今まで書いたネット小説は
    ↓の画像をクリック!

    240px.png
    ・掲示板
    ・日記(ツイッター)
    ・リンク

    1年ぶりの新刊!

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 
    僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    芽生え20

    最後まで大決壊してしまったイリアさん。


    帰るまでが遠足です(´・ω・`)


    この小説を最初から読む!
     




    「はやく、家に帰らないと……っ」


     重たいお尻を、ほんの少しだけ後ろに突き出して、よろめきながらもいつもの帰り道を進んでいく。
     幸いなことにこの人気はなく、イリアはその道をゆっくりと進んでいくことができたが……。


     ヌチャ、ヌチャ。
     ヌチョ、ヌチョ。



     未消化物がおまたに食い込んできて、イリアはある変化に気がついてしまう。

    (あれ? なんかおまたがチリリってするような気が……する?)

     一歩進むごとに未消化物が食い込んでくるという淡泊な責め苦に、イリアのおまたが熱くなってきてしまったのだ。

    (おまたが熱くなってきて……ううっ、変な感じがするの。なんだかポワッとして……、おまた、ムズムズするよぉ……っ)


     一歩進むごとに、自らの未消化物に責め苦を受けて……、
     少女のつぼみは、戸惑いながらも開花しようとしていた。



            ☆



    「よかった……。誰にも会わずに済んだよ……」


     イリアが屋敷に帰ってきたころには、額には脂汗が浮かび、背筋には滝のような汗が流れていた。
     ショーツの中は、グチョグチョに攪拌されて、おまたに食い込んできて気持ち悪い。
     一刻も早くこの気持ち悪さから解放されたかった。


     メイドさんや母親に会わないようにと、忍び足で屋敷の中を進んでいき、なんとかトイレへと辿り着く。
     使い慣れた洋式のトイレは、いつもイリアがおもらし遊びをしている場所でもあった。


    「やだ……。なんだかドキドキしてきちゃったよ……」


     イリア自身は気がついてはいないが、何度も繰り返してきた禁断の遊びは、すっかりイリアの身体に染みついていた。
     イリアは、トイレに踏み込んだだけで濡れるようになっていたのだ。


     じゅわ……。
     チョコレートシェイクが食い込んできている秘筋が熱く火照ると、ヌルリとした感触が新たに溶け込んでいく。
     だが、それをイリアがなんなのかを理解することはできるはずがなかった。


    「やだ……。漏らしちゃった……の? 怖いけど、脱がないと……だめ、だよね……」


     早くこのショーツを洗濯しなければ染みになってしまうし(もう手遅れかも知れないけど)、それにずっとこの格好でいるわけにもいかないのだ。
     こうしている瞬間にも、ショーツの中のシェイクは冷えてきて、ベッタリとお尻に張り付いてきている。


    (早く綺麗にしないと……)


     そのことはイリアも十分に理解している。
     だが、このショーツと黒タイツに詰まっているモノを目の当たりにすることは、自分自身の失敗と向き合わなくてはならないと言うことでもある。
     それはちょっと勇気のいることだった。


    (だけど、このままでいるわけにもいかないし……、はううっ、ここは怖いけど……っ)


     イリアは一枚ずつ服を脱いでいくことにする。
     ただ用を足すだけならばショーツとタイツを下ろせばいいけど、こんなにも派手に漏らしてしまったのだ。
     全部服を脱いでおかなければブラウスや制服に、茶色い汚れがバターのようにくっついてしまうかも知れない。


     それに髪の毛も、だ。
     ブロンドのツインテールの先につけばきっと毛先が痛んでしまうし、なによりも汚くて嫌だ。
     イリアは、いつも毛先のことには気をつけていた。


    「ううっ、この格好、恥ずかしい、かも……」


     イリアはブラさえも外した、タイツとショーツだという格好になる。
     白人系の血を色濃く受け継いでいるイリアの乳房は、同じ歳くらいの女子と比べても大きく育っている。
     イリアの双丘の頂には、ツーンとした桃色の山頂が固く突起していて、ちょっとでも触ると凝りのようになっていて痛い。
     それでもまだまだ未成熟で、乳房に触れると、張りがあってやや固さを残していた。


     だけど固いということは、それだけ夢が詰まっているということでもある。
     イリアの身体は、これからも大人の女性として性徴していくことだろう。
     だが、性徴期というのは、大人と子供の境界線で、あまりにも危うい時期でもある。
     身体は大人に性徴しようとしていても、子供のような失敗をしてしまうことだってあるのだ。
     今の、イリアのように、だ。


    「怖いけど、早く綺麗にしないと」


     イリアは呟くと、恐る恐るショーツをタイツごと降ろしていく。 その直後だった。


     ぬっっちょぉぉぉぉぉ……。
      むわ…………っ。



     なんとかショーツを太股のところまで降ろした瞬間だった。
     目に染みるほどの悪臭が立ち昇ってきた。あまりの悪臭に、涙が出てきてしまいそうになる。
     十日間、イリアのお腹に詰まっていた腐敗物の臭いだ。
     無理もないだろう……。









    つづく






    ここまで読んでくださりありがとうございます!



    俺の股間がエクスカリバーも発売中ですっ!



    続編が出るかは綱渡り状態なので、本屋さんで見かけたら応援よろしくお願いします(´・ω・`)








    漏らすときは穿いたまま
    俺の股間がエクスカリバー! (講談社ラノベ文庫)



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/484-b645cea3
    ブログパーツ