お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    おむつ少女13

    加奈、初おむつの巻。

    夏の暑い日におむつをあてたまま授業をうけると大変なことになりそうだと思いながら妄想しながら書いてみました。


    この小説のシリーズを最初から読む







    「加奈ちゃん、おもらししてるみたい……」

     加奈のおまたを舐めていた小町ちゃんは、ひとまず気が済んだのか、ようやく口を離してくれた。

     内股に、とろりとした銀色の流れ。
     その源泉は綺麗に拭き取ったはずなんだけれども、粘液はまだまだ止まりそうにない。

    「おむつ、持ってくるね」

     小町ちゃんはトイレから出て行って、加奈一人きりになってしまった。
     足元に目をやると、汚れきったパンツとスパッツが放置されていた。
     加奈は、ゆっくりと手を伸ばすと興味本位で中を覗いてみる……よくもまあ、こんなに漏らしてしまったものだ。そしてよくもこんなに詰まっていたものだ。自分の事ながら感心してしまう。

     パンツの中のものをひっくり返し、固まりを便器の中に落とす。
     だけど……パンツはもう穿けそうにないくらい汚れていた。洗濯すれば穿けるかも知れないけど……そこで目に入ったのが個室の角にさりげなく置いてあるサニタリーボックスだった。
    「もったいないけど……しょうがないよね……」
     パタン。
     封印完了。

    *   *   *

     しばらく待っていると、小町ちゃんは布袋を持ってきた。おむつをしまっている体操袋だ。
     手を入れると、ぱりぱりと布らしくない音が聞こえてくる。
     小町ちゃんが取り出したのはスペアの紙おむつだった。

     白に、薄いピンクの花柄模様の、穿くタイプの紙おむつ。
    「昨日みたいな事がないように、念のため代わりのおむつ持ってきたの」

    「はい」
     小町ちゃんはおむつを差し出してくる。
    「ああ………これが紙おむつ……」

     紙でできているのに、ウエストと足の所はしっかりとゴムで締まるように工夫されている。
     恐る恐る、右足を通し、左足を通し……お尻全体が紙おむつに覆われると、なんとも言えない安心感に包まれた。

    「わたし、紙おむつはいてる……赤ちゃんみたいにおむつはいてる……はぅ」

     じゅん、とおむつの中の花びらが疼いた。ただでさえ小町ちゃんに舐められて敏感になっている。おもらしみたいな粘液が滲みだしてくると、さっそくおむつに吸収されていった。
     中は濡れそぼっているのに外側は漏れてこない、不思議な感じだった。
    「はぁ………あったかぁい………」


    「大丈夫? スカートからはみ出してない?」
     お尻に触れてみると、いつもよりお尻が膨らんでいるような気がする。撫でてみると紙の音もするし。
    「よく似合ってるよ」
     小町ちゃんが、軽くお尻を叩いてくれると、不思議と納得してしまった。

     小町ちゃんと同じおむつを穿いているんだ……。
     それだけで幸せな気分になれるような気がした。

    *   *   *

     おむつを穿いて、何とか四時間目の授業から受けることができた。
     幸いにも今日は体育がないのでスカートを脱ぐ心配もない。

     だけど……はじめておむつを穿くには、今日はあまりにも暑すぎた。
     ただでさえ汗ばむほど蒸し暑い夏の教室だ。初めてのおむつには厳しすぎるかもしれない。

     五時間目の授業が終わり、帰りの会が終わった頃には、加奈はげっそりとしていた。
     おむつの中に手を入れられない代わりに、何度頭をかきむしったことだろうか。

     小町ちゃんと同じおむつを穿いていると考えるだけで蒸れてくるのだ。もう、おむつの中はサウナみたいだった。
     おむつの真ん中はぐっしょりと濡れ、ずっと座っているのでお尻のほうがじっとりと湿ってくる。おむつの座りが悪くなってくるので少しでもずらすと、今度は紙がこすれて別の快感が込み上げてくるのだ。

    「はぁ………はぁ………はぅ………」
     少しでも気を抜いてしまうと、身体が勝手にケイレンしてしまいそうだった。欲望を堪えるたびに、じゅわりと秘芯から湧いてきて、おむつの中を濡らしていく。
     汗と粘液……ムラムラ感が、おむつの中に全て封じ込められていた。


    「小町ちゃん、トイレ行かない?」
    「うん……いいよ」
     二人は帰りの支度もそこそこ、人目を忍ぶようにトイレへと急ぐ。

    ……もちろん、二人同じ一緒の個室だ。


    おむつ少女14に続く。


    面白かったら、拍手ボタンを押してくれると励まされます。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/65-fcb0b2a8
    ブログパーツ