お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    夏の日の出来事17

    体育の授業中、跳び箱を跳ぼうとした彩花ちゃんはゆるゆるうんちを漏らし始めてしまう。

    モコモコと膨らみ出すブルマ。
    それをクラスのみんなに見られながらも、彩花は漏らし続けることしかできない。

    夏の激辛カレーフェアその2。開催中。


    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
     プリュ、プリュ、プリュリュリュッ!


     空気が多く含まれているのだろう。
     水音が弾けるたびに、紺色のブルマがプスンプスンと膨らんでは萎んでいく。
     だがそれも一時的なことだった。


    「だ、だめぇ……パンツの中が熱くなって……うううっ、お尻から勝手に溢れ出してきて……る、よぉぉぉぉぉっ」


     うっすらと紺色のブルマが膨らみ出す。
     そこになにが詰まっているのか、饐えた茶色い香りが漂ってきて、他の生徒たちも察したのだろう。
     ザワザワとざわめきだした。


    『ねぇ、彩花ちゃん、もしかして……』
    『この匂いって……?』
    『見ろよ、あいつ下痢漏らしてるぜ!!』
    『ちょっと止めなよ男子たち! 可哀想じゃないっ』


     ざわめき出すクラスメートたち……だけどそんな騒ぎも彩花ちゃんには届いていない。


    「はぁ……はぁ……はぁ~~~~~!! だ、だめぇ……出てきちゃ、だめぇぇぇっ」


     ブリッ、ブリリッ!!
    ブボボボボボボボボボボボボ!! モワ……ッ……。


     きっと牛乳にドロドロに溶かされているのだろう。
     ブルマがごまかしようのないくらいに膨らんでくる。
     小さかったお尻が、一回りも二回りも大きくなってしまう。


    「だ、だめぇ…………ちゃんのおぱんつなのにぃ……あああっ、ま、前の方にまで……だ、だめ……おまたに熱いのがし、染みるよぉ………………ッ」


     それでも彩花ちゃんはしゃがみ込まなかった。
     ここでしゃがみ込んでしまえば全部出してしまうと分かっているのだろう。
     心が折れそうになる瀬戸際で彩花ちゃんは立ち続けている。
     へっぴり腰になって、そのお尻をモコモコと膨らませながらも。


     ブリッ、ブリブリブリブリブリッ!!
    ムリュリュリュリュリュ!!


    「はぁ~~~……っ、はぁ~~~……っ、はぁ~~~……っ!! おまたはぁっ、もう前の方までパンパン、だよぉっ」


     くうぅぅっ、
     彩花ちゃんは唇を噛みしめながらも、辱めを堪える。
     そのブルマ……その紺色の生地からは、うっすらと茶色いまだら模様が浮き上がっていた。
     柔らかすぎる下痢が、ブルマから滲み出してきてしまっているのだ。


     ぶ、ブポッ! ブリュリュリュリュッ!!


    「だ、だめぇ……止まらない、とまらない、よぉぉぉっ」


     それでも彩花ちゃんは下痢を止めることができない。
     ブルマはパンパンに膨らんでいて、そして……、


    「あっ、あああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


     彩花ちゃんの悲鳴がグラウンドに響き渡る。
     あまりにもパンパンに膨らんだブルマの足口から、ネットリとした下痢が溢れ出してきたのだ。
     それはチョコレートフォンデュのように……そして滝のように内股を落ちていく。
     真っ白で染み一つ無い彩花ちゃんの太ももが、あっという間に茶色に上塗りされていってしまう。


     それは紛れもなく彩花ちゃんのお腹に詰まっていたもの……。
     このドロドロして、茶色く饐えた香りがする下痢便……それが彩花ちゃんのお腹にミッチリと詰まっていたのだ。


     ブリ、ブリリリリッ、
        ベチョッ、ベチョチョッ!!


     そしてついに足口から、ベチョベチョと汚泥が落ちてくる。
     それは真っ白なグランドに落ちると、ベッチャリと品のない音を立てて潰れていった。
     その音に、感触に彩花ちゃんの心も折れてしまったのだろう。


    「も、もう……もう無理……だよぉ……ご、ごめん……なさい……っ、も、もう……我慢……できない……よぉ……っ」


     彩花ちゃんは、ついにしゃがみ込んでしまう。
     それがどうなるか、彩花ちゃんが一番分かっているはずなのに……。
     直後、それは起きてしまった。


     ブボボボボッ!!
     ムリュリュリュリュリュリュ!!
     ビチッ、ビチビチビチビチビチ……!!


     グラウンドに響き渡る破裂音。
     それと同時に彩花ちゃんのお尻が風船のように盛り上がり、べちゃべちゃと汚泥が飛び散った。
     しゃがみ込んでしまった彩花ちゃんのお尻が開かれて、圧迫されたお腹から熱い未消化物が溢れ出してきてしまったのだ。


    『………………』
    『………………』


     気がつけば、あんなにもざわついていたクラスメートたちは、男子でさえも黙っている。
     それだけ彩花ちゃんのうんちおもらしが凄かったのだ。
     いつの間にか夏のグラウンドがシンと静まりかえり、聞こえるのは彩花ちゃんのさめざめとした鳴き声だった。


    「ごめんなさい……ごめんなさい……こんなに漏らしちゃうなんて……汚しちゃうなんて…………お尻、重たい、よぉっ」


     彩花ちゃんは、背中を丸めてしゃがみ込んで、それでも膨らんだお尻と汚泥を隠すこともできずに泣くことしかできない。
     夏希には、その小さな背中がとても愛おしく見えてしまっていた。


    夏の日の出来事18につづく


    学校で、みんなに見られながらうんちを漏らしてしまった彩花ちゃん。
    もうあとには戻れない。


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    続きが私、気になります!

    今週中には続きを更新したいところです!

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/356-87f92327
    ブログパーツ