今まで書いたネット小説は
    ↓の画像をクリック!

    240px.png
    ・掲示板
    ・日記(ツイッター)
    ・リンク

    クリエーター支援サイト



    最新刊!

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと


    大決壊! シリーズ

    大決壊! ~芽生え~

    大決壊! 01~ないしょの成長日記~


    ザ・ホールド! 
    僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(上)

    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(下)






    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    芽生え9

    あけましておめでとうございました。
    今年はみんなにいいことがたくさん起きますように。
    そんなわけで更新です。


    +++++++

    公園の公衆トイレに駆け込んだイリアは、
    前押さえしている両手を離すことができず、和式便器を前にして……。


    この小説を最初から読む!
     



    「あっ! あっ! あっ! だ、だめぇ……ッ。おしっこ、出てこないで……うう!」


     ジワリ。


     指のあいだから黄金水が漏れ出してきて、内股をイタズラっぽくくすぐっていく。
     右手の掌に、生温かいおしっこがポシャポシャと弾けた。

     なんとか堪えていたイリアだが、トイレを前にして、無様にも決壊してしまったのだ。
     こうなってしまうと、もはや出し尽くすまで止めることなどできるはずもなかった。
     イリアにできること。
     それは……。


    (もう、我慢しても……ううっ、こうなったら仕方ない……んだから……っ。被害を少しでも抑えるために、座るしか……っ)


     イリアにできることは、スカートを捲り上げて和式のトイレに跨がって、はしたない放尿をすることだけだ。
     立ったままだったら、ローファーまでも汚してしまうことになる。
     右手を離し、しゃがみ込んだ瞬間――、


     ぷっっしゅああああああ!!


     その勢いたるや、クロッチと黒タイツという障壁を突き抜けていくほどだった。
     金隠しにイリアの黄金水が弾け、花火のように散っていく。


    「あっ! あっ! あっ! あっ! あっ!」


     どんなにおしっこを止めようとしても、ヒクヒクとおまたが痙攣するばかりだった。


     外なのに。
     ショーツばかりか、タイツを穿いたままだと言うのに。
     イリアは、自らの恥水によって股間を愛撫されていく。


    「やだ……よぉっ。外なのにっ、ああっ、あったかいのがお尻に広がってきてる……っ。拭けないのにぃ……っ」


     こんな3Kトイレにトイレットペーパーなんてあるはずがない。
     ポケットティッシュを持ってきてはいるが、おもらしをしてしまえば焼け石に水だ。
     取り返しのつかない温もりが、お尻へと広がっていった。
     それは、イリアがいつもやっているおもらし遊びそのものの感触だった。

     しかも外で。
     それもわざとではなく、我慢の限界を迎えた本当の失禁。
     いやでも鼓動が早くなってきてしまう。


    「あっ! あっふう! おしっこ、勝手に出てきちゃって……ううっ、んんっ、ふうううう!」


     ヒククンッ!
     おまたが痙攣するたびに、

     
     プシュアアア!
       プッシャアアアアア!



     おしっこが噴き出してきた。
     

    「ああっ! ああんっ! おまたがムズムズして……! んっ、はぁん! なんか、なんか変になっちゃう……っ」


     シュイイイイイイイイイイ……。


     おもらしをしながら、イリアは未知の感覚に身体を丸める。
     それでもおしっこは溢れ出してきて、イリアの小さなお尻を撫で回していくのだった。
     そしてついにイリアは呟いてしまう。


    「ああぁ……おしっこ、気持ちいい……」


     お尻が冷えていたぶんだけ、おしっこがあたたかく、心地よく感じられる。
     ショーツとタイツがペッタリとおまたとお尻に張りついてきてくれて、生温かい手で愛撫してくれる。
     それはオナニーという行為も、言葉さえも知らぬ無垢な少女にとっては極上の感触だった。


    「あったかい……。おしっこ、あったかぁぁい……。気持ち、いいよぉ……はっ、はふう~……」


     しゅいいいいいいいいい……。


     黒タイツに覆われているおしっこの勢いは少しずつ弱くなっていき、やがてじわじわと滲み出してくるほどになると、お尻を最後の仕上げといわんばかりに撫で回していってくれる。


    「は、はふう……うっ、んんん!」


     ブルルッ!
     プシュウ――!



     イリアは身体を大きく震わせて残尿を噴き出すと、初めての制服を着て、外での失禁は終わりを告げた。


    「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁぁぁぁ~~~」


     個室にはイリアの低い吐息と、ムッとした尿臭に満ちている。


    「はぁ、はぁ、はぁ……耳鳴り、凄いの……」


     興奮の坩堝にあるイリアには、確かに聞こえていた。
     鼓膜が細かく振動し、それはまるで夏虫の大合唱のようにリーンリーンと耳鳴りが、幾重にも重なっている。


    「おしっこ、全部出ちゃったんだ……。こんなにぐしょぐしょになっちゃってるよ……あはっ」


     恐る恐る、お尻を撫でてみると、そこはおしっこでジットリと濡れそぼっていた。
     お尻でさえもこんなに濡れているのだ。


    (おまたはどれくらい濡れてるの?)


     思いながらも、黒タイツに浮き上がっている縦筋に指を這わせていくと――、


     チリリッ、


    「んう!?」
     下半身を駆け抜けていく電流に、イリアはお尻を引いてしまう。
     数秒遅れて、ジュワッとおまたが熱くなった。


    +++++++

    タイツと下着を脱ぐことができずに決壊してしまったイリア。
    だが、その秘筋は、その快楽に気づき始めていて……。


    芽生え10につづく


    +++++++


    楽しかったら拍手ボタンを押してくれるとやる気でます。
    拍手が少ない作品は自然消滅します。



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/459-2d8e844e
    ブログパーツ