レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    寄生蟲3

    誰もいない満月の校舎。
    そこで比奈が遭遇したのは巨大な醜いミミズのような生き物だった。

    トイレを出ると、廊下はすっかり暗闇に包まれていた。
    もう校舎には誰も残っていないだろう。誰もいない校舎というのは不気味なものだけど、比奈はすっかり慣れていた。
    図書室でよく調べ物をしていると、日が暮れていることなんて良くあることだった。
    本好きのおとなしい少女……それが大方の人が抱く、比奈の印象だった。瞳は大きく二重まぶたなのに他人の目を見て話すことができないし、そもそも普通に会話しようとしても顔が真っ赤になってしまってとても無理だ。
    だけど本を読んでいるときは違う。
     文字を追っているときの集中力は誰にも負けない自信があるし、この前だって地震があったことにさえも気付かなかったほどだ。
     ……おかげで、すっかり日が暮れてしまったのだけれど。
     もう夜の八時を過ぎてしまった。
     廊下を歩いている生徒はおろか、今校舎に残っているのは比奈くらいなものかもしれない。

    「はぁ」

     ため息をつきながら図書室の扉をくぐる。
     比奈の身長の三倍くらいはあろうかという書架に囲まれた図書室は、図書室というよりも図書館といった方がしっくりくるかもしれない。
     高校の学校図書館が大体五万冊程度だが、この聖寮高校の蔵書数はなんと百万冊を誇る。これは大型の大学図書館と引けを取らない蔵書数だ。
     窓際に、本を読むためのスペースが取られているが、その机さえも幾重にも重なる書架に阻まれて見えない。
     クジラの背中を模したかのような広大な机で、青白い月光に重厚な年輪が浮かび上がっている。その端っこに、本が出しっぱなしになっていた。

     さっきまで、比奈が読書していた席。

     開かれたままになっている本は、何の変哲も無い、最近流行りの女流作家のものだった。普通に読んでいれば何の変哲も無い……しかしどうしても濡れ場となるとそうもいかなかった。集中して読んでいるうちに知らぬ間に身体の芯が熱くなって溢れ出して来ていたらしい。
     月明かりのなかでも分かる。椅子のクッションの部分に、お尻の形に染みが広がっていた。ふと文字が読みにくいな、と思って辺りを見回すと真っ暗になっていて、お尻に手を当てるとじっとりと湿っていたのだった。
     そしてそそくさとトイレに向かい、先ほどの行為に及んでしまった……。

    「はぁ……」

     比奈は再びため息をつく。ため息が癖になってしまいそうだ。
     椅子の足元に置きっぱなしになっている鞄を取り、本をしまう。既に貸し出ししたのだけど、気になってしまったので読み始めたのが間違いだった。
    「もう帰ろう……」
     どこからか秋にしては肌寒い風が吹きつけてきて、お尻まで濡れそぼっているショーツを冷やりと撫でていった。

     図書室を出ると、廊下は青白い月光に満たされていた。
     窓から夜空を見上げてみると、ぽっかり浮いている真ん丸い月にウサギが餅をついていた。そういえば今夜は十五夜だったっけ。
     電気は一つもついていなかったけれど、十分に明るかった。窓枠の影さえもくっきりと映し出されているほどだ。

    『秋風にたなびく雲の絶え間より 漏れいずる月の 影のさやけさ』

     たしか百人一首の中にこんな歌があった。ずっと昔の人たちも、こんな風に月を眺めながら月を美しいと思っていたのだろうか……。
     そんな思いを馳せながら、比奈はリノリウムの廊下を歩いてゆく。
     秋だというのにまるで冬のようにシンと冷え切っていた。
     息が、凍りつくように白い。ブレザーを着ているけれど、それでも震えがこみ上げてきそうなほどだ。
     ぶるっ、
     不意に身体が大きく震えた。

     ……やだ……おしっこ、したくなっちゃった……

     一段ずつ階段を降りていく。しかし降りていくにしたがって辺りの気温が下がっているかのようだった。なにか、おかしい。

    「はぁ……はぁ……はぁ……」

     言い知れぬ不気味さを感じ、比奈の息づかいが早くなる。吐き出された息ははっきりと白く残っている。
     一階に着くころには、まるで真冬の夜のような気温になっていた。ブレザーと短めのスカートだけでは身に染みるような寒さだ。
     我慢していた震えがこみ上げてきた。
     早く校舎を出たかったけれど、どうしてもそれだと漏らしてしまいそうだった。仕方が無いけれど、トイレに寄ってから帰るしかなさそうだ。こんな時に、学校のトイレに入りたくないものだけれど……。
     昇降口の近くにあるトイレのドアを押す。

