レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    下巻は6月30日に発売決定!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    夏の日の出来事16

    体育の授業、彩花はお腹を壊してしまうけど、恥ずかしくてそれを言えずにいる。

    事態は最悪の結末に向かおうとしていて……。

    今年の猛暑は激辛カレー大増量フェア


    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
    (あれ……? なんだか彩花ちゃんの顔色が悪いような気が……?)


     夏希が気づいたのは、給食を食べ終えてすぐの、体育の授業中のことだった。
     ただでさえ色白の彩花の顔が、紙のように真っ白になっていたのだ。
     それになんだかへっぴり腰になっているし、お腹に手をあてている。
     紺色に包まれたブルマを穿いているからこそ分かってしまう。身体を『く』の字に曲げてキュッとお尻を突き出している様子が。


    (もしかして、彩花ちゃん……お腹痛いの我慢してる……?)


     その予想は多分当たっているのだと思う。
     彩花ちゃんはお腹をさすって、そして苦しそうに顔をしかめていたのだ。
     だけど今は体育の授業中だ。
     もしもここでトイレに行きたいと言っても、だだっ広い砂漠のようなグラウンドをへっぴり腰で横切らなくちゃいけない。
     そしてその力は、もう彩花ちゃんには残されていないのだろう。


    (彩花ちゃん……大丈夫かなぁ……)


     幸いにも今日はグラウンドで跳び箱の授業だから、そんなに身体を動かさなくていい。
     もしもマラソンだったりしたら、大変なことになっていたことだろう。
     夏希は、跳び箱の順番待ちをしている彩花ちゃんの後ろに、さりげなく回る。


    「彩花ちゃん、大丈夫? お腹の調子が悪いの?」
    「うぅ……ちょっとだけ……さっき牛乳飲んじゃったから……はぁうっ」


     ぎゅるるるるるる~~~~~!!


     彩花ちゃんのお腹から、腸がねじ切れそうな音が鳴り響いた。
     こんな状態でもしも跳び箱なんか跳んだりしたら……!


    「トイレ行っておいたほうがいいんじゃないの?」
    「で、でも……もうお腹痛すぎて歩けな……んんっ」
    「私が肩貸してあげるからさ」
    「そ、それなら行けるかも」


     だらだらと冷や汗を流している彩花ちゃんに肩を貸してあげよう……とするも……。


    『おーい、あとが詰まってるんだから早く飛んでー』


     体育係の女子に怒られてしまう。
     まさか彩花ちゃんのお腹が痛いとも知らずに。
     でも、早く飛んでと言われて断れる彩花ちゃんじゃなかった。


    「早く飛ばないと……ううぅっ、飛んだらおトイレに行けばいいし……っ」


     一歩前へ。
     彩花ちゃんはフラフラと一歩前へ出ると、少しずつ歩幅を大きくして走り出す。
     その後ろ姿は今にも倒れてしまいそうなほど儚く見えた。


    「彩花ちゃんっ、ダメだよ。体調悪いんだから……っ」


     止めようと思った夏希の声も耳には届いていないのだろう。
     彩花ちゃんはとてとてと駆けて行ってしまう。
     その背中が急に小さくなって……、


    「はぁう!」


     彩花ちゃんが足を止めたのは、跳び箱の踏切板の遙か手前だった。
     なんで足を止めてしまったのだろう……?
     周りの生徒たちが首をかしげるなか、夏希だけがその答えを知っている。
     そしてこうなってしまうと、あとは決壊しかないということも……。


    「だ、だめぇ……っ、夏希ちゃんのショーツとブルマぁ……っ、こんなところで……っ、みんなに見られてるのに……っ」


     足を止めた彩花ちゃん……。
     少しずつブルマに包まれた小さなお尻が後ろに突き出される。
     そんな彩花ちゃんのお尻を包んでいるブルマとショーツは夏希のものなのだ。


     もしも……もしも。


    (彩花ちゃんがここでうんちを漏らしちゃったら、そのショーツとブルマは私が穿かなくちゃいけないんだ……穿けるんだ……)


     ふとそんなことを考えてしまう。
     それは彩花ちゃんにとってはとっても恥ずかしいことに違いないけど、一瞬だけ……ほんの一瞬だけ……夏希はそれはそれでいいかなと思ってしまう。


    (って、そんなの絶対よくないよ!)


     だけど直後には思い直して、彩花ちゃんの元へと駆け寄ろうとした……そのときだった。


     ぷりゅっ! ぷりゅりゅりゅっ!!


     かすかな、しかし後戻りできない水っぽい破裂音。
     それがどこから鳴っているのか、夏希には痛いほど分かってしまった。


    「あっ、あああああぁぁぁぁ! 熱いのが、熱いのが勝手に……ううっ」


     もこっ。
     彩花ちゃんのブルマに包まれたお尻の輪郭……それがもっこりと、イビツに膨らんだ。
     だがこれはまだ始まりでしかない……。



    夏の日の出来事17につづく



    ブルマでうんちを漏らし始めてしまった彩花ちゃん……。
    果たして運命やいかに。






    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/355-4fe62863
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。