レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    おむつ少女

    たまにはオリジナルの作品を。
    体育の授業を抜け出してきた少女、加奈。
    実はクラスメイトの着替えの匂いを嗅ぐのが好きな、匂いフェチだったのだ。

    だけどある日、着替えのなかに黄色くなったおむつを見つけてしまい……。
     
     
      
     
     
     誰もいない教室。
     加奈の他には誰一人としていない。時折、窓からボールを蹴る音や歓声が聞こえてくるほか、静寂に包まれている、そんな風景。

     加奈の手には、穿くタイプの紙おむつが広げられていた。
     しかも中身を覗いてみるとレモン色に染まっている。
     教室にこんなものが有るはずなんて無いのに……。


     ………なんで、こんな事になってしまったのだろうか。

    *   *   *

    「少し気分が悪いのでトイレに行ってきまーす」

     今から10分くらい前、体育の授業を受けていた加奈はトイレに行くといって授業を抜け出してきた。
     だけどトイレには行かずに、こっそりと教室に戻ってきたのだった。
     5年2組と書かれた教室には、いまは加奈以外の生徒はおらず、着替えられた私服などが机の上にたたまれていたり、雑な男子の席には丸めて放置されていた。

     その中で、加奈は一つの机へと歩み寄っていった。
     加奈の憧れの女の子、星野小町ちゃん。いつも本を読んでいて物静かにしている。
     黒髪のおかっぱに色白できりっとした二重まぶたの美人さんだけど、どことなく陰のある女の子だ。

     小町の服は、机の上に丁寧にたたまれていた。
     それを一枚々々、広げていく……。透き通るような白のブラウス、水色と白のチェックのスカート。
     ふわ………と、夏の風にのって、微かに小町ちゃんの匂いも感じられる。

    「小町ちゃんの匂い……もっと感じたい……」

     加奈は、恐る恐る、ブラウスに鼻を近づけていき……そして、ゆっくりと深呼吸した。
     ちょうど胸の部分。まだ膨らみ始めたばかりの、小町ちゃんのお胸を包んでいたところ……そこはサイダーのような爽やかな匂いがした。
     頭の中で炭酸が弾けるように痺れてきて、だんだんと呼吸が速くなってくる。
     
     
     そう、加奈は匂いフェチだったのだ!!
     そんな加奈は、小町とは正反対の少女だった。
     子供特有のつやのある黒髪をポニーテールにして、いつも跳んだりはねたりしている。大きな瞳をくりくりと動かして、口を閉じていても笑顔に見える……加奈はそんな女の子だ。
     小町を影とすれば、加奈は光によく似ているかもしれない。

    「すぅ~~~…………はぁ~~~………すぅ……………」

     誰もいない教室に、少女の呼吸音だけが聞こえる。

    「………あれ?」
     加奈が異変に気づいたのはそんなときだった。
     机の脇にぶらさがっている体操袋が膨らんでいたのだ。今は体育の時間。そして着替えは加奈の手の中にある。

     それでは、何が入っているのだろうか。
     加奈がそれを手にとったのは、ほんの軽い気持ちからだった。まさか、中から紙おむつが出てくるなんて誰が予想するだろうか……?

    *   *   *

     カサカサ、と、衣類にしては違和感のある音が、シンと静まりかえった教室に響く。手に触れる、すべすべとした手触り。
     それは、まだおねしょが直らない子供が履くような、『穿くタイプの紙おむつ』だった。
     パンツのように穿くことができるので、スカートの下に穿いてれば気づかないかもしれないけど……。

     そのおむつを見つめながらも、加奈はとある衝動に駆られてしまう。
     この中は、どうなっているのだろうか。小町ちゃんが穿いたものなのだろうか。
     恐る、恐る、紙おむつを広げる。
     本当に覗いても良いの……? そんな思いが、手を震えさせる……それでも中を覗き込むと……。

     中は、鮮やかなレモン色に染まっていた。一拍遅れて、アンモニアのつんとした臭いが鼻を突いてくる。

    「これを、小町ちゃんがさっきまで穿いていたの……? でも、この黄色いの、おしっこ……? 小町ちゃん、おもらししちゃったんだ……」

     良心の呵責を感じたのは一瞬だった。
     加奈は、紙おむつの内側に鼻を近づけると、ゆっくりと息を吸う。深く、肺の奥に染み渡るほどに。
     
    「すぅ~~………」

     空気中に漂っているアンモニア臭だけではなく汗の臭いも濃厚だった。ただしそれは不快には感じることはなくて、さわやかに脳を痺れさせていく。
     鼓動が一気に早くなり、身体が熱くなってくる。

     きゅんっ

     加奈の割れ目が切なそうに疼いた。
     ブルマの上から秘部に触れると、じわりとクロッチに液体が染みこむ感触が伝わってくる。

    「ああ………」

     最近知った感覚。
     どきどきしてくると濡れてくる。
     おしっこではないのでおもらしでは無いみたいだけど……。
     分かってることは、ここを撫でていると気持ちよく感じることだけだ。このことは誰にもまだ話してない。なぜか知らないけれど、とても恥ずかしいことのように思えた。


     ブルマの紺色の生地が、じゅわりと染みてくる。汗ではなくて、指に絡まる感触。くちゅくちゅと淫靡な音がお股から鳴る。

    「い、良いよぉ………小町ちゃんのおむつ、い、良いよぉ………!!」


     震える舌で、黄色い染みに触れた瞬間だった。
     頭の中が真っ白になって、おしっこが出てしまいそうになる。

    「わたし、小町ちゃんのおもらしおむつ舐めて気持ちよくなってるぅ……え……………えぐっ!」

     少しでも声を殺そうと、嗚咽のような息が漏れる。体操服に覆われた丸まった背筋がピクンと引き攣り、玉のような汗が滲みだしてきた。

     じわり。

    「だ、だめぇ………」

     ブルマとパンツを穿いたままだったので、お尻がじわりと温かくなる。おもらしではない、とろりとした粘液質のもの。
     本能的な痙攣に身を任せ、溶けそうな顔をしている少女。
     そのお股の部分から淫靡な水音が聞こえると、刹那的な快楽の時間は終わりを告げた。

    *   *   *

    「パンツ、どうしよう……」

     幼い加奈には、まだそこまで気を回す余裕はなかった。
     時折ピクピクと痙攣しているお股からは、まだ粘液が漏れている。幸いなことに一見して紺色のブルマにまでは染みていないようだった。

     しばらく息を整えて、小町ちゃんの服を元通りに畳んでおく。もちろんおむつも、もとあった袋の中へ。

     こうして加奈は再び体育の授業に戻っていく。
     予定外に取り込んでしまったのでブルマの中がぐちょぐちょになってしまった。だけど不思議と悪い気はしない。
     口の中には、ついさっき舐めた、おむつの感触。

     きゅん……………

     思いだしただけで加奈の胸は切なくなるのだった。

    おむつ少女2に続く。



    アクセスランキングに参加中です。
    僕だけの力では微々たるものなので、この作品が面白いと思ったら、ぽちっとクリックよろしくお願いします。m(_ _)m

    ↓元気玉

    FC2ブログランキング


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/44-bbc72a24
    ブログパーツ