今まで書いたネット小説は
    ↓の画像をクリック!

    240px.png
    ・掲示板
    ・日記(ツイッター)
    ・リンク

    クリエーター支援サイト



    最新刊!

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと


    大決壊! シリーズ

    大決壊! ~芽生え~

    大決壊! 01~ないしょの成長日記~


    ザ・ホールド! 
    僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(上)

    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(下)






    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    芽生え24

    クロッチさんお疲れ様です。



    この小説を最初から読む!
     





    「くちゅんっ」


     ジョッ!!


    「――!!」


     イリアがくしゃみをしたと同時にチビってしまったのは、4時限目の授業が終わった昼休みのことだった。
     ジンワリとクロッチの裏側が生温かくなり、なんとも言えないむず痒さがこみ上げてくる。


    (おトイレ、行っておこう……)


            ☆


    「はふう……。朝からずっと我慢してたから……」


     女子トイレの個室に入り、イリアはホッとため息をつく。
     ショーツと黒タイツを下ろすと、たったそれだけで、


     むわ……っ。


     ツーンと目に染みるようなアンモニア臭をまとった湯気が立ち上ってくる。


    「我慢できたと思ってたのに、こんなにチビッちゃってたなんて……うう、目に染みるよ」


     いっぱい我慢してから出したほうが気持ちいいし、トイレでお尻を出すのは寒いから、ついつい我慢してしまっていたけど……、イリアの尿道は、少しずつ聖水を漏らし続けていたようだ。


    「もうショーツの外側にまで染み出してきてる……。我慢してるつもりだったんだけどなぁ……」


     クロッチの裏側はツーンとした染みができあがっていた。
     最初はレモン色だったのだろうけど、時間の経過とともに茶色く変色して、お尻のほうにまで広がっていた。


     座った状態でおまたからチョロッと出てくると、縦筋を伝ってお尻の割れ目にせせらぎが流れ込み、こんな風に恥ずかしい染みになって残ってしまう。


    「クロッチさん、お疲れ様です」


     女の子の恥ずかしい染みを隠すための二重布は、すでに力尽きていた。
     クロッチの外側にまで、やや茶色く変色した聖水の染みが滲み出してきている。
     それに正体が分からないヌルヌルの粘液も勝手に出てきていたようだ。


     クロッチの裏側はヌルッとしていて、時間が経った粘液は栗きんとんの残りカスのようにモロモロになってクロッチにこびりついていた。
     その惨状を見つめていると、


     プシュッ!


     自然と尿道も緩んでしまったのか、無毛の秘筋からレモネードが弾けだしてしまう。


    「い、いや……っ」


     慌てて和式のトイレにしゃがみ込むと、太く立派な放物線が、真っ白な便器に弾けては散っていく。


     しゅいいいいいいいいいいい……。


    「ふぁああああ……。我慢してたから……気、気持ちいーよぉ」


     生温かい放水の快楽に、イリアの頬は桃色に上気して、緩みきっていた。
     その口元からは、一筋のヨダレが垂れてきてしまっている。
     ただでさえ蒸れ返るようなアンモニア臭が漂っていた個室に、更に濃厚なアンモニア臭が上書きされていく。


    「はふう……やっぱり、我慢してから出したほうが気持ちいいの。あっ、ふうっ! いい、よぉ……っ」


     ぷっしゅいいいいいいい……っ。


     女の子の尿道は、太く、短い。
     その長さは3~4センチくらいで、小指ほどの長さもないし、しかも膀胱からスッと真下に伸びるようにできている。


     その噴出の勢いたるや、男のものと比べるのが間違いなほどに遠くまで飛んでいた。
     だけど、そんな勢いのほとばしりが、少女の小さな膀胱でいつまでも続くはずがなかった。


    「ふっ、ふううう!」


     ブルルッ!


     プッシュウ!



     イリアが大きく身震いすると、一際勢いよく噴出してきて……、それっきり、レモネードの噴出は終わってしまった。


     ぽた、ぽたた……。


     ただ、噴き出すことができなかった聖水が、縦筋から流れ落ちて会陰を伝い、お尻からぽたぽたと水面に落ちていく。


    「はぁ、はぁ、はぁぁぁ……。こんなにいっぱい出るなんて……。気持ちよかったぁ……」


     トイレットペーパーでふっくらおまたを拭い……チリリッ!
     おまたから発せられる静電気に顔をしかめながらも、綺麗に拭いていく。


    (ティッシュで触るとチリチリするんだ。変な病気、なのかなぁ)


     イリアは首をかしげながらもおまたを綺麗にして、ショーツと黒タイツを穿く。
     ちょっと湿っているショーツがおまたに食い込んできて気持ち悪かったけど、それでもイリアはこの感触が嫌いではなかった。


    (午後の授業も頑張っていこう……)


     聖水を思いっきり出すことができた爽快感を胸に秘め、イリアはスカートの裾を整えると教室へと急ぐ。
     まさか、澄ました顔をしたイリアが、自らの蜜でクロッチをヌルヌルにさせているだなんて、誰も想像さえもしないだろう。


    芽生え25につづく


    ここまで読んでくれてありがとうございました。
    なかなか小説を書かせてもらえずにツライ日々が続きますけど頑張っていきたいです。



    大決壊! 01~ないしょの成長日記~



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/497-6010153d
    ブログパーツ