レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    アルテマ・アゲイン1

    らきすたネタ。
    下剤を飲まされて、お腹の調子が悪いかがみん。

    そこでこなたが特別に用意してあげたトイレとは………?

    鬼畜かもしれないです。一応注意。

    前回までの作品は「らきすたのカテゴリー」に詰まってます。
     
     
     
     ……ぐ、ぎゅるるるるぅ……ゴポッ!!

     かがみのお腹から、腸が捻れるような鳴った。苦しげな表情を浮かべ、お腹に手をあてる……。
     この前こなたに飲まされた下剤の効果が切れてないのだ。すぐにお腹が冷えると下痢になってしまう。


     時は昼休み。
     各々の生徒は持ってきたお弁当を食べたり、登校途中に買ってきたパンを食べたりと、会話に花が咲く時間だ。

     だけどかがみは何かを食べようなんて言う気にはとてもなれなかった。食べた瞬間に出してしまいそう。

     とりあえず、お手洗いに行っておこう……かがみが教室の外に出ると、ちょうどこなたに呼び止められた。

    「かがみんちょっといい?」
    「なによ、今忙しいから後にしてよね」
    「どうせトイレでしょ。待ってよーー」

     そう言って、身体を近づけるこなた。かがみのお尻にそっと手を当ててスカートの上から撫でると、かさかさと布以外の音が聞こえてきた。

    「かがみん、紙おむつ付けてるんだ……」
    「しょうがないじゃない、まだあんたが飲ませてきた薬の効果、切れてないんだから」
    「そんなかがみんに良いものを用意してあげたよ、ちょっとついてきて」

    *   *   *

     そう言われてかがみが連れて行かれたのは今は使われていない教室だった。
    「こんなところに連れてきてどうするつもりよ………ええっ?」

     かがみが驚くのも無理はない。
     がらんと机が置かれていない教室に、つかさが一糸まとわぬ姿で立っていたのだ。制服はおろかショーツさえも着けずに、秘部は辛うじて手で隠しているけど……。
    「ちょ……、つかさ、こんなところでなにしてんのよ」


    「それはね……かがみんのためにトイレを用意してあげたんだよ」

     言い終えるやいなや、かがみのおむつはずり下げられる。穿くタイプの紙おむつなので、ショーツのようにひざまで下ろすと、こなたはまじまじとおむつの中を覗き込んだ。


     もうすでにおむつの中は黄色く染まり、ぐしょ濡れだった。湯気が見えそうなほど濃密なアンモニアの匂いが立ち上り、あっというまに教室中がおしっこ臭くなる。


    「うほっ、これは良いおもらしですね。いつおもらししちゃったの?」
    「うう……さっきの授業中、座りながらおもらししちゃいました……」
    「だからお尻の方まで黄色く染まってるんだね」
    「そんなに見ないでよ」

     かがみの身体が小刻みに震える。腸から背筋が凍りそうな音が鳴り響いた。

     ぐ、ぎゅるるるる………

    「そうそう、トイレに行きたいんだったよね」

     どこからかバトンを取り出すこなた。
     それは、透明で、通常のバトンよりも二倍くらいの長さがあるものだった。
     こなたは、それをつかさのお尻に突き刺す。
     いきなり刺された方は溜まったものではない。


    ずぶしゃっ!!

    「ひ、ひぎいいいいいぃぃぃぃぃぃっ!」

     全裸のつかさの割れ目から、さらさらとした液体が噴出した。
    だけど本人にはそんなことを気にする余裕なんて無い。今正にめりめりと肛門の肉を広げながらバトンが挿入されているのだ。
     不自然なガニ股のような姿勢をとり、その内股をおしっこが伝い落ちていく。

    「あへぇ~~…………あへぇ~~…………」

     目を見開き、痙攣しながら失禁しているつかさを傍目に、こなたは言い放つ。

    「はい、トイレの準備ができたよ。バトンのもう片方からやってあげてね」
    「そ、そんなことできるはず無いじゃない!」
    「そう言っても……かがみんのお腹、正直みたいだけどなあ? ここで漏らすか、おむつに漏らしちゃったら今日はもう替えのおむつ無いんでしょう? どうするの?」

     ぽんぽん、とはたかれるお腹。それだけで液状の下痢が漏れてきそうになる。

    「お、お姉ちゃん………良いよ………わたし、我慢できるから」
     
     息を整えながらなんとか呟くつかさ。
     その一言がかがみの決意を固める。


     意を決してバトンをお尻に当てる………



    アルテマ・アゲイン2に続く





    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    おむつ替えで、ムー○ーマンのスーパービッグきぼんぬw

    つぼった

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/39-ba316b8e
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。