レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    暴君毒舌メイドをもっとマゾマゾにしてみた8

    マゾに堕ちきった梨々花は、駄目だと分かっていても授業中におもらししてしまう。

    限界を超えたおむつはパンパンに膨らんでいて、

    それでも生温かい失禁の虜になってしまった梨々花は、欲望のままに人知れず垂れ流していく……。

    この小説を最初から読む!
     
     



    (どうしよう……さっき出したばかりなのに……)


     1時間目の授業中……。
     梨々花は、紺色のヒダスカートから伸びる内股を、気まずそうに擦り合わせていた。
     早くも尿意が込み上げてきてしまったのだ。さっき廊下で漏らしてしまったばかりだというのに。


     しかも、おむつは交換せずにそのままだったりする。
     モコモコに膨らんだ吸水ポリマーが、股間に挟まって気持ち悪い。

     それでもなんとか濡れた紙おむつはサラッとしていて、優しくお尻を包んでくれる。
     マゾに堕ちきった梨々花にとっては、その感触さえも快感になっていた。


    (あうぅ……どうしよう、……したく、なっちゃった……)


     まだ一時間目だというのに、じわり、秘裂を伝い落ちていくレモン汁の雫。
     緩みきった下半身は、どんなに我慢してもおしっこをチビってしまうようになっている。


    (やだ……ちょっと、出ちゃった……まだ一時間目なのに……)


     椅子に座ったままだから、チビってしまった数滴がお尻のほうに染みこんで、ジワリとした温かい染みを残してしまう。


    (こんなことなら授業が始まる前におむつ交換してもらうんだったぁ……!)


     額に冷や汗を浮かべて後悔するも、もはや手遅れ。
     ここは我慢するしかない。
     まさか、1時間目の授業からトイレに立つわけにも行かない。


    (せめておむつを交換してもらえる昼休みまでは……それまでにおむつが保たなかったら……うぅっ、そんなのダメェ……っ)


     ギュッと目を瞑って我慢するも、だけど緩みきってしまったおまたは簡単におしっこをチビってしまう。
     そして決壊はあっけなく訪れた。


     プシュ……!
     しょおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ…………。


    (えっ……? おまたが勝手に温かくなって……もしかして、私、おしっこ漏らしちゃってるの……?)


     認めたくなくても、度重なる調教を受けてきた身体は、勝手におしっこを漏らすようになってしまっている。
     一度出てきてしまったら、少女の太く短い尿道で止めることはどうすることもできない。


    「あっ、ああああぁ~~~」


     微かな呻き声とともに、セーラー服のスカートの中からくぐもった水音が聞こえてきてしまう。
     ジワッとおまたが温かくなると、あっという間にお尻までもが温かくなる。
     梨々花は我慢できることもなく失禁し始めてしまったのだ。


     ぷしゃああああああああああああああああああ…………


    (だめっ、温かくておまたの力が抜けちゃう……よぉ……気持ち良くて……。
     おむつモコモコに膨らんで……気持ち、良いよぉ……)


     ふううぅぅぅ……。
     長く熱いため息。
     それは梨々花が紙おむつに身を委ねた瞬間でもあった。
     梨々花はフッと尿道から力を抜いていく。


    (ばれて、ないよ、ね……? 私がおしっこしてるだなんて、みんな気づいてないよね……?)


     キョロキョロと辺りを見回すも、どの生徒も真面目に黒板を書き写している。
     まさか授業中に座りながら、梨々花がおもらしをしているだなんて誰も気づいていないに違いなかった。
     そうと分かると、マゾに染まりきった梨々花はなんの躊躇いもなくおまたの力を抜いてしまう。


     シュイイイイイイイイイイイイィィィィィ……。



    (んあっ、あっ、あっ、あっ!
     温かい……おむつが温かくて気持ちいいの……お尻まで温かくなって……それにモコモコ膨らんで……私、おむつに包まれちゃってるよぉ……)


     なんの躊躇いもなく放たれたおしっこは、おむつの裏側に跳ね返るとポシャポシャとおまたに当たって撫でられているようだった。
     梨々花は完全におまたの力を抜くと、なんの躊躇いもなく放尿を続ける。
     梨々花は、おむつに身を任せてしまったのだ。


