レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    暴君毒舌メイドをもっとマゾマゾにしてみた7

    マゾに堕ちきった梨々花の尿道は、もはや垂れ流し状態だった。


    朝。
    登校してきた生徒たちでごった返す廊下。
    梨々花はあっけなく失禁し、紺色のセーラー服のスカートに包まれたお尻はモコモコと大きく膨らんでいく。


    廊下は生徒たちで賑わっているというのに、梨々花は人知れず尿失禁の悦びに身体を震わせてしまう……。


    この小説を最初から読む!
     
     





     ご主人様と二人きりのときは百目鬼梨々花(どめきりりか)はマゾメイドに堕ちきってしまっているけど……、


     こう見えても梨々花は、学校では優等生で通っているのだ。
     しかも親譲りの日本では珍しい金髪碧眼の美少女だ。


     登校してきて廊下を歩いていれば、すれ違う生徒たちからは挨拶を求められるほどの学園アイドルっぷりを発揮している。


    「おはようございます、百目鬼さん」
    「おはよう。今日も良い天気で良かったわね」
    「お、おはようございます!」
    「おはよ、なにもそんなに固くならなくても……」


     下の学年の男子生徒たちは、顔を真っ赤にして挨拶しては逃げるようにしてその場を立ち去っていく。
     その遙か後ろで、「うおおおおお、俺、声かけてもらっちゃったよ!」とか大声ではしゃいでいるのはそれが若さなのだろう。


    「相変わらず梨々花は人気者だよな」
     涼太は半歩離れた隣で呟く。さすがに学校出までベッタリするわけにもいかないし。
    「ご主人さ…………ッ! ごほん、それでも私はあなただけのものなんだから……!」


     冷やかされて、ほっぺたが熱くなってしまう。
     学校では、もちろん二人の関係は内緒にしてある。
     もしも梨々花がマゾ奴隷に堕ちてしまっただなんて知られたら、それだけで大騒ぎだろう。


    「まさか、梨々花のスカートの中が紙おむつだなんて、誰も考えてもいないだろうしな」
    「そのことは秘密なのっ。一歩歩くたびにカサカサして落ち着かないんだから……!」
    「もしもバレたら俺が助けてやるから安心して漏らしてもいいぞ」
    「も、漏らすだなんて……!!」


     パンパン、
     お尻を叩かれて、梨々花は言葉を詰まらせてしまう。
     だけど数秒後には恥ずかしそうに、


    「お、お願いします……」


     小さく頷いて見せた。
     だが、マゾに堕ちきった梨々花は伊達ではなかった。


    「あ、あうううう!?」


     突然ブルリと大きく身体を震わせたかと思うと、脚を肩幅に開いてフリーズしてしまう。
     まさか、これは……!?


     キュンッ、尿道がときめく感触。
     こうなると、少女の尿道ではどうすることも出来なかった。


    (あっ、おまたが温かくなって……)


    「お、おい梨々花、もしかして……!」
    「あなたがイケナイんだから……! おもらししても助けてくれるだなんて言うからお、おまたが……んん!」


     梨々花のうなじがピンク色に染まる。
     白人系の血を引いてるから、赤くなるとすぐにバレてしまう。


    「あっ、だめぇ……!」
    「とりあえず支えてやるから!」
    「う、うん…………。あっ、あううううぅぅぅぅ~~~」


     ほどなくして、


     しゅいいいいいいいいいいいいいいいいいい………………。


     梨々花の紺色のヒダスカートの中から、くぐもった水音が聞こえてくる。
     幸いなことに朝のざわついた廊下。
     こうして抱きつくくらいに近寄らないと水音を聞かれる心配はないが……。

    「おまたが温かくなって…………。うそ、わたし、おもらししちゃってる……?」


     梨々花は為す術も無く失禁してしまっていた。
     脚を閉じることもできず、しゃがみ込むこともできずに。


    「あぅ、あうううっ、出てる……私、おもらししちゃってる……っ」


     ただ、肩幅に脚を開いて茫然と立ち尽くし、口をパクパクと開いて恥水を垂れ流してしまう。
     セーラー服から伸びる太腿がプルプルと震え、桃色に染め上げられていく。


    「……うぅ、聞こえちゃってる……よね?」
    「ああ、割とばっちり……」
    「あなたのせいなんだから……あうぅ……。おまたがあったかくなって……おむつ、重たくなってモコモコに膨らんできてるよぉ……」


