今まで書いたネット小説は
    ↓の画像をクリック!

    240px.png
    ・掲示板
    ・日記(ツイッター)
    ・リンク

    クリエーター支援サイト



    最新刊!

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと


    大決壊! シリーズ

    大決壊! ~芽生え~

    大決壊! 01~ないしょの成長日記~


    ザ・ホールド! 
    僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(上)

    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(下)






    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    芽生え26

    学校で。

    この小説を最初から読む!
     



     座った瞬間――、


    ジョッ!


    「あっ!」


     太股に膀胱が圧迫されて、勝手に小水が噴き出してきてしまった。
     じんわりと生温かい感触がクロッチに染みこんでいき、それはお尻へと広がっていく。


    「あっ、あっ、あああぁぁ……」


     学校なのに……。
     取り返しのつかない、温もりがおまたに、そしてお尻へと染みこんでいく。
     未成熟な、それでいてプリッと膨らみ始めた思春期特有のお尻が、甘温かい手に愛撫されていった。


    「あっ、あぁぁぁ……、あったかい、よぉ……」


     じゅもも……、じゅもももも……。
      ぽた、ぽたた……。



     緊張していたのが嘘のように、イリアの尿道はすぐに緩みきっていた。
     黒タイツから滲み出してきた小水は、プリッとしたお尻の双丘から黄金の雫となって落ちていく。


    「んっ、んああっ」


     ――ヒククッ!
         ぷしゅうっ!



     性に目覚めようとしている少女の秘筋が震え、宝石を包み込んでいるつぼみが剥けていく。


    (なんか、おまたがチリチリして、変な気持ちになって来ちゃってるかも……。なんか、エッチな感じ……?)


     しゅいいいいいいい……。


     股間からこみ上げてくる未知の感覚に戸惑いながらも、イリアは身体から力を抜いていく。
     お尻から落ちていく黄金水は、尿意を普通にはなったときとは明らかに違った水音となって、和式トイレの水面へと落ちていった。


    「はふう」


     安心しきったイリアは、つい熱い吐息を漏らしてしまう。
     だが、そのときだった。


    「……誰も、いないみたい?」


     トイレと廊下を隔てるドアが開く音がすると、誰かが入ってきた気配。
     足音からして……一人、だろうか?
     だがそれでもイリアの緊張感は一気に高まってしまい、


     プシュウ!


     びっくりしてタイツとクロッチという三重布で覆われているというのに、小水を噴き出してしまう。


    (ううっ、水音でバレちゃうかも……ッ)


     慌てておまたに力を入れるけど、ただでさえ女の子の尿道は太くて短いし、イリアのふっくらとしたおまたの尿道括約筋は、度重なる秘め事に緩みきっている。


     それにいっぱい水を飲んで、膀胱は水風船のように膨らんでいた。
     おまたに力を入れたくらいで、弾けるレモネードを止められるはずもなかった。


    (指で、抑えないと……、止められない……ッ)


     咄嗟の判断で、両手を秘筋に食い込ませる。
     その瞬間、


     キュン!


    「はっ、はうう!?」


     おまたから電流が走り、下半身を駆け抜けていく。
     タイツに覆われた、少女の青尻が快楽に波打つ。


    「あっ、あっ、あひぃ!?」


     イリアは堪えきれずにソプラノボイスを漏らしてしまった。
     それでも痙攣は止まってはくれない。


    (あっ! あっ! あっ! あっ! あああ! おまた、痺れて……ッ、ううっ! な、なんか……くる!)


     きゅうううう!
     指を食い込ませている秘筋が痙攣し、黒タイツから蜜が滲み出してくる。
     だがそのことをイリアが気にしている余裕は無かった。


    「んうっ、ううう! ふうう!?」


     イリアは抑えきれぬ熱量に、小動物のように身体を丸めガクガクとお尻を震わせることしかできなかった。


    「んああ、あふう……。ふぁああああぁ……」


     イリアの碧眼から大粒の涙が溢れ出し、頬を濡らしていく。
     口元からは、一筋のヨダレが垂れてきていた。


     キュンッ! キュンッ!
     秘筋が痙攣し、熱い蜜が溢れ出し、イリアの指先に絡みついてくる。
     ショーツを穿いたままの小さなお尻がプルプルと震え、タイツ越しだというのにムッと甘い香りを漂わせていった。
     イリアは、生まれて初めて絶頂してしまったのだ。


    「んっ、おっ、おおおぉぉぉ……ッッッ!」


     それでも嬌声を上げるわけにはいかなかった。
     こんな声を聞かれてしまったら、それこそ恥ずかしすぎて学校に来れなくなってしまうことだろう。
     イリアは、必死になって声を押し殺す……。


    芽生え27につづく


    お仕事が上手くいかず、更新ペースが遅くなってしまい申し訳ないです。
    売れてないんだから仕方が無い。
    血を吐きながらも頑張ります(´・ω・`)




    fc2はCGでアウトだとブログごと凍結する危険性があるので、
    サンプルCGなどはこちらに載せていくと思います。



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/500-6f157c7f
    ブログパーツ