レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    下巻は6月30日に発売決定!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    夏の日の出来事13

    ぱくりと彩花ちゃんにおまたにしゃぶりつかれてしまった夏希。

    筋の中に舌が入り込んできて、夏希は為す術も無くおしっこを漏らしてしまう……。

    この小説を最初から読む!
     


     おまたを触られたことだってあんまり無いのに、まさか舌で舐められてしまうだなんて。
     それだけだけでも衝撃的だったけど、彩花ちゃんの舌は私のおまたに入り込んでくるとウネウネと動き出したではないか。
     ただでさえおしっこがしたくなっていたのに、おまたをほぐされてしまっては堪らなかった。


    「だめっ、そんなに舐められたら……んん! 出ちゃう、おしっこ出ちゃうから!」


     今にも叫びそうな声で言うけど、彩花ちゃんはペロペロと私のおまたに顔を埋めて舌を動かし続けている。


    「クチュ……はふはふぅ……夏希ちゃんのおまたから甘いお汁が溢れ出してきて……それに、いろんな味が混じり合ってるの……くちゅくちゅ……れろれろ……」
    「あっ、あっ、ああっ! おくぅ……そんなに奥まで入ってこられたら……ヴヴ! おまたほぐれちゃ……んああああああああっ」


     ゾクゾクとした寒気が背筋を走り抜けていく。
    それでも彩花ちゃんの舌はどんどんクロッチごとおまたに食い込んでくる。


    「して……いいよ? んっ……、ちゅううううう……」
    「だ、だめぇ……そんなに強く吸われたら、出ちゃう、彩花ちゃんのお口におしっこ出しちゃ……うわあああああああああああ!!」


     ビクンッ!!
     背筋が大きく波打ったのが合図だった。


    「も、もう……で、出る…………っ」


     じゅわ……じゅわわわわ……っ。


     おまたに広がる、生温かい感触。
     ついに夏希はおしっこを漏らし始めてしまったのだ。
     一度出てきてしまったおしっこは、止めることはできなかった。
     ただでさえ女の子の尿道は太くて短いのだ。
     どんなにおまたに力を入れても、おまたがピクンピクンと虚しく痙攣するだけだった。


    「んく……、んく………、んく……っ」


     おしっこを漏らしてしまっているというのに、彩花ちゃんはおまたにしゃぶりついてくる。そして細い喉は、溢れ出すおしっこを飲み下して小さく上下していた。


    「あっ、あああああ……彩花ちゃんにおしっこしちゃってる……おしっこ飲んでもらっちゃってる……よぉ……っ」


     じょぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼ……


     こんなこと、やってはいけないと分かっているのに。
     それでも夏希はおしっこを止めることができない。
     いや……むしろ……。


    「ダメ……ダメ……ッ、そこをペロペロされたら……んん! おまたがムズムズしてきちゃ……んはぁ! 彩花ちゃんの舌が入り込んできて……うっ、うあああああ」


     口ではダメだといいながらも、夏希は無意識のうちなのだろう、彩花ちゃんの顔を自らのおまたへと、ギュッと押しつけている。


    「はぁぁぁぁっ! おまたが震えて……はうう! だめぇ……っ、エッチな気持ちに……んは.ぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

     ピクンッ! ピククンッ!!
     夏希の腰が小刻みに震えると、おまたまでも震えてしまったのだろう、


    「うう……!! で、出……!!」


     ぷしゃああああああああああああああああ!!
     為す術もなく、夏希は思いっきり失禁してしまう。
     それでも彩花ちゃんは、


    「んく……っ、んく……っ、ジュルルルルル……」


     喉を小さく上下させておしっこを全部飲んでくれている。
     そんな彩花ちゃんの舌はおまたの深いところにまで入り込んで来て、小さな歯は柔らかいおまたに食い込んできている。


    「彩花ちゃ……っ! そんなに強く吸われたら……も、もう……!!」
    「いいよ? 気持ち良くなってもいい、よ……? この前夏希ちゃんにおしっこ飲んでもらったとき、私も気持ち良くなっちゃったから……」


     言うと、彩花ちゃんは更に強くおまたにしゃぶりついてくる。
     今頃、おぱんつのしたのおまたには、彩花ちゃんの歯形がクッキリと刻み込まれていることだろう。
     そんなに強くされては堪らなかった。


    「あっ! あっ! あっ!!」


     夏希は酸欠になった金魚のように口をパクパクさせることしかできない。
     しかもその口からは、快楽のあまりダラダラとよだれまでもが溢れ出してきてしまっている。
     それに小さく舌までも出てしまっている。少しでも体温を下げようという本能だろうか?


     そんな夏希のお尻はピクピクと小刻みにへっぴり腰に痙攣していて、それでも彩花ちゃんの顔を自らの股間にギュッと押しつけていた。
     快楽を貪ろうと、身体が無意識のうちにそうさせてしまっているのだ。


     ピク、ピククク……!!
     ぷしゃああああああああああああ!!


    「も、もう……出る……熱いの……出ちゃう……よぉ……!!」
    「じゅるるる……ジュルルルル……!! いいよ……、熱いおもらし、私のお口にいっぱい……してぇぇぇぇぇぇぇっ」


     その瞬間、目の前が真っ白になった。
     そして身体がフワッとしたかと思うと、下半身から痺れるような電流が駆け抜けていく。


    夏の日の出来事14につづく
     



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/352-51e0f9a8
    ブログパーツ