レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    夏の日の出来事10

    家に帰ってきた夏希は、友達のショーツを穿いてオナニーをしてしまう。

    生まれて初めてのオナニーに身体が耐えきれず、生温かいせせらぎが生まれ……


    この小説を最初から読む!

     



     土曜日の翌朝。
     窓から入ってくる朝日はこんなにも眩しいっていうのに、夏希のお尻はジットリと濡れてしまっていた。


     身じろぎすると、濡れたおぱんつとスパッツがジットリとお尻に纏わり付いてくる。
     まるで大雨の中を走ってきたみたいだった。


    「……って、まさか!?」

     もしかしてこの年になっておねしょ!?
     慌てて身体を起こしてみるも、だけどシーツは濡れていなかった。
     それにおしっこの匂いもあんまりしない……と思う。彩花ちゃんのおしっこの匂いになれてしまったのかも知れないけど。
     でも、お尻はなんだかネットリと湿っている。

    「うぅ……気持ち悪い……」

     眉をひそめながら、お尻を撫でる。
     そこはちょっとだけ湿っていた。

    「こんなに出てくるんだ……」

     自分の身体のことなのにちょっと感心してしまう。
     おぱんつを脱いでみると、


     ――モワッ、


     甘い湯気とおしっこの香りが立ち上ってきた。
     仰向けに寝ている間に濡れてしまったので、お尻のほうにまでジットリと染みができてしまっている。

    「好きな人のことを考えると、おまたが濡れてきちゃうんだよね……」

     彩花ちゃんの言葉を思いだして、ちょっとだけ嬉しくなってしまう。
     そういえば、さっきまで彩花と一緒にいる夢を見ていたような気がする。
     きっとそのせいなのだ。

    「ずっと彩花と一緒……」

     呟いて、再びおぱんつとスパッツを穿き直す。
     クロッチの裏側がちょっとだけ茶色くなっているような気がした。
     お洗濯できなくてごめんなさいだけど、返すときはちゃんと洗ってからにしておこう……。


     じゅわ……、


     早くもあったかい感触がおまたに広がる。
     胸の中にもなんだかあったかいものがこみ上げてきたような気がした。



            ☆


     日曜日。

     返すときに洗って返せばいい。
     そう考えていたけど、その考えはちょっとだけ甘かったみたいだ。

     日曜夜――。

    「うぅ……さすがにちょっと匂いが気になるかも……?」

     スパッツからツンとした金曜日に彩花の漏らしたアンモニア臭と、この三日分の夏希の汗とお汁が隠しようもないほど漂ってきている。
     なんとか夏だからって言うことでごまかしているけど、ちょっとでも家族に近づいたらばれてしまうに違いなかった。

    「明日には洗って返さないとイケナイのに……」

     それに妙におまたがムズムズムラムラする。
     なんだろう?
     こっそりと自分の部屋に籠もっておぱんつを降ろした私は、思わず凝視してしまった。


     ねっっっちょぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおお…………。


    「う、うわあぁ……」

     思わず言葉を失ってしまう。
     クロッチの裏側と、おまたの間に納豆ような幾筋もの糸が張ったのだ。
     太ももくらいまでぱんつを降ろしても糸を引いて、しばらくして風に流れるようにして消えていく。


     そんなクロッチの裏側に張り付いているもの……。
     あまりにも醜いものに、思わず目を逸らしてしまう。
     それは紛れもなく夏希のおまたから出てきたものなのだ。
     それが信じられなかった。

    「うそ……、こんなに汚しちゃったの?」

     ひき割り納豆と栗きんとんを混ぜ合わせて、それをミキサーにかければこんな感じになるだろうか。
     それがべったりとクロッチの裏側にこびりついていたのだ。
     彩花ちゃんのしましまぱんつは、クロッチの外側までも焦げ茶色に染め上げられていた。


     夏希のおまたに食い込んでいたから、茶色い縦筋がスッと刻み込まれてしまっている。


     元々は白と水色だったのに。
     そして彩花ちゃんのおもらしでレモン色に。
     そして今では、夏希のおまたから滲み出してくるお汁で茶色く変色してしまっている。

