レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    夏の日の出来事22

    彩花ちゃんのブルマを下ろすと、

    そこには黄土色のお粥が広がっていた。

    その醜悪な香りを放つ流動体を見つめていると、夏希はあるアイディアを思いついてしまう……。


    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
    「あ、あの……夏希ちゃん? そんなにジッと見ないで……恥ずかしいよぉ……」
    「ご、ごめん。ついどうなってるのかなって思っちゃって。ほら、恥ずかしがらないでガバッといっちゃってよ。どんなことがあっても驚かないからさ」
    「う、ううぅぅ~~~」


     よほど恥ずかしいのか、彩花ちゃんは真っ赤になりながら、ゆっくりとブルマを下ろしていく。


     ヌッチャァ……。


     静まりかえったシャワー室に、粘着質な音が鳴り響く。
     それは彩花ちゃんのブルマの中にミッチリと詰まった、ドロドロの柔らかうんちが空気にさらされた音だ。
     そして露わになった黄土色の物体……夏希は目を疑ってしまった。


     そこにはもはや夏希が知っている自分のローライズのショーツはかけらも残されていなかった。
     湯煎されたチョコレートのようにドロドロの下痢が、ネッチャリと隙間無くはりついていたのだ。
     下痢がはりついていたのはショーツだけでは無い。


    「彩花ちゃんのおまた……凄いことになってるよ……」
    「そ、その……あんまり見ないで……」


     彩花ちゃんが恥ずかしがるのも無理はない。
     そこにはぷっくりとほのかに赤らんでいるおまたがあるはずなのに。
     それなのに……。
     その美丘には、べったりと下痢が貼りついていて見る影も無い。

     
     そのペーストの内側で、柔筋が痙攣しているのだろう。


     ずっと見つめていると、ヒクン、ヒククン……。
     怒られるのを怖がっているかのように震え上がってみせる。


     それにしてもなんという匂いだろうか?
     ブルマを脱ぐ前から悪臭を放っていたけど、こうしておまたを晒してみると、より濃厚な匂いが漂ってくる。
     

     淀んだどぶ川の底に溜まったヘドロよりも醜悪で、そしてそれ以上に悪臭を放つ物体……。
     それが彩花ちゃんのお腹に詰まっていただなんて。


     だけど夏希は、それを汚いとは思わなかった。
     むしろ自分のローライズにネットリとはりついている下痢を見ていると、不思議と胸の高鳴りを覚えていた。


    「ぬ、脱がせてあげる……。だからジッとしてて」
    「うん……」


     ゆっくりとブルマを下ろしていってあげると、彩花ちゃんの内股にナメクジの通り道のような茶色い筋が刻まれていく。
     漏らしているとき出さえ足口から溢れ出してきていたのだ。
     ブルマを下ろせば下ろすほど、彩花ちゃんの内股は汚れていってしまう。


    「凄い……彩花ちゃんのお粥……ぱんつから溢れ出してきちゃいそうになってるよ」
    「だ、だからあんまりジッと見ないで……っ」

     それはまさに茶色いお粥だった。
     どんなに煮込んで、何日も寝かせたカレーでも、ここまでドロドロにはならないだろう。
     こんなにも醜くて悪臭を放つものが、可愛い彩花ちゃんのお腹に詰まっていて、しかもグルグルとシェイクされていただなんて……考えただけでも背徳的な興奮が込み上げてきてしまう。


     もしも、もしもだ。
     このショーツを穿くことができたら……。
     どんな甘い感触がするのだろう?


    (やだ、私ったら何考えてるんだろ。早くブルマ脱がせて上げないといけないのにっ)
     夏希はそんな変態的なことを考えてしまい、ブンブンと首を横に振る。 
     

    「さて、脱がしてあげるからジッとしててね」
    「お、お願いします……」


     彩花ちゃんに右足を上げてもらって、左足を上げてもらって……。
     ようやく脱ぐことができた彩花のブルマは、ズッシリと重たくなっていた。


    「あとは彩花ちゃんのおまたとお尻を洗ってあげて……」
     なんとか脱がしてあげると、しかし彩花ちゃんは言うのだった。


    「夏希ちゃんのショーツ、穿きたい……」
    「えっ? 私の穿いてるおぱんつ……? 汚いよ」
    「な、夏希ちゃんのなら……き、汚くなんか……無いと、思うよ……?」
    「えっ?」


     どういうことだろう?
     私の……うんちが汚くない……って?
     まさか彩花ちゃんも、私のブルマを穿きたいの……?
     彩花ちゃんの思わぬ一言に思考が追いついていかない。


     フリーズしていると、彩花ちゃんは、夏希がさっきまで穿いていたブルマとショーツを手に取ると……。


    夏の日の出来事23につづく




    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/372-ddb88ab7
    ブログパーツ