レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    下巻は6月30日に発売決定!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    寄生蟲11

    保健室で情事のあとに換えの下着を探してみれば、代わりに布おむつしかない。

    明日はどっちだ。
     
     
     
    オムツを手にした詠美は、恍惚とした表情を浮かべて言い放った。


    「それじゃ、仰向けになって」
    「え」
    「だって、一人でオムツ穿けるの?」
    「そ、それもそうだけど……」

     もうなるようになれだ。
     比奈は言われるがままにベッドに仰向けになった。
     腰を浮かせて、ブルマを脱がせやすいようにする……詠美もベッドに上がり、比奈のブルマをショーツごと降ろした。

     むわっとむせ返るような生臭さが立ち上り、幾筋もの銀糸が延びる。
     詠美の瞳が、可愛いものに見とれたようにとろんとなった。

    「か、可愛い……」
    「見ないでぇ……」

     子供のような無耗の割れ目なのにグショグショに濡れて真っ赤になっているそこは妙に扇情的なものがあった。
     見られているだけで感じてしまい、湧き水のように愛液が出てくる。
    「それじゃあ、そのまま脚開いてて」
     詠美は、トイレットペーパーを大量に手に取り、やんわりとした手つきで縦筋をなぞっていく。
    「えぇ? あ、はぁっ、……っ……っ!」
     拭けども拭けども湧き出てくる。
     比奈の身体は電気を流したかのように弓なりにそれ、トイレットペーパーはあっと言う間に限度を超えてしまう。
     ベッドにまで染みが広がっているほどだ。
    「わあ……すごい……」
     詠美は自らのふやけるほどの愛液に塗れた手を見て感嘆の声を漏らしてしまった。
    「それじゃあ、オムツつけるから腰を浮かして」
     
     力の入らない比奈は、成すがままにオムツを付けられてしまった。
     もこもこと腰が落ち着かない。
     赤ちゃんに戻ってしまったかのような、妙な気恥ずかしさが込み上げてきた。
     そういえば、上は体操服を着たままなのに、下はオムツのまま……このままだと保健室の外から出られないではないか。
    「はい、付け終わったよ」
     上出来とばかりに詠美は満足げに頷いた。誉められても嬉しくないのだけど。
    「……あんまり見ないで……」
    「可愛いよ」
    「はぅ……」
     
     じわ……。
     
     駄目だ。
     穿きかえたのに。
     比奈は身体を起こすと、ベッドのふちに腰掛ける。
     これからどうしよう……オムツの上からではブルマは穿けない。
     教室から制服を持ってきてもらおう……どうやって詠美に頼もうか逡巡していると、
     そんな比奈の考えを察したのか、詠美は立ち上がる。
    「制服、持ってきてあげるね」
    「あ、……ありがと」
     
     ほどなくして、詠美は荷物を持って保健室に戻ってきた。
     しかしなぜだか彼女はベッドに登って来て、比奈を背中から包み込むように抱き付いてきた。
     
    「えっ?」
     
     あまりのことに、比奈は身体を固くしてしまった。詠美の豊かな胸が、背中に押し付けられる。
    「ああっ……」
     せっかくオムツをつけたのに、このままだと駄目になってしまう。詠美はどうしたと言うのだろうか……?
    「ごめんなさい、比奈ちゃん!」
    「えっ?」
    「おむつつけた比奈ちゃんも可愛い……」
     それに、この体勢だと背中に胸が当たって変な気持ちになってくるのだけど……。
     首筋に、熱い吐息が吹きかかってくる。
    「よ、詠美ちゃん……わ、わたし……」
     長距離を走ってきたせいもある。自分の汗の匂いと密着している詠美の汗臭さが混じりあって体の芯が熱くなってくる。

     ぶるっ、
     
     不意に比奈の身体が強ばった。
    「えっ?」
     こんなときに……。
     おむつを付けられて、子供の頃の忘れ去られた記憶が蘇ってきただろうか?
     ブルマの惨状に気を取られていたけれど、今朝、おねしょしてからというもの一度もおしっこをしてなかった。膀胱におしっこがたまり、下腹部が堅くなっていた。
    「詠美ちゃん、ごめんなさい。トイレに行きたくなっちゃった」
    「いいよ、ここでしちゃって。オムツの中におしっこしちゃって」



     続くかどうかは分かりません。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    寄生蟲、やらないんですか……
    続きが気になるんですけど――ダメですか?
    などと、シャンデラは催促してみます。

    一応、続きの構想もあるのですが、今の作風とあんまりにも違いすぎて僕でさえドン引きしちゃってるような作品なので、アップするにはかなり勇気がいりそう…w 期待せずにお待ち下さい^^;

    このおねしょというのは姉様のお布団で一緒に寝ながら失敗してしまったということでいいんでしょうか。姉様に履かせてもらったおぱんつも汚しちゃったということで。

    >としあき様

    読み返して記憶を手繰り寄せた結果、比奈はおね書だと思っているけど、本当のことは姉様に隠されていて…、という展開だと思います。

    おぱんつは想像にお任せしますが、きっと汚してしまったのでしょう。

    ちょっと記憶が愛妹なので間違っていたらすみません。

    お答えいただきありがとうございます。
    比奈ちゃんは普段からおねしょしてしまうこともある子なんですか? 

    古い作品に対してな上、作中の出来事には
    関わらない質問でごめんなさい。

    比奈はよくおねしょをしてしまう小柄な子……だと思います。

    本当は完結させるべき作品なのですが、今と当時では作風があまりにも違いすぎて中々難しいところであります。

    作風が違うとか気にせずアップしてもいいのではないでしょうか。
    というかアップしてくださいお願いします百合小おもらしとか最高じゃないですかhshsprpr!

    善処したいところではありますが……百合は今書いている作品でも織り交ぜていきますので、動画よろしくお願いします^^;

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/35-2f465b99
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。