今まで書いたネット小説は
    ↓の画像をクリック!

    240px.png
    ・掲示板
    ・日記(ツイッター)
    ・リンク

    1年ぶりの新刊!

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 
    僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    芽生え19

    タイツを下ろすことさえもできずに、すべてを放ってしまったイリア。

    だが、水道もない公園では、ショーツを洗うことができない。


    本当に負けられない戦いが始まる(`・ω・´)


    この小説を最初から読む!
     




    (おトイレに行く?)


     目の前にあるトイレに入ろうかと思うが、ここまで漏らしてしまったらどうすることもできないに違いなかった。
     あのトイレは汲み取り式だし、水道さえもない。

     しかもトイレットペーパーもないから、漏らしてしまったうんちを拭くことさえもできなかった。
     一応イリアはポケットティッシュを持ってきてはいるけど、パンパンに膨らんだショーツの中身を拭き取るにしては焼け石に水だろう。


    (家に帰ったほうが、いいよね……)


     こうなったら誰にも会わずに祈りながら、家に帰るしかなかった。
     大丈夫。
     昨日だって誰にも会わずに家に帰ることができたのだ。
     きっと今日も上手くいってくれる……はずだ。


    「どうか誰にも会いませんように……」


     よろめきながら立ちあがると、パンパンに膨らんでいるショーツは思っていたよりも重たくなっていた。


     ニュルル……ッ。


     立ちあがっただけだというのに、柔らかい感触がワレメへと食い込んでくる。
     それは今まで経験したことがなかった、未知の感触だった。
     ……が。


    「ううっ、お腹、痛い……っ」


     なんとか立ちあがったイリアだけど、早くも腹痛に襲われてしまう。
     落ち着いてくれていたと思ったお腹は、立っただけの些細な振動にグルグルと異音を奏で、目覚めてしまったのだ。
     その痛みに、満身創痍のイリアが耐えられるはずもなかった。


    「ううっ、あううっ! ふっ、ふうう!」


     口から獣のように低い呻き声を漏らし、お尻を後ろに突き出してしまう。
     その直後だった。


     ブボボッ!
       ニュルルルルル!!



     極小の布切れに覆われた、イリアの小さなお尻から似つかわしくない爆音が響き渡ると、うっすらとお尻の輪郭が大きくなっていく。
     だが、これはイリアが漏らしてしまったというわけではなかった。


     ここまで大量のものをショーツにぶちまけてしまったのだ。
     もう、我慢するだけ無駄じゃないか。
     それなら、少しでも早く毒素を放出して、楽になったほうがいいに決まっている。


    「ふっ、ふうううう……!」


     ニュルルルル!
      ブボッ、ブポポ……もわ。



     イリアは立ったままだというのに自らの意思でお腹に力を入れて毒素を排出していく。
     色白の頬は真っ赤に染まり、口元からは一筋のヨダレを垂らしながら。


    (こんなところでしちゃいけないのに……)


     そんなことは分かってはいたけど、排泄欲という、人間の生存に根ざした欲望を満たしているのだ。
     気持ちよくなってしまうのは当然のことだった。


     ビチ、ビチチ……ッ!


     ほとんどお湯と変わらぬ毒素を出し切り――、


     ビククッ!


     イリアは電気を流されたかのように腰を振ってしまった。
     小さな身体とはいえ、少しずつ快楽に目覚めようとしているのだが……、そのことにイリアが気づくはずもなかった。


    (おもらししちゃったのに……気持ちいいなんて……、絶対おかしいのに……っ)


     気持ちよくなってしまった自分を認めようとはせずに、一刻も早く家に帰ろうと、小さな一歩を踏み出す。


     ヌチャ、ヌチャ。
     ヌチョ、ヌチョ。



    「気持ち悪い、よぉ……」


     一歩進むたびに、ショーツの中に満ちあふれている柔らかいものがお尻の割れ目に、そして秘筋へと食い込んでくる。
     それは小水を漏らしてしまったときの愛撫とは比較にならないほどのネチっこさだった。
     だけど今のイリアには、その甘い感触を堪能している余裕さえもない。



    芽生え20につづく




    ここまで読んでくださりありがとうございました。
    そんなわけで続きます。
    終わりが近づいてきましたけど、頑張って最後まで更新したいです。





    読書メーターを覗いてみると『俺の股間がエクスカリバー!』の感想を頂けているようでなによりです。




    ヒロインが色々な体液を噴出するライトノベルです(`・ω・´)!!
    俺の股間がエクスカリバー! (講談社ラノベ文庫)


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/483-f5081c64
    ブログパーツ