     しかも梨々花は無意識のうちになのだろう。
     股間をぐりぐりと涼太の太股に押しつけてきている。


    「ヤダよぉ……おむつの中でおしっこが弾けちゃってるの……ううっ、おまたくすぐったくて……あううっ」
    「だからって股間を押しつけてくるだなんて、卑猥なメイドさんだな」
    「だってこうしてないとくすぐったくて…………ふぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~」


     しょわわわわわわわわわわわわわわわ…………


     梨々花の生温かいせせらぎがおむつに弾けると、モコモコと膨らんでいく。
     こうして押しつけているから、余計に分かってしまう。

     ゆるゆるおまたから漏れ出してきたおしっこがおむつに吸収されて、ずっしりと重たくなってきている。
     いくらおむつがおもらしを隠してくれるとはいえ、質量保存の法則には逆らうことはできないらしい。


    「いや、いやいやぁ……! おむつ、重たくなってきちゃってるよぉ……!」
    「あんまり慌てるなって……人通りが多いんだぞ……っ」
    「でも止められない……!」


     ただでさえ目立つ梨々花の金髪碧眼。
     それなのにこうして男に身体を支えられていては注目の的だ。
     ここは誤魔化さなければ、学園中の噂になってしまうことだろう。


    「梨々花、大丈夫か? 顔が真っ青だけど貧血なのか?」
    「うっ、ううううううう~~~!」
    「そうか、軽い貧血で……? ちょっと立ちくらみがしちゃっただけだから大丈夫……か。そうかそうか、それじゃあこうして支えててやるからな」


     背中に手を回される。
     それだけで充分だった。
     身体のどこかにピンと張っていた、緊張の糸がプツリと途切れる。


    「ふぁぁぁぁぁぁぁ…………んんっ!!」


     ブルルッ!!
     梨々花は大きく身体を震わせると、熱い吐息をついた。


    「出ちゃった……。全部出ちゃったよぉ……」


    気まずそうに見上げると、優しく頭を撫でられる。


    「おむつ、こんなに重たくなっちゃってる……」


    ずっと肩幅に脚を開いておもらしをしてしまった。
    今となっては、おしっこを吸収した紙おむつはずっしりとウエストにぶら下がっている感じがする。


    スカートという布きれがなかったら、レモン色に染め上げられた紙おむつがプランプランとぶら下がっているのが丸見えになっていたことだろう。


    「おむつ、ずっしり、重たい、よぉ……」
    「ほら、女の子なんだから脚を閉じる」
    「うっ、んんん、……んん!」


    モコモコに膨らんだ紙おむつを穿いたまま脚を閉じると、太腿の間でプルプルでグショグショのものが潰れる感触。
    お世辞にも気持ちいいものではなかった。
    だが、早くもマゾに堕ちきった梨々花は、その不快感さえも快楽だと誤変換しようとしている。


    (ああ、だけど癖になっちゃいそう……気持ち悪いはずなのに……)


    おまたの感触に意識がポワッとしていると、


    「すっきりしたか?」
    「そんなこと聞かないの! まったく、デリカシーないんだから!」
    「保健室……行っとくか?」
    「それは……まだ大丈夫、そうかな……?」
    「そんなこと言って、授業中にしたくなったらどうするんだよ」
    「そ、それは…………」


     梨々花はほっぺたを赤くしながら歩き出す。
     そして恥ずかしそうに呟くのだ。


    「もしもなにかあっても、あなたが助けてくれるのでしょう? それなら私はもうちょっとこのままでいたいの」
    「モコモコに膨らんでいるおむつを穿いていたいとは……。梨々花は立派な変態メイドになってしまったようだな」
    「あ、あなたのせいでこんな身体にされちゃったんだから! どうなっても知らないんだから覚悟しておきなさいよね!」


     梨々花はツンと言い放って睨み付けると、さっさと教室に入ってしまうのだった。


    暴君毒舌メイドをもっとマゾマゾにしてみた8につづく
     
     




    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    更新、いつも楽しみに見ています。
    どうなっても知らない、と言った梨々花がここからどうなってしまうか。期待しています。
    お体を大切に、頑張ってください。応援しています。

    これからの梨々花は、堕ちるところまで落としてみたいところです。

    ゆっくり更新ですが、ジワジワと更新していきますねー

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/384-9fd9d1e6
    ブログパーツ