今まで書いたネット小説は
    ↓の画像をクリック!

    240px.png
    ・掲示板
    ・日記(ツイッター)
    ・リンク

    クリエーター支援サイト



    最新刊!

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    大決壊! 01~ないしょの成長日記~
    大決壊!~ないしょの成長日記~


    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(上)

    ザ・ホールド! 時間停止して幼なじみ生徒会長と立場逆転!(下)
    ザ・ホールド! 
    僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)






    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    芽生え1


    まだ自慰という行為も、言葉さえも知らぬ少女が、戸惑いながらも秘め事にのめり込んでいく小説。


    「おもらしって、気持ちいい……?」
    思春期を迎えたばかりの少女イリアがそのことに気づいたのは、学校でのおもらしがきっかけだった。 


     



    「ああ、もうこんな時間になってたんだ……」

     時は夜の十時過ぎ。
     開け放たれた窓からは秋風が吹き込んできてレースのカーテンをなびかせ、ふと顔を上げた少女の、ブロンドのツインテールをイタズラっぽく揺らしていく。


     まだまだ子供っぽい顔つきだが、少しずつ大人へと成長しようとしている顔。
     それでもまだ子供っぽく華奢で痩せ細っていて、薄手のピンクのワンピースには肩甲骨が浮き上がっていた。


     机に向かって読書している少女――。
     名前を、霧島イリア、という。


     アメリカ人の父と、日本人の母のあいだに生まれたハーフだ。
     幼少のころは貿易商をしている父に連れられるようにして海外を転々とし、最近では日本に落ち着くことができている。
     しかしイリアのブロンドは日本ではあまりにも浮きすぎている。
     だからイリアはなかなかクラスに馴染むことができずに、いつも読書することにしていた。
     母の影響もあって、日本語は不自由なく読み書きすることができるし、こんなにも表現豊かな言葉は他にはないとイリアは思っていた。

     
     そんなイリアは読んでいた本を閉じ、椅子から立ちあがる。
     そして忍び足でドアを開けると、自室から忍び足で廊下を歩いて行く。

    「もうみんな寝ちゃってる、よね……」

     イリアが住んでいるのは、広々とした洋館だった。
     明かりの落ちた長々とした廊下には、誰もいない。
     父は今日は出張だし、母は明日が早いからといってもう寝ているはずだ。
     メイドたちはもう帰ってしまって、明日の朝にならないとやってこないだろう。
     つまり、いまこの洋館で起きているのは、イリアだけと言うことになる。

    「おトイレ、行こ……」

     暗闇に呟くと、イリアはこっそりとトイレへと向かい、入ると、音が立たないようにドアを閉める。
     そこは狭い一人だけの空間だった。
     ちょこん、
     と目の前にあるのは、洋式のトイレ。
     イリアはそのふたを開くと、

    「あっ」

     ちょっと気が抜けてしまったのか、

    プシュ――ッ!
        ジョボボッ!

     チビッた……、にしては多すぎる量のおしっこを放ってしまう。
     クロッチの裏側に、なんとも言えない温もりが染みこんでいく。

    「やだ。ずっと我慢してたから、ちょっとだけ出ちゃった……」

     ワンピース型のパジャマの上から下腹部をさすってみると、そこは水風船のようにプックリと膨らんでいた。
     今日の夕方あたりから、ずっとおしっこを我慢していたのだから仕方のないことだろう。

    「やっとおしっこできるんだ」

     そう考えただけで、なぜかイリアの頬は微かに赤く染まる。
     イリアには、誰にも言えない秘密があったのだ。

     ――おしっこを我慢してから出すと、凄く気持ちいい。

     イリアは、いつのころからかその気持ちよさの虜になり、いつも人知れずにおしっこを我慢する癖があった。
     だが、それだけなら誰にだって経験があることだろう。
     イリアの、本当の秘密。
     それは。

    「ずっと我慢して、ちょっとだけ漏らしちゃったから、黄ばんじゃってる……」

     イリアはワンピースのスカートを捲り上げると、露わになったのは子供っぽいコットンショーツだった。
     シンプルな白地で、おへそのところには小さなネコの顔が描いてある。イリアが愛用しているショーツだった。
     そんなコットンショーツの、おまたに当たる二重布……クロッチは、外側まで黄色い染みが滲み出してきていた。
     女の子の恥ずかしい染みを隠すためのクロッチは、洗濯してもとれないほどにイリアのおしっこが染みついていた。

    「でも、我慢ももうお終い……はふぅ……」

     深くため息をつくと、イリアは洋式のトイレに腰掛ける。
     ……ショーツを穿いたままで。

     そう。
     イリアの誰にも言えない秘密……、それは、ショーツを穿いたまま自らの意思でおもらししてしまうことだった。
     我慢している尿意を放つと凄く気持ちいいし、それにショーツを穿いたまますると、お尻をなでなでされてる感じが心地いい。
     イリアがおもらし遊びの魔力に取り憑かれたのは、まだ思春期を迎える何年も前のことだった。

    「はぁ……やっとおしっこできるんだ……」

     うっとりとため息をつき、イリアは少しずつピッチリと閉じられたおまたの緊張をほどいていく。
     もう膀胱がパンパンになっているというのに、いざショーツを穿いたままおしっこをしようとすると緊張してなかなか出てきてくれなかった。
     だけど、そこは何度も自分でおもらしをしてきたイリアだ。

     ジュワ……。

     クロッチの裏側に広がる、ほんのりとした温もり。
     イリアの黄ばんだクロッチに、暗い染みが浮き上がり、無毛の縦筋の痙攣が浮き上がった。

    「あっ、出ちゃう……」


    ++++++++++++++++++++++++++++

     戸惑いがちに呟くイリア。
     コットンショーツから伸びる太ももは、うっすらと桃色に染まっていて……。

    芽生え2につづく


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/447-508e7813
    ブログパーツ