お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    おむつ少女11

    なんとかトイレに駆け込むけど、もう、手遅れの巻。
    やっぱりアルテマの威力は凄まじくて……。



    この小説のシリーズを最初から読む



     バタン、

     なんとかトイレのドアをくぐると、微かなトイレ特有の臭いが鼻をついた。
     ここまで来れば、あともう少し……一番手前の個室まで十歩、歩けば入ることができる……。

     もはやスパッツはもっこりと硬質便に満たされて、トイレに辿り着けたとしても既に手遅れだった。しかも下剤が効いている部分は少女の括約筋がゆるむ瞬間を今か今かと待ちかまえているのだ。
     
     ぐ、ぎゅるるるぅ~~~~………。

    「ふ、ふぐぅ………」

     今にも力尽きそうなお尻のあいだからは、お湯のような水っぽいものが滲みだしている。
     ……少しでも力を抜けば楽になれるのかもしれなかった。
     どうせもうパンツは穿けないほど汚れてしまったのだ。
     それならば、この苦痛から一刻でも早く解放された方が良いに決まってるじゃないか……。

    「もう………もう、良いよね……わたし………もうこれ以上歩けないよ………」
    「加奈ちゃん………」

     寄り添ってくれる小町ちゃん。
     そして、ついに、加奈は力尽きた。


     かくん、


     今まで決して座らなかった少女が、トイレの個室を目の前にして足を肩幅に開くと、全身の力が脱力したかのようにしゃがみ込んでしまったのだ。


    「うっ……、う、ふっ、………ふ、ふぅ……」
     ビチュッ、ビチビチビチビチッ!!

     一拍遅れ、空気が混じった湿っぽい音が炸裂し、スパッツが熱湯に満たされた。
     ゴツゴツとお尻の柔肉にあたっていたうんちが、一瞬にして灼熱の下利便にとって変わる。


    「あっ、……つぅ……いっ…………! 熱い、熱いよぉ………! 下痢が漏れてるっ、……漏れてるのぉ! いやあああっ!!」

     既に密閉されたスパッツの中にスペースは無かった。
     だが加奈がしゃがみ込んだ今は違う。、押し出された水溶便はお尻の縦筋を伝って前の方へと一気に押し寄せてくることになったのだ。

    「ひぃ、……ぃいっ、いぎゃああ!!」

     ビクンッ、ビクンッ!!


     大事なところを灼熱の感触に覆われ、少女の身体は小刻みに痙攣する。

    「あっ、あっ、あっ、あっ…………ひ、ひ、ひ、…………ひぅ!」
     ビチッ、にゅるにゅるにゅるにゅるっ

     加奈はいつしか自らの意志でお腹に力を入れていた。それはただ単に排泄欲を満たすためではないだろう。
     呼吸は背徳的な感触に震え、頬はほんのりと桃色に染まっている。
     そしてついに加奈は口にしてはいけないことを言ってしまった。

    「……き、気持ちいい……」
     おもらししながら気持ちいいだなんて……絶対おかしいのに……。

     ひくん、ひくん………ひくん………
     大きく、官能的な痙攣の波が、少女の身体を震わせる。
     虚空を見詰めて、口を半開きにし、よだれをたらしながら加奈の排泄は終わりを告げた。



     黒スパッツは、パンパンに膨らみながらも、しかし一滴の恥辱さも垂らさずに少女の脱糞を受け止めていた。



    「……終わった?」
    「うん………………あっ……」

     気が抜けてしまったのだろうか。
     弛緩しきった縦筋がじわりと生暖かくなった。

     じわ………
       ちょろちょろちょろ………………

     しゅいいいいいいぃぃぃ……………


     今まで一滴も漏れていなかったスパッツから、おしっこが滲みだしてくると膨らんだお尻を伝ってタイルに水たまりが広がっていく。


    「ああ………いいのぉ……気持ちいいの……なんで……おもらししちゃったのに気持ちいいなんて……絶対におかしいよぉ……」
     自らの欲望に屈してしまった。
     その結果がこれだ。
     三分丈のスパッツはぱんぱんに膨らみ、ちょろちょろと失禁し、いまだ茶色い水たまりが広がっている。

    「おかしくなんて、無いよ……」
    「えっ?」
    「おもらししてる加奈ちゃん、すごく可愛かった。……わたし、今日は念のために換えのオムツ持ってきたんだけど……良かったら、加奈ちゃんもおむつ穿いてみる……?」
    「小町ちゃんの、紙オムツ……?」
    「まだ穿いてないから綺麗だけど……おむつなんて嫌なら良いけど……」
    「ううん。わたしも穿きたい。小町ちゃんと一緒におむつ穿きたい」

    「その前に……加奈ちゃんのおまた、綺麗にしてあげるから覚悟してね」
    「あ………あぅ」



    おむつ少女12につづく


    面白いと思ったら、拍手ボタンを押してくれると励まされます。

     次回、加奈、お揃いのおむつデビューの巻……かも。


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/61-bb77e09a
    ブログパーツ