今まで書いたネット小説は
    ↓の画像をクリック!

    240px.png
    ・掲示板
    ・日記(ツイッター)
    ・リンク

    1年ぶりの新刊!

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    大決壊! 01~ないしょの成長日記~
    大決壊!~ないしょの成長日記~


    ザ・ホールド! 
    僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    発売中!
    Hold02_blogside.jpg
    発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    とってもバブみなあまえ神ちゃん! ~結婚しても甘えたーい~

    そんなわけで、フランス書院の美少女文庫さんから出版されました新刊、



    とってもバブみなあまえ神ちゃん!



    の番外編をお送りしたいと思います。




    ちょっと抜けてるけど、一生懸命な癒やしの女神様のナミが、


    心が荒みすぎて、近い未来に人類を滅亡させてしまうと予言された主人公を癒してあげる、


    甘々な作品になっていると思います。

    とってもバブみなあまえ神ちゃん! (美少女文庫)
    こう見えて、彼女、

    おむつが手放せない……。







    「どっこい……ジョ!?」


     ナミと一緒に夕飯の買い物に行こうと、狭い玄関で二人で靴を履き替えていたときのことだった。
     靴を履き替えて立ちあがろうとしたナミのお尻がキュッと引けると、翔太のほうへと倒れ込んできたのだ。


    「おっと、大丈夫か?」
    「あ、あんまり大丈夫じゃないかも……」


     ナミが倒れ込んでくるかと思って、翔太は先に靴を履き替えて身構えていた。どうやら正解だったようだ。
     倒れ込んできたナミは、小さな少女だった。
     その辺にいる子供に交じったら分からないほど、小柄だった。


     だけど、そんなナミのお腹はパンパンに膨らんでいて、ワンピース越しであっても乳房からは甘いミルク臭を漂わせていた。
     翔太の子を宿し、もうすぐ臨月に差し掛かろうとしている。


    「ああ、お兄ちゃん、ちょっとこのままで……」
    「……ああ、なんとなく分かるぞ」


     しょわわわわわわ~~~。


     耳を澄ませば聞こえてくる、くぐもった水音。
     それはナミの股間から聞こえてきていた。
     ナミは、おもらしを始めてしまったのだ。


    「あうう~。おもらし、出ちゃってるよ……」
    「このまま全部出しちゃえよ」
    「お兄ちゃんったら、恥ずかしいんだから……っ」


     しょおおおおおお……。


     くぐもった水音は止まらない。
     それでも、玄関の石床に生温かい慈雨が弾けることはなかった。
     ナミは、いつも紙おむつを充てて生活しているのだ。


    「おお、ナミのおむつ、もこもこ膨らんでる」
    「あううっ、イタズラしないのっ。私がおむつ充てるようになったのも、お兄ちゃんのせいなんだからっ」


     ナミは赤くなりながらも、ギュッと抱きついてくる。
     それでもおむつにあてている手のひらには、レモネードが弾ける振動が伝わってきていた。
     もこもこと膨らみ、ナミの体温が滲み出してきている。


     ナミがこんなにも緩くなってしまった理由。
     それはナミが小さな身体で一生懸命翔太のことを甘えさせてくれたのもあったけど、なによりも翔太の剛直が太すぎたことに原因があった。

     それにナミが妊娠してからというもの、大きなお腹が膀胱を圧迫しているらしい。
     ただでさえ漏らしやすい体質に拍車がかかり、今ではおむつ生活に落ち着いていた。
     そんなナミは、


     ブルルッ。
     小さな身体を大きく震わせると、


     プシュッ。


     おむつ越しに最後の一絞りが噴き出す感触が伝わってくる。
     それはナミが恥水を出し終えた、なによりもの証だった。


    「スッキリしたか?」
    「うん。全部、出ちゃったよ……」
    「そっか。それは良かった。おむつ、新しいのにしていくか?」
    「大丈夫。夕飯の材料買いに行くだけだからさ。お風呂に入るときに交換しようよ。……出かけてる最中にしちゃうかも知れないし」
    「お、おう。そうするか」


     抱きしめていたナミの手を取ると、二人は黄金色に染まった路地を並んで歩き始める。
     今夜の夕飯はなににしようか?


    とってもバブみなあまえ神ちゃん番外編2につづく!



    書き出しから飛ばしました!
    _20180307_170839(1).jpg




    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/477-d9574867
    ブログパーツ