レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    おむつ少女10

    我慢に我慢を重ねて、それでも向かえてしまった静かな決壊。


    前のアンケートで「スパッツ」に一票をいれた僕としては、思い切り妄想を発散させていただきました。


    このシリーズを最初から読む



    「大丈夫?」

     小町ちゃんに支えられて二人で廊下に出る。
     授業中の廊下はシンと静まりかえっていて、後ろでがらがらとドアを閉めた音が響いて消えていった。
     誰もいない廊下に、二人きり。
     だけど加奈は問いかけに答えることができなかった。
     歯を食いしばり腹痛に耐え、括約筋に力を入れてないと今すぐにでも欲望が漏れ出してしまいそうだったのだ。

     今まで加奈は、座っていたことにより我慢していた。お尻を椅子に押さえつけることによって閉じていたのだ。
     だけど立ち上がってしまった今、もはや自分自身のわずかな力しか残っていない。

     トイレまでは、教室二つ分の距離があった。その距離が、歪んで何倍にも見える……。

    「ご、ごめん………もう、わたしダメだ……もう我慢できないよ………」

     立った状態でお尻を後ろに突き出し、ついに加奈は力尽きた。座り込まなかったのが、せめてもの少女の抵抗だった。

     ミリミリミリミリミリミリミリ…………

     スカートの上からでも分かる。
     一週間醸造され、コンクリートのように圧縮されたそれはテントのようにスパッツを押し上げているようだった。

    「おぉ………ほぉ………」

     スパッツを穿いていたことがせめてもの救いだった。これがパンツのままだったりブルマだったら大量に漏らされた物は、あいだからはみ出し、廊下に汚物を落としていたことだろう。
     だが、それが返って加奈を苦しめることになった。吐き出した欲望を全て受け止めねばならないと言うことだ。

     もはや盛り上がったスパッツはスカートの下からはみ出し、硬質便に押し上げられたそれはパイナップルのようにイガイガお尻に刺さって痛い。

    「おっ………おっ………おっ………おっ………おっ………おっ………おっ………」

     ミチミチミチミチミチミチッ
    ムリムリッ、もこもこもこっ!!

    「い…………はああぁぁぁ…………」

     ぼこッ、
    もこもこもこもこっ!!

     どんなに漏らそうとも硬質なために音は鳴らなかった。その代わりこれでもかと言うほどスパッツが盛り上がっていった。

    ミリミリッ…………ぶぽっ

     間抜けなおならで、うんちおもらしは一旦の終わりを告げる。最後までしゃがみ込まなかったのは、せめてもの抵抗だった。

     恐る恐る自分のお尻を触ってみる……手触りは、パイナップルみたいにイガイガしてて、大きさ自体はグレープフルーツくらいはあるだろうか……もっこりとお尻から盛り上がっていた。
     ほかほかと、温かい感触がスパッツ越しに伝わってくる。
     スカートの中から、なんとも言えない醸された匂いが立ち上ってきた。

     取り返しのつかない事をしてしまったと、今更ながら涙が出てきそうになった。まだ授業あるのにどうしよう……。もうこのパンツは穿けない……。

    「………終わった……?」
    「はぁ………はぁ………はぁ………うん……終わった……だけど……まだ……」
    「歩ける?」
    「な、何とか……」

     足のあいだにもミッチリとうんちが詰まっているので、よたよたとガニ股で歩く羽目になる。
     そんな自分の姿を想像して、心の底から惨めになった。
     なんて間抜けなんだろうか。
     お薬を飲んで失敗してしまうなんて。しかも、こんなにいっぱいうんちお漏らししてるところを見られるなんて……ダメだ……なんだか、猛烈に独りになりたい気分だった……。
     一歩、ガニ股で歩くごとに惨めさが増していく。ぽつりと小町ちゃんが口を開いた。

    「大丈夫だよ……わたし、加奈ちゃんのこと嫌いになんかならないから……」

     さりげない小町ちゃんの一言。思わずつんと鼻が痛くなった。
     手を引かれて、トイレに入る。
     だけどここで第二波が押し寄せてきた。

     ぶぴゅっ!

     膨らみきったスパッツから、不吉な音。
     下剤の影響を受けて水のようになった下痢。それが、すぐそこまで押し寄せていた……。




    面白かったら拍手ボタンを押してくれると励まされます。


    おむつ少女11につづく。



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/60-cc2681b3
    ブログパーツ