今まで書いたネット小説は
    ↓の画像をクリック!

    240px.png
    ・掲示板
    ・日記(ツイッター)
    ・リンク

    クリエーター支援サイト



    最新刊!

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと


    大決壊! シリーズ

    大決壊! ~芽生え~

    大決壊! 01~ないしょの成長日記~


    ザ・ホールド! 
    僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(上)

    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(下)






    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    芽生え11



    新刊出てますよー。
    本屋さんを回ってきた感じだと品薄みたいです。
    とってもバブみなあまえ神ちゃん! (AA)


    ちょー更新していくぜー(`・ω・´)



    +++++++



    この小説を最初から読む!
     




    「……あ、あれ……?」


     ちょっとだけ眠るつもりだったのに……。
     ずいぶん寝てしまった気がする。
     それなのに外は明るくて、まだ夜にはなっていなかった。
     時計を見ると――、


    「五時?」


     アナログ時計なので、一瞬わけが分からなくなってしまう。
     帰ってきたのが夕方の四時ごろだったから、一時間しか寝ていなかったのだろうか?

     それにしてはたくさん寝てスッキリしてるし、外も静かだし、小鳥もチュンチュン鳴いている。
     それにスッキリしたといえば、膀胱にも同じことが言えるような気が……?
     そのときになって、お尻に張り付いてきているひんやりとしたショーツにイリアの意識は急速に覚醒していく。


    「はっ!? この感覚は……ッ」


     もしかして、この感触は……!!
     慌ててお尻を撫で回してみると……、やはりだった。


     スパッツに覆われたお尻は、ジットリと冷たく湿っていたのだ。 この感触は間違いない。
     イリアは、おねしょをしてしまったのだ。
     シーツにはイリアのお尻を中心として大きな世界地図ができあがっていて、ツーンとしたアンモニア臭を漂わせている。


    「と、言うことは……。今は、朝の五時……、なの?」


     小鳥だって元気に鳴いているし、それにこんなに盛大なおねしょもしてしまった。
     夕日だと思っていたのは、朝日だったのだ。


    「うう……。起こしてくれてもいいのに……」


     思いながらもベッドサイドのテーブルにはサンドイッチと、メモ用紙が置いてあって、


    『お嬢様、気持ちよさそうに寝ていたので起こさないでおきますね。夕飯は軽めのをご用意しておきました
     マリア』


     と、書き添えられていた。
     ちなみにマリアというのはメイド長さんだ。

     昨日は夕飯を作りに来てくれたのに、悪いことをしてしまった。 イリアはサンドイッチを食べながら、マリアが残してくれたメモ用紙に小さく頭を下げる。
     ちなみにサンドイッチは玉子サンドで、絶妙な塩加減で美味しかった。


    「さて、と……。やっぱり脱がないと、ダメ……だよね……」


     どんなに目を逸らそうとしても、おもらししてしまったショーツからは逃げることはできないのだ。
     イリアはスパッツごとショーツを降ろして行くと、時間が経った小水は、目に染みるほどにツーンとした刺激臭になっていた。


    「ああ、やっぱりだ……」


     濡れそぼったスパッツとショーツを脱いだイリアは、クロッチの裏側を見つめて呟いた。
     そこにはヌルッとした粘液がこびりついていて、お尻の方にまで広がっていたのだ。


    「なんでだろ、このお汁……。匂いも、お小水の匂いしかしないし……でも、ちょっとだけ磯臭い……かも?」


     深く考えていても仕方がないので、濡れそぼったショーツはスパッツごと丸めるとベッドの下に隠しておくことにする。
     いつものように、帰ってきたら洗濯コースだ。


    「はぁ……。いったい、なんなんだろう……。私、変な病気なのかなぁ……」


     母に相談したほうがいいだろうか?
     でも、おもらし遊びをしているとバレてしまうかもしれない。
     おもらしをしたときに、ぱんつがヌルッとしているだなんて、怒られてしまいそうで、とても言えなかった。


    「帰ってきたら考えよ……」


     イリアは憂鬱げに呟きタンスを開けると、黄ばんだネコさんショーツがお出迎えしてくれる。
     その中から一番綺麗なショーツを選ぶと、


    「んっ」


     おへそが隠れるほどにショーツを上げると、おまたに食い込んできてピリリッとしてしまう。


    (この変な感覚はなんなの?)


     首をかしげる暇もなく、イリアは黒タイツを穿いて制服に着替えていき……、
     戸惑う少女をよそに、緩やかに時が流れていく。


    芽生え12につづく


    今年を生き残ることができるか微妙なところですが、できることはやっておきたいです。




    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/464-a617c1ef
    ブログパーツ