ!!」

     ピシャーーーン!!
     おしおきの青い電撃がシャロンの華奢な身体を貫通していく。
     予習で赤点を取ってしまった生徒にはおしおきとしてカミナリがプレゼントされる。これが文字通りのカミナリで、身体がビリビリと痺れるし結構痛いのだ。
     もっとも、死なない程度には調整してくれるんだけど。

     カミナリを喰らったシャロンはその場にだらしなくしゃがみ込んでしまった。

    「全く、あまりにも点数が悪いから特別居残りで付き合ってあげてるのに全然進歩して無いじゃない……ほら、腰抜かしてないで次の問題にいくわよ」

     教科書をぺらぺらとめくるアメリア……しかしシャロンの様子が何かおかしい。
     ぺたりと床に座ったまま、立ち上がろうとしないのだ。それどころか、顔色に桃色に染まり、碧眼にはうっすらと涙が溜まってきている……。

    「ほら……はやく立ちなさいな」
     メガネを光らせながら急かすアメリア。
     ………だが。
     ツンとした刺激臭に気づき眉をしかめてしまう。………このアンモニア臭は………。

    「あなた………もしかして」
    「ひぃっ」

     身をすくめるシャロン。しかしその拍子に、気が抜けてしまったのだろうか………彼女のスカートのなかからくぐもった水音が聞こえてきた。
     それはほんの幽かな音……しかし一度出してしまったら取り返しのつかないものだ。

    ……しょわわわゎゎゎ…………

    「おしおき受けただけでおもらしなんて……緩すぎじゃない?」
    「ゆ、緩くなんか……!」
    「そんなに漏らしといて良く言うわよ」

     アメリアの言うとおり……ストッキングに覆われているシャロンの太ももの間からはゆっくりと黄色い水たまりが広がっているところだった。ゆっくりと、ゆっくりと広がり、シャロンは自らが作り出した大きな湖に囚われてしくしくと泣き出してしまう。

     あの夜みた悪夢以来、シャロンはお仕置きを受けると漏らしてしまうようになってしまったのだ。(実際に有ったことだけど)
     好きでおもらししているわけではない……電撃を受けるとおしっこを我慢する力が勝手に抜けて知らぬ間に漏れ出しているのだ。

     湯気は無いが、よほど我慢していたのか凄まじいアンモニア臭が教室中に満ちている。
     放課後で誰もいないのがせめてもの救いだけど……もしも今教室に誰か入ってきたらすぐにおもらしがばれてしまうような、そんな臭いだった。

    「こんな臭くっちゃ居残り特訓にならないじゃない……罰として自分で汚したんだから自分で掃除して帰ること。いいわね?」
     ……こくり。
    「明日の朝みんなが登校してきてあんたのおしっこ臭かったら言いふらしてあげるんだから。覚悟しときなさいよ」

     こうしてアメリアは教室から出て行った。
     一人残されたシャロンは……自ら作り出した湖から立ち上がると、いびつな足取りで教室の後ろにあるロッカーから雑巾とブリキのバケツを持ってきた。
     黒いストッキングが歩くたびに冷えてきて、内股に張り付いて気持ち悪い。スカートも濡れてしまった。生地が黒いので目立たないのがせめてもの救いだけど……。

     雑巾に自分のおしっこを染みこませていくと、すぐにぐっしょりになってしまう。それをバケツの上に持ってきて絞るとおしっこが指の間を抜けてブリキに叩きつけられてけたたましい音を立てた。

     なんで私がおもらしの掃除なんて……しかもまだ着替えてもいないのに……。
     冷え切ったショーツとストッキングが密着してきて惨めさがこみ上げてくる。バケツの中に自分のおしっこが溜まっていくにつれてそれは増していくようだった。

     バケツの中身が半分に満たない頃だろうか。ようやく床の水たまりは無くなった。木製の床なので多少の染みは残っているけどこればかりは拭き取ることはできない。軽く水拭きするに止めて置いた。
     ここまで掃除しておけばもう大丈夫なはずだ。

     シャロンは濡れた下半身を隠しながら寮の自分の部屋に急ぐ。
     不幸中の幸いとはこんな時のことを言うのだろうか。放課後の廊下は廓寥としていてシャロンを見とがめる者は誰もいなかった。

     まさかこの後アメリアに呼び出されることになろうとは……このときのシャロンは知る由もなかった。



    アメリアのおしおきタイム。石化シャロン2に続く

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/82-d7b2a497
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。