レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    おむつ少女12

    主にふきふき。

    おむつは次回になりました。書く前からそんな予感してたんだけど……。


    このシリーズを最初から読む。



     二人で個室に入る……。
     前にもこんな事があったけれど、あのときとはまるで立場が反対になってしまった。

    「はい、じゃあまずスパッツを脱ぐ前に、上履きと靴下を脱いでね」
    「うう……」

     この前は加奈がやったことだけど、やられてみるととても恥ずかしい。真っ赤になりながら靴下と上履きを脱ぐと、スカートをめくり上げて見せた。

     むわ…………

     スカートの中にこもっていた腐敗臭が立ち上り、せまい個室に満ちあふれる。一週間、醸造されたものの臭いは相当なものだった。

     スカートをめくり上げ、自らのおもらしで膨らんだスパッツを見られてしまい、耳まで真っ赤になってしまう。
     だけど、こんなに恥ずかしいのは、おもらししてしまったからだけじゃなくて……

    「スパッツ脱がすからスカート汚さないように持っててね……」

     大惨事。
     脱がされたスパッツの中は、そんな言葉がぴったりくるような状況だった。
     ハムスターのバックプリントのはずのパンツは、硬質の固まりに覆い尽くされて、その面影は全く無くて、そして前の方は……更に酷かった。
     下剤に溶かされた下痢がべったりと張り付いてそれはパンツを超えてスパッツにまでくっついていたのだ。

     それと同じモノが、加奈のおまたにもべったりと塗られていた。
     そこが、心なしかひくん、ひくん、……と引き攣るように痙攣している……。
     その痙攣に会わせて、今も透明な液体が溢れだしていた。加奈が、見られたくなかった秘密。

     おもらししている途中から加奈は自らの意志でお腹に力を入れていた。おもらしすることが気持ちいい……おかしいと思いながらも後戻りできずに達していたのだった。

     スパッツを脱ぐと、内股に付いてしまったものから小町ちゃんは拭き始める。
     撫でるような、優しい感触だった。

    「あっ……小町ちゃん……くすぐったい……」
    「こう?」
     小町ちゃんは首をかしげて色々な力加減を試してくれるけど返って逆効果だった。
     ふくらはぎ、ひざ、太もも、そして……。

    「み、見ないで……」
     溜まらずに加奈は呟いてしまった。
     無理もない……。
     内股を撫でられ続け、今やもう加奈のおまたはとろとろになってしまっていた。

    「でも……綺麗に拭かないと……」
    「……え、……ぐぅっ!」
     ティッシュを押しつけられて、思いっきり痙攣してしまう。ティッシュに、じゅわり、と染みが広がった。

    「できるだけ優しく拭くけど、痛かったら言ってね?」

    「ふっ………ぐぅ………! はっ………はぁ……はぁ……はぁ……」

     周りの恥丘を綺麗にして、お尻も拭い、そしてついにティッシュは奥へと進んでいく。
     浅い縦筋の中にティッシュを入れると、指を器用に動いている感触が伝わってくる。

    「も、もう小町ちゃん……綺麗になったからいいよぉ」
    「けど……拭いても拭いても濡れてきちゃうんだけど……」
    「い、いじめないで……えぐっ! なんか……おかしいのが……くるっ!」

     ぞくぞくっ!
     その瞬間、加奈の身体を電撃とも悪寒とも似つかない感覚が駆け抜けていった。
    「あっ、あっ、ぃやっ!!」

     ぷしゅ――

     おもらししたのかと思った。
     だけど、それとは違って噴水のように吹き出すとすぐに止まってしまった。ただ、余韻なのか、頭がくらくらする。
     その時になってようやく気付いた。
     小町ちゃんの顔に、点々と光る、銀色の雫。

    「あ………ご、ごめ――」
    「ぺろ」

     目を疑ってしまった。
     なんと小町ちゃんは口元に付いた雫に舌を伸ばすと舐めてしまったのだ。他の雫も指ですくい取って口に運んでいく……。
     恍惚と、とろけそうな瞳で舌を舐めずる小町ちゃん……いつもの静かな様子とは違って、ものすごく普通じゃない気配がする。

    「奥まで、綺麗にしてあげる」
    「えっ!?」

     おまたに顔を押しつけてくる小町ちゃん。加奈は恥ずかしいと思いながらもその場から動けずに、両手で顔を覆うことしかできない。
     舌が動くたびに、絶頂の波が押し寄せてきては、滲みだしていく。

    「ちゅ………くちゅ………じゅる………ん………んん………くちゅくちゅ………」


     授業中の静まりかえったトイレの個室での行為はしばらく終わりそうになかった。




    おむつ少女12につづく。

    面白いと思ったら、拍手ボタンを押してくれると励まされます。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/63-11780c41
    ブログパーツ