レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    暴君毒舌メイドをもっとマゾマゾにしてみた5

    アナルの快楽を植え付けられ、マゾに落ちきった梨々花にはもはや排泄さえも快楽が伴ったものになってしまっていた。

    頭ではダメだと分かっていても、梨々花の括約筋は快楽に緩みきってしまい……。


    この小説を最初から読む!
     



     一週間、梨々花のお腹の中で熟成された生チョコトリュフ……。
     それは苦いとも甘いとも言えぬ、得も言われぬ香りを放っている。


     一週間も食べた物を腹の中にしまっておいたのだ。
     大腸という密封容器から解き放たれた今、鼻が曲がりそうなほどの腐敗臭を放っていた。


     クロッチにもチョコペーストがベッタリと張り付き、それは梨々花の柔らかい会陰と秘裂の形をくっきりと刻んでいた。
     前に出されたのは柔らかい軟便だ。
     だからこそ、くっきりと形が刻み込まれてしまっている。


     前に広がった汚泥は、前の腰ゴムさえも茶色く染め上げていた。
     もしもゴムがもうちょっとでも緩ければ、お腹を伝って胸に下痢が伝っていただろう。
     それほどの量がゴムによって堰き止められている。


     梨々花の縞パンは、汚泥を詰め込んで風船のように膨らんでいた。


    「一週間、食べてきた物が出てきたんだもんなぁ。そりゃあ凄い量だ」
    「……うぅ、臭い、臭いから匂い嗅いじゃダメ……」
    「そうは言っても、凄いな、梨々花のお腹にこんな匂いがするのが溜まっていただなんて。浣腸でスッキリできて良かったな」
    「う、うん……って、おもらしさせてなに言ってるのよ!!」


     茶色いショーツを太もものところまで下ろすと、涼太は逆方向から指でつついて、器用にうんちだけを床に落とす。
     ベシャリとおしっこ溜まりに生チョコトリュフが落ちた。


     この生チョコトリュフは、ごはんであり、パンであり、みそ汁でありサラダであり……一週間食べてきたものが梨々花の中で熟成されて、グチョグチョに攪拌されたものだ。
     目を凝らせば、野菜の繊維が消化しきれずに残っている。


    「おお、凄い重たい。まさかこんなに出てるなんてなぁ。さすが一週間分も食ったモノが詰まってただけのことはある」
    「み、見るなぁ!! そんな汚いところお願い、見ないで!! あっ、あっ、あああ!」

     涼太はティッシュを手に取ると、梨々花の尻を優しく撫で回してくる。
     少しずつ尻房を綺麗にされていき、やがてティッシュがお尻の深いところにまで入入り込んできた。


     ……だが。
     その感触におもらしししたばかりの梨々花が耐えられるはずもなかった。


    「あっ、あああ! あんまり強くされたら……あうう! も、漏れる……!」


     メリメリメリ……ブリリ!


     全部出したと思っても、ショーツに押しとどめられていたのだろう。
     梨々花は更にうんちを漏らしてしまう。
     チョコトリュフがべったりと塗られたショーツに、更にチョコレートが盛られていく。


    「おお、梨々花のケツ、火山みたいに広がっているぞ。さすがにアナルビーズを詰め込んだまま学校に行っただけのことはある」
    「あの日からもう緩んじゃってるんだから……っ」
    「順調に調教が進んでいるようで、俺は嬉しいぞ」
    「わ、私もちょっとだけあなたに染められて嬉しい……って、思ってなんかないんだから!!」
    「はいはい、それじゃあ綺麗にしてやるからジッとしてるんだぞー」
    「あああ! だからもっと優しくしてくれないと……!!」


     お尻を突き出して、ティッシュでお尻を拭われていく。
     何枚もティッシュを使っては拭い、トイレへと放り込んでいき、また新しいティッシュを取ってお尻を拭っていってくれる。


    「……汚い、よね……こんなことさせちゃって」
    「梨々花のなら汚いだなんて全然思ってないぞ。ほら、尻はもう綺麗になった。次は……」
    「おまたも……お願い……んんっ」


     ティッシュで肉の隙間を拭われる。
     チリリ……、微かな静電気が下半身を駆け抜けていき、キュッと力が入ったお尻の両脇にえくぼができてしまう。


     うんちにまみれたお尻を向けながらも、梨々花は感じてしまうほどのマゾマゾに調教されてしまっていたのだ。


    「割れ目の奥にまで入り込んでるな……前のほうはへそ辺りまでか。……よし、とりあえずこんなもんで良いか。風呂に行ってシャワーで綺麗にしてやる」
    「涼太と一緒にシャワー……」
    「なんだよ、さっきまであんなに苦しそうにしてたのに急に嬉しそうにしてる」
    「べ、別に嬉しくなんかないんだから。……って、そのおぱんつも持ってくの!? もう捨てた方がいいと思うんだけど!?」
    「なにを言ってるんだ梨々花よ。俺がちゃんと綺麗に手洗いしておいてやるから、感謝して穿くんだぞ」
    「あうぅ……やっぱり変態ご主人様だ……」


    梨々花は頬を赤らめながら肩をすくめる。
    その秘裂は、早くも甘く濡れているのだった……。


    暴君毒舌メイドをもっとマゾマゾにしてみた6につづく



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    大きいのをお漏らした後処理の濃厚な描写待っていました!
    美少女文庫でもこんな感じの描写が読めたらいいんですけどねー
    今後の展開でも大きいのをしたおむつを主人公が処理する展開とか読んでみたいです

    なるほどなるほど、おむつの処理はこれからの流れで書くと思いますー

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/381-bbe4643e
    ブログパーツ