今まで書いたネット小説は
    ↓の画像をクリック!

    240px.png
    ・掲示板
    ・日記(ツイッター)
    ・リンク

    クリエーター支援サイト



    最新刊!

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと


    大決壊! シリーズ

    大決壊! ~芽生え~

    大決壊! 01~ないしょの成長日記~


    ザ・ホールド! 
    僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(上)

    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(下)






    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    芽生え3

    毎晩のようにおねしょしてしまうイリアは、寝るときはパンツタイプの紙おむつを穿いて寝ることにしていた。
    だがおもらしの背徳的な感触に目覚めてしまったイリアは、おもらしショーツを穿いたまま、その上からおむつを穿いていく。


    おねしょ回。
    人気ないかな(´・ω・`)??


    この小説を最初から読む!
     



     イリアはその袋から一枚の紙おむつを取りだす。
     ピンクの花柄模様があしらわれていて、最初のころは紙おむつを穿くのなんて嫌だったけど、今ではすっかりイリアのお気に入りになっている。

     ショーツタイプで、おねしょ癖のあるイリアはいつも寝るときにはおむつを穿いて寝ることにしていた。
     このことをパパもママも知っているし、メイドも知っている。
     だけど、ここにもイリアの誰にも言えない秘密があった。

    「おむつ穿いて寝ないと……ね」

     イリアは、ショーツタイプの紙おむつに、ゆっくりと脚を通していく。
     ……おもらし遊びに濡れそぼったショーツを穿いたままだ、というのに。
     イリアの誰にも言えない秘密。
     それは。

    「んんっ」

     おむつを穿くと、密閉したその内側におしっこの温もりが蘇ってくる。
     イリアは、おもらししたショーツを穿き、そのショーツを覆うようにしておむつを穿いて寝ることにしていた。

    「おしっこ、温かくなってきて気持ちいい……」

     生温かい感覚がお尻にぺったりと張り付いてきて、なんとも言えない気持ちよさがお尻を包み込んでくれる。

    「あとは、寝る前に水分補給、だよね」

     イリアは机においてあったティーポットを傾けると、カップに紅茶を注ぎ込んでいく。
     それを一気に飲み干すと、イリアは部屋の明かりを落としてベッドへと身体を横たえた。
     天蓋付きのダブルベッドは、イリアの小さな身体を易々と受け止めてくれる。

    「明日も学校……。おやすみなさい……」

     イリアは誰にともなく呟くと、ゆっくりと瞳を閉じた。


            ☆


    「んっ……んんん……」

     イリアが苦しげに呻いたのは、うっすらと空が青白んできたころだった。
     イリアの小さな水風船は、寝る前に飲んだお茶でパンパンに膨らんでいる。
     もしもここでお腹を押されたら、たったそれだけでイリアは失禁してしまうことだろう。

    「んっ、うううっ」

     イリアは苦しげに呻くと、形よくカールした眉を歪ませる。
     寝ているこの瞬間にも膀胱には一滴々々おしっこが濾過されているのだ。
     もはや、このままだと決壊するのは時間の問題だった。
     そんなイリアの顔は苦しげに歪んでいき、

    「う、ううう~」

     獣のように低い声を漏らし、イリアは布団を蹴り上げてしまう。
     ワンピースのスカートがめくり上がり、露わになったのは真っ白な紙おむつ。
     どうやらまだおしっこはしていないようだ。
     イリアは、はしたなく脚を開き、おむつを晒している。
     そのポーズは、まるで赤ん坊がおむつを交換されるときのように。

    「んうっ、うううっ」

     イリアの膀胱の限界も、すぐそこにまできているのだろう。
     整った顔立ちが、苦しげに歪む。

     と。

    「うううっ、んんっ、んうう~~! は、はふう……」

     イリアの苦しげな呻き声が、快楽の混じった吐息に変わり、頬が緩んだではないか。
     何故か?
     それはおむつから響き渡ってくる、くぐもった水音とともに明らかになる。


     しょわわわわわわわわ……。


     イリアの股間からくぐもった水音が聞こえてくると、ジンワリと黄色く染まってきた。
     イリアは、おねしょを始めてしまったのだ。

    「はふう……。気持ち、いいの……ぐぅ」


     しゅいいいいいいいいい……。


     イリアはうっすらとした笑みを浮かべながら、おねしょを続けていく。
     きっといい夢を見ているのだろう。
     その放尿には、なんの躊躇いもなかった。
     仰向けに寝ているから、あっという間に黄色い染みがお尻のほうへと広がっていく。

    「あった、かいよぉ……。お尻も、おまたも……んふ、ふふふ」


     もこ、もこもこもこ。


     おしっこを吸収した紙おむつは、入道雲のようにもこもこと膨らんでいく。
     最新のショーツのように薄いおむつには吸水ポリマーが仕込まれていて、水分を吸うとモコモコと膨らむようにできているのだ。
     おしっこを吸った吸水ポリマーは、プルプルに固まると、おしっこを閉じ込めてくれる。

    「あったかい……。もこもこして、きもちいーのぉー」


     じょぼぼぼぼぼぼぼ……プシュッ!


     ブルルッ!
     イリアは一際大きく身体を震わせると、おねしょは終わった。
     お尻漏れもしっかりガードしてくれる紙おむつだから、たくさんおねしょしても、イリアは安らかな寝息を立てている。

    「おむつ、あったかくていいよぉ……」

     イリアは呟くと、再び深い眠りへと落ちていく。
     そんな少女の充てているおむつはプルプルに膨らんでいて、おまたにはおもらしショーツが食い込んでいて……。
     イリアは、それでも安らかな寝息を立てていた。


    ++++++++++++++++++++++++++

    ここまで読んでくれてありがとうございました。
    1月と2月に本が出るので、お祭りモードで更新です(`・ω・´)
    今年は1冊も出せなかった~(涙)



    芽生え4につづく

     
     

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/450-6f6641b1
    ブログパーツ