レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    下巻は6月30日に発売決定!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    おむつ少女7

    二人で同じ個室に入る。
    そこで唐突な小町ちゃんの告白とは……。
     
     
     
    このシリーズを最初から読む
     カチャンッ、

     加奈と小町はトイレの同じ個室に入った。
     和式の便器があるだけのトイレに二人ではいると少し窮屈だし、おむつの何とも言えない臭いが個室に澱みつつある。

    「それじゃあ小町ちゃん、おむつ脱がせてあげるから上履きとくつした脱いで、スカートめくり上げて」
    「……う、うん……」

     言われるがままにスカートをめくり上げておむつを露わにする小町ちゃん。
     その様子があまりにも現実離れしていて、うっとりしてしまう。

    「う、うわぁ………」

     もわっ…………
     ゆっくりと、おむつを降ろしていくと、濃密な臭いが個室の中に満ちあふれてくる。
     やっぱり予想通り、おむつの中は悲惨な状態だった。ドロドロに煮込んだカレーのような液体とおしっこが混じり合っていて、それはお尻の部分だけではなく前の方までも覆い隠している。
     小町ちゃんの縦筋は、茶色い未消化物に覆われて見えないほどだ。

    「小町ちゃん………」
    「あんまり見ないで……恥ずかしいよ」

     じっくりと見すぎただろうか。
     少女は羞恥心に顔を赤らめて今にも泣きそうになってしまった。その表情はとても魅力的だったけど……ここは我慢して、次の作業に取りかかことにした。

     加奈はトイレットペーパーを手に取り、前の方から……、

     ヌルッ

     触れた瞬間、小町ちゃんの身体がぴくりと硬直する。
     ぐっちゃりと押し広げられた下利便はちょっと強く拭わないと取れない。
     それは、ティッシュの境界を越えてあっというまに手にまで染みこんできてしまった。

     何枚も何枚もトイレットペーパーを使い、少しずつ拭き取っていくと、やがて露わになってくる小町ちゃんのおまた。
     マシュマロみたいにプニプニしてて、桜の花びらを包んでいる。

    「……わたしね」

    「わたし……トイレに行くのを我慢してると気持ちよくなってきちゃうの。それでおむつをつけているんだけど……」
    「うん……」
    「最近になって、それだけじゃ我慢できなくなって……」
    「それで、わたしの席で……」
    「ごめんなさい……」
     
     それっきり黙り込んでしまう小町ちゃん。なんだか間が持たなくなって、今度は後ろを拭き始めた。
     べっちゃりとお漏らしに覆われたお尻は、それでも形が良いと分かるくらいに肉付きがよかった。
     加奈は、紙を多めに取ると、手を動かしながら口を開いた。

    「それ言ったらわたしも……ごめんなさい」
    「えっ?」
    「わたし、小町ちゃんがおむつしてるの知ってました……しかも、おむつの臭いをかいでると気持ちよくなってきちゃって……舐めちゃいました……そのおむつ」

     言った言葉の意味を理解できなかったのか、小町ちゃんは自分のおむつを見詰めて固まってしまった。しかしそれから五秒くらい経ってからだろうか、見る間に耳が真っ赤になって、

    「えっ………えええええええええええええええええええええええええっ?」

     普段からは想像も出来ない素っ頓狂な声を上げた。
    「わ、わたしのおむつ……おしっこで黄色くなったおむつを舐めてたっていうの!?」
    「………ごめんなさい………」

     お尻を拭きながら謝る。茶色い汚れを取っていくと、真っ白でぷにっとしたお尻はすっかり綺麗になった。
     スカートを降ろせばお漏らししたことは外から見ただけじゃ分からない。

    「二人だけの………秘密、いい?」
    「秘密?」
    「そう。加奈ちゃんがわたしのおむつをその………舐めたことと、わたしがおむつ穿いてお漏らししたこと……二人だけの秘密」
    「うんっ!」
    「そうと決まれば……」
    「きゃっ」

     小町ちゃんの手がスパッツにかかると、パンツごとスルリと降ろされていた。
     おもらしで黄色くなった飾り気のない白いだけのパンツ。だけど、クロッチのところだけは色が違っていた。
     三時間目の体育の時間にした一人遊びから同じパンツを穿いているので、既にそこは茶色い染みになってしまっていたのだ。
     そして今も、とろりとした白い液体がクロッチにまとわりついていて、そこから、

     とろり、

     とした一筋の銀糸が伸びていた。

    「………ぃやっ」
     慌てて声を上げても遅かった。濃密な臭いが立ち上ってきてうんちの臭いと混じり合う。

    「加奈ちゃん……気持ちよくなっちゃってたんだ……」
    「うう…………ごめんなさい」
    「ううん、嬉しいよ。スパッツ脱いで。洗ってあげる」

     スパッツを取られてしまいノーパンで立っていると、すーすーとスカートの中が心許ない。
     しばらく手持ちぶさたに立っていると、固く絞られたスパッツを持って小町ちゃんがもどってきた。 

    「よく絞ったから、そのまま穿けると思うけど……」
     言われたとおり、スパッツとパンツはぞうきんみたいにきつく絞られていたし、ぬるぬるも取れていた。これなら穿けるかも知れない。
     だけどそのまま穿こうとして気付く。小町ちゃんはおむつを汚してしまったのでスカートの下に何も穿いていないはずだ。
    「わたし、スパッツだけ穿いて帰るから小町ちゃんはこのパンツ穿いて帰る……?」
    「えっ……?」
    「あ、汚いよね。ごめん、こんな事聞いて」
    「ううん」

     首を横に振る小町ちゃん。
    「加奈ちゃんのショーツなら汚くないよ。ありがとう、穿いて帰る」

    *   *   *

     こうして、二人で湿った下着を穿いて学校を出た。
     夏の草いきれがおまたを通り抜けていくのがなんだか撫でられてるみたいで恥ずかしい。

    「二人だけの秘密だね」
    「うん……わたしと加奈ちゃんだけの秘密……」


    おむつ少女8に続く


    面白かったら拍手ボタンを押していただけると励まされます。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/57-181e1e36
    ブログパーツ