     ひやっ、

     ドアの隙間から、寒気の塊のようなものが流れ出してきたような気がした。
    左手は奥に向かって個室が並び、右側は流しになっていて大きな鏡が張られている。
     向こう側の壁には窓があって、曇りガラスからは鈍い月光が射していた。

     カチッ、カチッ、

     電気をつけようにも、なぜかスイッチを入れてもつかなかった。月明かりでも充分なほど明るかったが、それが返って不気味さを際立てているかのようだった。
     何度かスイッチを入れてみるも応答は無い。
     仕方なく、月明かりの中を進んでいく。
    「さ、寒い……」
     カチカチと歯が震えてくる。それは寒さのせいだけでは無いはずだ。
     この校舎には自分一人しかいない、
     なにか遭っても逃げられない……
     そんな漠然とした恐怖感が心の隅から広がりつつあった。
     個室の手前五つは洋式……和式はその奥の個室にある。和式を使うには奥に行かなければならないのだが……そろそろと歩きだし、一つずつ個室の前を通り過ぎていく……一つ、二つ、三つ……。

     ぴちゃん、

     ぴちゃん、

     ぴちゃん。

     タイル張りの床には水が溜まっていて、歩を進めるごとに冷たい音が響く。
     四つ目を通り過ぎたところで、比奈はほっとため息をつく。ここまでくれば後もう少しだ。出来るだけ個室の暗がりを見ないようにして、前を通り過ぎていく。
     五つ目。
    「えっ?」
    反射的に、立ち止まってしまった。いま、個室の暗がりで、何かが蠢かなかっただろうか……?
    見たくない。
     見たくないと分かっていつつも、見なければいけない…………震える首を、個室に向ける……人……?
     個室に落ちる青白い影は、暗がりに蠢くシルエットさえも覆い隠していた。それに加えて、比奈はかなり目が悪い。小説の文字さえもまともに見えないほどだ。
    最初は、人が苦しんでいるのかと思った。
     それならば無視できないし、助けも呼ばなくてはならない。
    「……大丈夫、ですか……」
     目を凝らして、影を覗き込む……。
    「ひっ」
     その瞬間、背筋に氷水を流されたかのような寒気に襲われた。
     影の中から現れたそれは、トグロを巻いたヘビだったのだ。全長までははっきりと分からない……だがそれに巻きつかれたら水牛でさえも絞め殺されそうなほど太く、長い。
    「あ、ああ……」
     見なければ、良かった。図書室に寄らずに早く帰っていれば良かった。さっきおしっこも一緒にしておけば良かった。違うトイレに入っていればよかった……様々な後悔が一気にこみ上げてくる。
     トグロの頭頂部が蠢き、こちらを睨みつけたような気がした。ヌラリとした体表、模様は……そこまで見ている余裕はなかった。
     今にも漏らしそうだということも忘れて踵を返してドアを目指して走り出す。来るまでに時間が掛かったのが嘘のように、一息でドアまで走り抜ける。
     そのドアを小さな身体をぶつけて開けて、廊下に走り出す……ドンッ!
     あっけなくも比奈の身体は押し戻される。
     ドンッ、ドンッ、ドンッ!
     何度も体当たりしても開かない。
    「えっ」
     なんで、なんで開かないのっ?
     恐怖に脅かされた思考で必死になって考える。鍵もついていないのに。
     ドンッ、ドンッ、ドンッ!
     それでも小さな身体をぶつける。駄目だ、開かない……!
     ふと比奈は背後で冷気の動く気配を感じて、動きを止める。
     ネチャ……ネチャ……個室から頭をもたげたもの……それはヘビというよりもミミズといったほうが近かったかもしれない。
     月明かりに鈍く光る粘液質でぶよぶよとした体表、筋肉を伸縮させて前に進む様子……言ってみれば、それは比奈ほどの身長のある巨大なミミズだった。
     それがゆっくりと個室から這い出してきているところだった。
    「ひ、ひぃ!」
     もう何がなんだか分からなくなった。あんなもの小説やマンガでしかみたことがなかった。ということはここは小説の世界? ゆっくりとこっちに這い寄ってくる、あれも小説を読んだ後に見る夢なの?

     ぺたん、

     腰が抜けて、尻餅をついてしまう。
     氷のように冷たいタイルの感触で心臓が止まりそうになる。これは、夢ではない……。這い寄ってくるアレは、現実のものなのだ……。



    寄生蟲4につづく。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。