レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    夏の日の出来事12

    彩花ちゃんに導かれるがままに、夏希は同じトイレの個室へと入る。

    そこで4日間履いたショーツを見せあいっこすると、彩花ちゃんはひざまずいて、クンクンと匂いを嗅いできて我慢しきれずに……。

    この小説を最初から読む!
     


    「う、うわぁ……私の、おぱんつが……」

     そして夏希は思わず絶句してしまった。
     ワンピースを捲り上げると、そこには先週交換こした、夏希のぱんつが現れたのだ。
     だけど、白かったシンプルなローライズのおぱんつは見る影もなくなっている。

     おへそのところの小さな赤いリボンがなければ、自分のおぱんつだとは気づかなかっただろう。


    「ごめんなさい。夏希ちゃんのおぱんつ、お洗濯できなかったの……」
    「もしかして、この週末、ずっと……?」
    「うん。ずっと夏希ちゃんと一緒に入れるような気がして……」


     真っ赤になってうつむく彩花ちゃん。
     だけどなんだか安心してしまった。
     なんだ……彩花ちゃんも一緒だったんだ……私のおぱんつ脱げなかったんだ……。
     そう思うと、さっきまでどうやっておぱんつを返そうかと悩んでいたのが、急にばかばかしく思えてきてしまう。


    「そ、それなら実は私も……」


     夏希もスカートを捲り上げてスパッツを下ろす。


    「う、うわぁ……」


     彩花ちゃんは目を見開いて驚いてみせた。
     無理もない。
     今日で四日目……しかもエッチなこともしてしまったし、今朝はおねしょもしてしまった。
     元は白と水色だったショーツは汗とおしっことエッチなお汁で茶色いまだら模様に染め上げられている。


     饐えたアンモニア臭が個室に満たされる。
     時間が経ったアンモニア臭は、新鮮なおしっこよりもきつい匂いになっていた。


    「ごめんなさい……私も彩花ちゃんのおぱんつ脱げなかったよ……」
    「ずっと……? このお休みの間、ずっと穿いててくれたの?」
    「うん。お風呂のときは裸になったけど」
    「でも湿ってるみたい」
    「そ、それは……今朝おねしょしちゃったから……」
    「私のおぱんつを穿いたままおねしょしちゃったんだ……なんだかちょっと嬉しいかも」


     私のおもらしおぱんつを見て、柔らかく微笑んでくれる彩花ちゃん。
     こっちまで嬉しくなってくる。
     そしてさっきまであんなに悩んでいたのに、安心してしまった。


    「あうぅ……なんだか安心したら、急におしっこしたくなってきちゃったよ……」


     急にこみ上げてくる尿意。
     もうちょっと空気というものを呼んで欲しい。
     だけど、彩花ちゃんはもっと突拍子もないことを言い出した。


    「いいよ? 私が夏希ちゃんのおしっこ、飲んであげる」
    「えっ?」


     その問いに一瞬なにを言われているのか理解できなかった。
     だけど次の瞬間には大声を出しそうになるくらいに驚いてしまう。


    「え、えええええ!? いっ、いいよっ、汚いよ!」
    「汚くなんてないよ、夏希ちゃんのおしっこなんだから。それとも、夏希ちゃんは私のおしっこを汚いと思っていたの?」
    「そんなことはないけど……でも……」
    「この週末、ずーっと嬉しかったんだから。だから、私も夏希ちゃんのおまたをペロペロしたいの」
    「う、ううぅ~、恥ずかしいよぉ……」
    「大丈夫、私がしっかり見ててあげるから」
    「よけい恥ずかしいんだけど……」


     夏希の抗議も虚しく、彩花ちゃんはひざまづくと私のおまたへと鼻を近づけていく。くんくん。


    「って、匂いかいじゃ、ダメッ!」
    「えー? だって夏希ちゃんのおまたからなんだか甘くていい匂いがするよ? くんくん」


     おねしょもして、しかもオナニーまでしてしまったおぱんつの匂いを嗅いでいる彩花ちゃんの顔は蕩けそうになっている。
     いい匂いがするって言
    うのは嘘じゃないらしい。

    「恥ずかしいならおぱんつ穿いたままでもいいよ? 布越しに吸い取ってあげる」


     ぱく。
     彩花ちゃんは大胆にも私のおまたにしゃぶりついてきた。
     四日目の茶色く変色したおぱんつごと。


    「ああうう~~~っ! し、舌が入ってき……んう~~~!」


     ビリビリとした電流が背筋を駆け抜けていく感触。
     クロッチ越しでも彩花ちゃんの舌は柔らかくて、そして熱かった。

     そんな彩花ちゃんの舌が、おまたに潜り込んでくると……。


    夏の日の出来事13につづく
     
     

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    遠野さんが書く飲尿プレイ……ゴクリ……初めてでしたっけ?

    ずーっと昔、軽めの飲尿を書いたことがありますが、書き込むのは今回が初めてです。どうか楽しんで頂けましたら^^;

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/351-ba1cad48
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。