レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    おむつ少女14

    いつものように同じトイレの個室に入った加奈と小町。

    二人のおむつの中は、夏の暑さに蒸れてしまい……。


    この小説のシリーズを最初から読む





    「ほら、わたしのおむつの中、こんなになっちゃったよ」
     加奈はスカートをめくり、おむつのお腹のゴムを引っ張って見せると、なかは透明な液体に濡れていて、むわっとミルクみたいな臭いが立ち上ってきた。
    「初めてのおむつで、赤ちゃんみたいにぐしょぐしょにしちゃったの」

    「わ、わたしも………」
     小町ちゃんも同じようにお腹のゴムを引っ張ると……おむつの中は黄色く汚れていて、つんとした臭いが立ち上ってきた。

    「加奈ちゃんがおむつを穿いてると思うと、我慢できずにおもらししちゃったの」
    「わたしもおむつ穿いてるとムラムラしてきて……もう……漏れそう」

     どちらとも無く身体を密着させていた。
     小町ちゃんの太ももが脚の間に入ってきておむつごとお股を刺激してくる。
     加奈も、負けじと小町ちゃんのおむつに太ももを押しつけると耳元に熱い吐息が拭き掛かった。

    「う、ふぅ……」
     思わず息を漏らしてしまう。ぷるぷると震えると、おむつ越しに温かい熱が伝わってきた。

     小町ちゃんのおむつの中に手を滑り込ませる。小町ちゃんの手も、遠慮がちに加奈のおむつの中に入ってきた。

     互いにおむつの中に手を入れて刺激し合う。その刺激を徐々に内側に向けていき、おしっこの穴に指を入れると、

     フッ――
    「あ、あは………」
     
     呻くと、小町ちゃんの我慢に歪んでいた表情が弛緩した。気持ちよさそうに口元を緩ませて一筋のよだれまで垂らしている。
     その代わり腕の力はこれ以上ないくらいに籠められて加奈を離そうとしない。

    「わたしも………れ、れるぅっ!」

     ぱしゃぱしゃぱしゃ………………
     しゅいいいいぃぃぃぃ……………

     二人の手に、生暖かいせせらぎが弾けた。

    「あぁ………はぁ………も、漏らしてる………わたし………加奈ちゃんの手にっ、おしっこしてるぅ………」
    「わたしも漏らしてるよぅ……!」

     小町ちゃんは耳まで真っ赤になって、だけど溶けそうなほど気持ちよさそうな表情をしている。おしっこの勢いもよほど溜まっていたのか勢いが衰えそうになかった。

     しょろろろろろろ………………

     せせらぎがおむつの外にまで聞こえてくるほどだ。
     よだれを垂らしておもらししている小町ちゃん。ちょっとイタズラしたくなるほど無防備だった。
     加奈が軽い気持ちで口をつけた瞬間だった。

    「んっ!? ふぅ………」

     ぎゅっ、と小町ちゃんの指が食い込みそうなほど力が入り、

     ビクッ、ビクッ、ビクッ!!
     小町ちゃんの身体が大きく痙攣したのだ。
     おむつの中の加奈の手にも、プシュッ、と凄まじい飛沫が弾け、それは少女の痙攣にあわせて灼熱のシャワーを浴びせかけてくる。

     小町ちゃんの指が、加奈の割れ目に入り込んでくると、痙攣に身を任せて思いっきり押しつけてきた。

     その瞬間、授業中からずっと我慢し続けていたケイレンの波が、一気に決壊した。

    「そ、そんなことしたら…………え、えぐ!」

     ビクン、ビクン、
     と痙攣すると、ぶわっとよだれが出てきて、キスをしたままの小町ちゃんの口の中へと流れていった。

    「んっ………ふぅ………ん、ふぅ………んっ………ふぅ………」
    「じゅる………じゅる………」

     口をつけたままなので、鼻の呼吸が動物みたいに激しくなっている。どちらのかも分からなくなったよだれをすすり合う。

     ぷしゅう………………
       しゅいいいいぃぃい………

     やがて、あんなにも激しかったおもらしの勢いも衰えてきて、残ったのは官能的な痙攣だった。ひくん、ひくんと互いの指を絞めているそれは、しかし時間が経つにつれて弛緩する。


    「はぁ………はぁ………はぁ………わたし………おもらししながら気持ちよくなっちゃったぁ………」
    「加奈ちゃんのおしっこ……温かかった………あっ!」

     ぶるりと身震いして、残尿がもれだしてきて、小町ちゃんのお漏らしが終わったようだった。

     しばらくは互いに身体を寄せ合ったまま温かいおむつの余韻を楽しんでいると、小町ちゃんと同じおむつを穿いているんだという実感が湧いてきてとても幸せな気分になれた。

    *   *   *

    「ねぇ……加奈ちゃん」
    「なあに?」
    「お願いがあるんだけど……」
    「うん」

     ここまで言うと小町ちゃんはうつむいて真っ赤になってしまう。
     恥ずかしそうに、ぽつぽつと言葉を紡ぐ。

    「おむつを……交換……こ、しない………?」
    「交換……こ、………えっ!」
    「い、いやならいいの」

     驚いてしまったけど、それは小町ちゃんのぬくもりを感じることができる、とてもいい方法のように思えた。

    「ううん。わたしも、小町ちゃんのおむつ穿きたい。まだ温かいうちに、交換こ、しよ?」
    「………うん」




    次回はおむつ交換こ。
    ちょっとアブノーマルすぎやしませんかね。

    その辺の判断は拍手ボタンの数で判断してみようかな、とw

    おむつ少女15に続く


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/66-8d564a97
    ブログパーツ