今まで書いたネット小説は
    ↓の画像をクリック!

    240px.png
    ・掲示板
    ・日記(ツイッター)
    ・リンク

    クリエーター支援サイト



    最新刊!

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと


    大決壊! シリーズ

    大決壊! ~芽生え~

    大決壊! 01~ないしょの成長日記~


    ザ・ホールド! 
    僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(上)

    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(下)






    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    とってもバブみなあまえ神ちゃん! ~結婚しても甘えたーい~3

    ローターを使われて、


    「おまたがモーゼの十戒ぃぃぃ!!」


    と、絶叫して失禁したナミも、二人きりの夜には母性の神様になってくれるようで。



    とってもバブみなあまえ神ちゃん! (美少女文庫)
    こう見えて、彼女、

    おむつが手放せない……。



    この小説を最初から読む!
     








    「今日も一日お疲れ様でした~」
     ピリッと辛めのカレーをたっぷりと食べて、人心地。
     あとはお風呂に入って寝る準備をすれば、おやすみなさいだ。


    「お兄ちゃん、今日も学校にバイトで疲れたよね。それに私の夕飯の買い物まで手伝ってくれて、ありがと」
    「いいんだよ。俺が好きでやってることだから」
    「そうやってお兄ちゃんったら、すぐに無理するんだから」


     そう言って、ベッドの上で女の子座りしているナミは、
     ポンポン、
     膝をはたいて誘ってくる。
     それは膝枕オッケーの、二人だけに通じるサインだ。


    「きて、お兄ちゃん♪」
    「お、おう……それじゃあ恥ずかしいけど……」


     ちょっとだけ恥ずかしがる振りをしながら、翔太は柔らかな太股へと顔を埋めていく。
     しっとりとしたもち肌の膝枕は、どんな低反発まくらにもない極上の感触がすた。
     ナミの体温が心地よく、それに日なたのような匂いとナミの汗が混じった香りに安心感を覚える。
     きっと、ナミの匂いに取り憑かれてしまっているのだろう。


    「ああ、やっぱりナミの膝枕は癒やされるなー」
    「それだけお兄ちゃんが頑張ったっていうことだよ」
    「別に無理してる感じはしないんだけどなー」
    「そんなこと言ってると、また無意識のうちに無理して心が荒んで、世界を滅亡させることに……」
    「いまいち実感がないんだよな、それ」
    「それはね、お兄ちゃんがとっても幸せだっていう証だよ。心を開いてくれて嬉しいよ、私は」
    「俺も、ナミと一緒になれて嬉しいぞ」


     母親のようにナミに頭を撫でられて、つい表情が緩みきってしまう。
     なんだか恥ずかしくなって、翔太は太股に顔を埋めてしまった。
     頭を撫でられたことなんて、記憶にないくらい昔のことだ。
     だからなのだろう。
     ナミの手のひらに母性を感じるのは。


    「ナミ……、ナミの太股……柔らかい……ッ」
    「お兄ちゃんったら、甘えん坊さんなんだから。そんなに甘えられると嬉しくて……あああ~」
    「あ、もしかして」


     しゅいいいいいい……。


     ナミの股間から、くぐもった水音が聞こえてきたではないか。
     どうやら甘えられたのが嬉しくて、尿道が緩んでしまったようだ。


     しょわわわわわわ~~~。


    「ああ、ごめんなさい、出ちゃってるよぉ……っ」
    「気にするなって。おお、こうして膝枕してると、ナミのおむつがよく見えるな」
    「こらっ、変なところ見ないのっ」


     もこもこと膨らんでいく紙おむつ。
     すでに何度もレモン汁を漏らしてしまったのか、純白だった紙おむつはくすんだ黄色へと変色していた。
     それでも最後の力を振り絞って、ナミの聖水を受け止めようと、入道雲のように膨らんでいく。
     薄型紙おむつに縫い付けられている吸水ポリマーは、もこもこと膨らむことによって、聖水を閉じ込めるのだ。


     じょぼぼぼぼぼぼ……。



    「こうしていると、その様子がよく分かるな」
    「分かるなぁっ、お兄ちゃんのエッチ!」


     ナミはよほど恥ずかしいのか、ポコポコと頭をはたいてくる。
     それでも小水は止まらずに、ナミの太股はほんのりとした桃色へと色づいていき――、
     ブルルッ!
     ナミは小さな身体を、大きく震わせる。
     全部出してしまったのだ。ナミは。
     それでも紙おむつはプルプルに膨らんで、ナミの失敗の全部を受け止めてくれた。


    「はにゃあ~。全部出ちゃったよ……。お尻のほうまでぬくぬるだぁ……」
    「スッキリしたか?」
    「んもう、そんな恥ずかしいこと聞かないのっ」


     ムワ……ッ。


     ナミのスカートから、サウナのような熱気と、ツーンとしたアンモニア臭が漂ってくる。
     どうやらおむつのヒットポイントはもう0のようだ。


    「風呂、入るか」
    「うん。そろそろ沸いてると思うよ。洗いっこしよう」
    「それから新しいおむつ充ててやるからなー」
    「その前に今夜は、その……エッチ、したいかも……」
    「ああ、それじゃあエッチしてからおむつだな」
    「うんっ。久々のお兄ちゃんのチンポッポなの♪」


     女の子座りしながら嬉しそうに万歳するナミ。
     そんなナミの左手の薬指には翼をもしたプラチナリングが輝いていて――、
     翔太は、ナミのお腹をいたわるように撫でるのだった。



    おしまい

    というわけで、番外編でした。
    気になった方がいましたら、本編も読んでもらえたら嬉しいです。


    イラストもとっても汁っぽい感じになっています。




    とってもバブみなあまえ神ちゃん! (美少女文庫)




    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/479-642a79d1
    ブログパーツ