お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    暴君毒舌メイドをもっとマゾマゾにしてみた10

    授業中にうんちを漏らしだしてしまうの巻。



    甘く柔らかい感触にお尻が包まれていき、

    ダメだと分かっていても、身体は毒素を吐き出そうとし、そして欲望を満たそうとしてしまう……。




    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
     
     ぎゅるるるるぅぅ~~~…………。


     不吉な音とともに、腸が捻じ切れるような痛みに襲われる。
     だけど無情にも授業は始まってしまっている。
     しかもまだ時計は五分も経っていない。
     まさかこのタイミングでトイレに立つわけにもいかなかった。


    「ううぅ~~っ、なんで急にお腹が痛くなるのよぉっ」


     恨めしげに呟くも、お腹の痛みが引いてくれるはずがない。
     ただ、少しずつ、確実に梨々花のことを追い詰めていく。


     キュルッ、キュルルッ!


    「はぁうっ、痛い、痛いよぉ……っ、お腹捻れちゃ……んんっ」


     きっとお腹の中では腸がツイストダンスを踊っているに違いない。
     あまりの痛みに、額からじんわりと脂汗が浮き上がってくる。
     その汗が輪郭を伝い落ちていくと、ポタリ、机に染みを作り上げていった。
     顔汗だけでさえもこれだ。


    「はぁ……はぁ……が、我慢しないと……うぅっ、お腹痛いけど……うぐぅっ」


     背筋には、汗が滝のように流れ落ちていた。
     ダラダラと流れ落ちている汗はおむつへと吸収されていき、紙おむつの内側をミストサウナのように蒸らしていくようでもある。
     蒸らされたおまたとお尻からは、ジットリと汗が浮き上がってきている。
     だが梨々花の下腹部は氷を当てられたかのように冷え切っていた。


    「うぅ、痛い、痛い、痛い…………お腹痛い、よぉ!」


     キュルキュルッ!
     ゴポ、ゴポポポポ!!


    「おっ、おおおおぉぉっ」


     お腹の中で泡が泡立つ感触。
     全身に鳥肌が立ち、ただでさえ色白の梨々花の顔が真っ青になる。
     キュウゥッ、お尻に力を入れるも、しかしマゾに染まりきった梨々花の柔尻で抑えられるはずもなかった。


     むにゅっ。
     ついにお尻から、柔らかくも熱い感触がはみ出してきてしまう。


    (み、実はだめぇ……!!)


     こ、この感触は……かなり柔らかいらしい。
     まだほんのちょっとしか出てきてないから、すぐに身体の中に戻ってくれたが……もうここまできてしまったら時間の問題だ。


     キュル、キュウルル……ゴポ、ゴポポ!!


    (も、もう無理、無理! うんち出ちゃうっ! 学校なのに! 教室なのに! みんながいるのにうんち漏らしちゃうだなんて……! そんなの絶対、ダメ!!!!)


     思うけど、一方ではこうも思うのだ。


    (も、もしも……ここでうんちを漏らしちゃったら、私、どうなっちゃうんだろう? みんなに見られながらうんち漏らしちゃうの……それで私は泣くことしかできなくて……も、もしかしたらご主人様……涼太が助けてくれちゃったりして……)


     一瞬だけそんなことを妄想してしまう。
     その隙を直腸にミッチリと詰まっているモノが見逃してくれるはずもなかった。


     ムニュッ、ムニュニュッ!!


    「あ、あぐぅっ、だ、だめぇ!!」


     ちょっとだけ……にしては、ちょっと出てきすぎただろうか。
     取り返しのつかない、ごまかしようのない質量が、お尻からはみ出してしまった感触。
     おむつに、ネットリとした感触が広がった。
     幸いなことに石けんの匂いがするおむつのおかげで、匂いまでは漂ってきてはいないけど……それも時間の問題だろう。


    (やだ、うんちちょっと漏らしちゃった……今ならまだ間に合う……おトイレに立てばまだ間に合う……………………)


     だけど。
     マゾマゾに染まりきった梨々花は、どうしてもトイレに立つことができなかった。
     ここまできてしまうと、授業中にトイレに立つことが恥ずかしいのではない。


    ――もしも授業中にうんちを漏らしてしまったら、どうなってしまうのだろう?――


     度重なる調教でマゾに染まりきった梨々花は、そのことを妄想してしまっている。


    (うんちを漏らしたら、ご主人様が助けてくれるのかな……? きっと助けてくれる……私が、ここでうんちを漏らしても……!
     あっ、どうしよ……我慢しすぎて、き、気持ち良くなってきちゃった……!)


     うんちを漏らしたら、もっと気持ち良くなることができるのだろうか?
     おむつは、その失敗までも受け止めてくれるのだろうか?


    (ここでうんちなんて漏らしたら、みんなに蔑まれた目で見られちゃう……。もう学校にもこれないかも知れない……で、でも……我慢できないよぉ……想像しただけで、ドキドキして来ちゃってる……。だ、ダメなのに……!!)


     駄目だとは、分かっていた。


    ……だが、それを我慢するには、梨々花はマゾに調教されきっていた。



    「ふ、ふぅぅぅぅ~~~~~…………」


     ついに梨々花は、深いため息をつく。
     そして、ゆっくりとお腹に力を入れて息み出してしまう。


     むりゅ、むりゅりゅりゅりゅりゅりゅ……。
    もここ、むにゅうぅぅぅぅぅぅううううう…………。


    (ダメだって分かってるけど……もう、我慢できないの……。梨々花はダメなメイドです……お尻を何度も調教されて、もううんちも我慢できない身体になってしまいました……)


     ぷす、プスス……。
       ぶりゅりゅううぅぅぅぅぅぅぅぅう……。


     お尻に広がる人肌のチョコレート・ホイップクリーム。
     じわり、じわりと、梨々花のお尻がとぐろに押し上げられていく。
     座高が少しずつ高くなっていく……。


    (うんち……出しちゃダメなのに、出しちゃダメなのにぃ……分かってるのに……うう、と、止められない……。あったかいの、お尻に広がってきてるのに……止められない……よぉ……!)


     メリメリメリ……。
    ぐぽ、ぐぽぽ…………プススッ。


     醜くも柔らかい甘い感触がお尻に広がっていく。
     マゾに染まりきった梨々花には、もはや止める術は無かった。


    (わたし、どうなっちゃうんだろう……。授業中にうんち漏らしちゃって……どうなっちゃうんだろう……)


     豚肉を腐らせたかのような香りが、セーラー服のスカートから漂い出す。
     そこから伸びている染み一つない太腿は官能に震え、桃色に染まりきっていた……。



    暴君毒舌メイドをもっとマゾマゾにしてみた11につづく


    久々に書いた授業中の粗相シーン。

    色々と辛いことが多いけど、細く長く頑張っていけたらいいなと思います。


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/389-e458d65a
    ブログパーツ