     ジョボボボボ~~~。


     どんなに勢いよくおしっこを漏らしても、横漏れ防止ギャザーのおかげで足口から漏れ出してくることはなかった。
     ショーツだったら、今ごろお尻を中心として大きな水たまりが広がって、椅子からナイアガラの滝が落ちていたことだろう。
     それでも紙おむつは、水風船のように膨らんで梨々花のお尻を優しく包み込んでくれていた。


     だけどここまで漏らしてしまうと気になるのが匂いだ。
     いくら紙おむつが万能とはいえ、匂いまでも消し去ってはくれないのだ。


     ………………モワッ。
     スカートから、ふんわりと温かい湯気が立ち上ってくる。


    「あぁ……だめぇ……匂いがあふれ出てこないで……」


     おむつの通風性がいいと言うことは、それだけ匂いが外に出てきてしまうと言うことだ。
     梨々花の恥ずかしい香りが、サウナのように蒸れ返っているスカートから溢れ出してくる。
     だが……。


    「あ、あれ……いい匂い、する?」


     蒸れたおむつから立ち上ってきた匂いは、ふんわりと柔らかい石けんの匂いだったのだ。


     そういえば今朝、涼太が行っていたような気がする。
     今日充ててもらった紙おむつは最新式で、おしっこに濡れると石けんの匂いがするのだと。
     ツーンとしたアンモニア臭が溢れ出してくると思ったのに、まさかこんなにもいい石けんの匂いがしてくるだなんて。
     まさかこの匂いが梨々花のおむつから漂ってきているだなんて、誰も思わないだろう。


    「……ねぇ、なにかいい匂いしない?」
    「言われてみればふんわり柔らかい石けんみたいな匂いがするかも?」


     ヒソヒソと、女子たちがおしゃべりを始める。
     それだけ匂いが溢れ出してきてしまっているのだ。


    「誰か香水つけてきたのかしら」
    「暑いから匂いごまかさないとねー。くんくん。これくらいならちょうどよくて心地いい香りかも?」


     鼻を鳴らして匂いを嗅ぐ女子もいる。
     それが梨々花に、これ以上ないくらいの羞恥を与えると知らずに。


    (だめっ、それ、私のおしっこの匂いだから! そんなにくんくんしちゃダメッ)


     心の中で叫びながらも、それでも梨々花のおもらしは終わってはくれなかった。
     女の子の太い尿道は、一度おしっこを出し始めてしまうと止めることができないのだ。
     全て出し切るまで、ただ垂れ流すことしかできない。


     ジョボ、ジョボボ……ジョボボボボ………………。


    「はぁ……はぁ……はぁ……んんっ」


     ダメだと分かっていても、我慢していたおしっこを漏らすと言うことは、反射的に気持ちいいと思ってしまう。
     こんなところでおしっこなんかしちゃいけないのに。
     それでも梨々花は、教室でのおもらしに快感を覚えてしまっていた。


     ジョボボボボボボボボボボボボ……ブルルッ!!


    「んんっ!」


     梨々花は大きく震え、小さい呻き声を漏らし……ようやく長いおもらしは終わりを告げた。
     あとに残ったもの……それは、モコモコに膨らみきった紙おむつだった。
     モコモコに膨らみきっても、横漏れ防止ギャザーのおかげで脇から漏れてきていることはない……ようだ。
     モゾモゾとお尻をずらしながら、漏れていないか漏れていないか確認してみる。


    (紙おむつ……全部受け止めてくれたんだ……あはっ)


     そうと分かれば、梨々花はなんの躊躇いもなくおまたの力を抜いてしまう。
     チョロロ……残っていたおしっこが漏れ出してきて、ジュワリとおむつに染みこんでいく。
     こうなってしまうとマゾに染まりきっている梨々花は、もはやおむつの虜だった。


    (あったかくてモコモコして……お尻つつんでくれて……気持ちいいよぉ……)


     トロンとした眼差しで黒板を眺めつつ、梨々花は尿道の力を抜いていく……。


    暴君毒舌メイド9につづく


    小さいのはここまでだ(`・ω・´)


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    早くブリブリっとやっちゃってください!!

    もちろんですともーw

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/387-4f9f6456
    ブログパーツ