今まで書いたネット小説は
    ↓の画像をクリック!

    240px.png
    ・掲示板
    ・日記(ツイッター)
    ・リンク

    クリエーター支援サイト



    最新刊!

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    大決壊! 01~ないしょの成長日記~
    大決壊!~ないしょの成長日記~


    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(上)

    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(下)
    ザ・ホールド! 
    僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)






    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    芽生え27

    招かれざる客が。


    この小説を最初から読む!
     




    (お、おさまってえぇ……! おまたがジンジンして、ううっ、痺れる、よぉっ)


     プチュリッ!
     秘筋に指を食い込ませていくと、熱い蜜がタイツから滲み出してくる。
     それでもなんとか痙攣を堪えていると、少しずつ落ち着いてきてくれた。


    (すずむしが、鳴いてるの……?)


     落ち着いてくると、イリアは夏虫の鳴き声の海に包まれていた。
     リンリンと鳴り響き、興奮に火照ったイリアの身体を包み込んでくれている。


    (寒くなってきたのに……、それに、まだ明るいのに、なんで虫が鳴いてるの?)


     疑問に思ったけど、なんのことはない。それはただの耳鳴りだった。
     初めての絶頂に、イリアの鼓膜は誤信号で細かく痙攣している。


    「はぁ……、はぁ……、はぁ……。す、凄い……。なんか、凄いのきちゃったよ……。ううっ、おまたジンジンする? お小水を途中で止めちゃったから?」


     戸惑いながらも、しかしここで尿意を放つわけにはいかなかった。
     個室の外には、なにも知らない女子生徒がいるのだ。


    (変な声出しちゃったけど……大丈夫、かな?)


     そう思って息を潜めていると、どうやら幸いなことに女子生徒には気づかれていないようだ。


    「はぁ……危ないところだったよ……」


     イリアに聞かれているとも知らずに独り言を漏らし、微かな衣擦れの音ののちに水音が聞こえてきた。

     
     しゅいいいいいいい……。


     くぐもった、控えめな水音。
     イリアは指を食い込ませて我慢しているとも知らずに、女子生徒の放尿はなかなか終わってくれない。


    (ううう~。お願いだから、早く終わってぇ……っ)


     指を食い込ませているおまたがキュッと痙攣すると、熱い聖水が漏れ出してきてしまう。
     それでも我慢していると、膀胱がジンジンシクシクと痛くなってきた。

     でも、出すわけにはいかないのだ。
     ここで我慢していたものを解き放ってしまうと、イリア自身、黙っていられる自信はない。
     エッチな声を上げてしまうに違いなかった。


    (お願いっ、早く出てってよ~っ)


     声も、小水も出してはいけないと分かっているけど、人間というものは不思議なもので、ダメだと分かっていると余計にやりたくなってしまうものだ。


    (も、もう……、我慢できない……っ)


     クロッチに食い込ませている指先から、ちょっとでも力を抜けば、聖水が噴き出してくることだろう。
     きっと、気持ちいいに違いない。
     ちょっとくらいなら……。

     どうせ、些細な水音の違いなのだ。
     分かるはずなんて、ないさ。
     耳元で悪魔の囁きが聞こえてくるけど、


    (ぜっっったい、だめえ!)


     その誘惑に、イリアは首を横に振って、ギュッとおまたに指を食い込ませた。
     だけど、それがまずかった。


    「あっ、あふううう……!?」


     指を食い込ませていくと、おまたがキュンッ、痙攣して、イリアの指先を絞めつけてくる。


    (ううー! おまたが熱くなって……ッ、勝手に震えて……!)


     抑えようと思っても、勝手に腰が震えてきてしまう。
     その痙攣を抑えつけようと、更に指を食い込ませて行くも、敏感になった少女のルビーは、その輝きを増しつつあった。
     触れれば触れるだけ、輝きが増していき、少女の身体を熱く、深紅に染めていく。


    「あっ! ふううううぅぅ! ぉまたぁぁ……ッ! キュンキュンして、痺れちゃ……ダメだよぉ……ッ!」


     イリアはお尻をプルプルと震わせながら絶頂感を抑えつける。
     だが、小さな身体で初めての絶頂を抑えられるはずなどない。
     黒タイツに覆われたお尻……その双丘からはドロドロとした蜜がしたたり落ちていた。


    (も、もう……我慢、できない……! お尻が勝手に震えて、おまたがジンジンして……! ふっ、噴き出しちゃうっ! なんかきて……飛んじゃう、よおおお!!)


     クチュッ、クチュチュッ。
     秘筋に食い込ませている指先が、淫靡でねっとりとした音を奏でる。
     ここまで昂ぶってしまうと、絶頂を経験したことのないイリアにはどうすることもできなかった。


    (あっ、もう、無理だ……)


     幾重にも折り重なってくる絶頂感に、フッと意識が遠のき、指先から力が抜けていき――、


    芽生え28につづく


    バイト探しはタウンワーク(´・ω・`)
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/501-a1097763
    ブログパーツ