    「出てきたときは透明なのに、時間が経つと茶色くなるんだ……それになんだか変な匂い」

     ネバネバして納豆みたいだ。
     驚いてるはずなのに、素直に自分の身体から出てくるお汁にを観察してしまう。


     3日も穿いて汚いおぱんつ……。
     それを彩花ちゃんに渡すだなんてできない。
     今から洗濯しないと、明日の朝には乾かない。
     それは頭では十分に分かっている。


     だけど。


    「彩花ともうちょっと一緒に……いたいよ」

     ネットリと発酵した納豆が張り付いたおぱんつ……再びそれをおへそが隠れるくらいにまであげていく。
     茶色くくすんだクロッチがおまたに食い込んできて、ピクク、痙攣するとすぐにおまたが温かくなってくる。
     スパッツを穿いても、股間のところからお汁が滲み出してきてしまっていた。

    「おまたムズムズする……」

     洗いざらしたTシャツに、おぱんつだけという格好でベッドに仰向けになる。
     なんだか一日中ムラムラしていて、身体が妙に気怠かった。

    「おまたが変な感じがするの……」

     耐えきれずにおまたに触れてみる。
     すると、


     チリリ……。


     かすかな静電気のような感触が走った。

    「……あれ、なぁに? この感触……なんだかおまたがムズムズして、チリチリしているような気が……?」

     違和感を覚えて、もう一度おまたに触ってみる。
     するとさっきよりも強く電流が走ったような気がした。

    「気持ち、いい……? おまたに触るのって気持ち、いいの……?」

     その感触に戸惑いながらも、おまたに指を食い込ませる。

    「あっ、あううぅぅ……なんか変な感じがするけど……おまたが……んん! 痺れるような感じがして……はぁう! なんだかふわふわしてきちゃうよぉ……」


     クチュ、クチュ、クチュ。


     やがてショーツからくぐもった水音が聞こえてくる。
     それはまるでおしっこみたいに溢れ出してきた。

    「だめっ、彩花ちゃんのおぱんつこれ以上汚しちゃダメなのに……ッ、指が止まらなくなっちゃ……はぁっ、はぁっ、はぁぁぁ!!」

     キュンッ!
     おまたが痙攣すると、プチュリとネットリとした体液がおぱんつの中で弾けた。

    「だめ、だめだめだめ! 指が止まらないの! このまましたらおかしくなっちゃう……おまたおかしくなっちゃうよおぉぉぉ!!」

     キュンッ、キュンッ!!
     おまたが震えるたびに、お尻が勝手に浮き上がってブリッジしてしまう。
     Tシャツに浮き上がった乳首もチリチリとして痛かった。

     そしてそのときは突然訪れた。

    「あっ、あっ、あああああああ!! ダメッ!! なんか来ちゃうッ! 大きいの……来ちゃう……よぉぉぉおおおおおおおおおおお!!」

     キュウウウウウウウウウウウウ!!


     無毛の秘裂が縮み上がると、ドロリと深奥から熱い体液が溢れ出してくる。
     それは夏希が初めてオナニーで達した瞬間だった。


     ムワ……ッ。

     おぱんつから指を出してみる。
     指にはネットリとした体液が絡みついていて、ホカホカと湯気を立てていた。

    「いけないこと、しちゃったんだ……」

     キュンッ、キュンッ、頭では分かっていてもおまたはヒャックリのように痙攣してしまう。
     おまたの筋におぱんつが食い込んで、くっきりと筋を浮き上がらせてしまっていた。
     その筋から……


     しょおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ………………。

     くぐもった水音とともに、おしっこが溢れ出してきたではないか。

    「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ…………!!」

     止めなくちゃいけないのに。
     分かっているけど、初めてのオナニーで達した身体に、そんな力は残されていなかった。
     それに温かい手にお尻を撫で回されて、気持ちいいとも思ってしまっている。

    「彩花ちゃん……ごめん……なさい……」

     呟きながらも、おもらしは止まらない。
     シーツに大きな湖ができてしまっているというのに。


     だけどどんな絶頂にも終わりはあって……、

    「は、はふぅ……」

     至福のため息をつき、ブルルッ、大きく身体を震わせると、夏希の身体から力が抜けていった。
     そんな夏希は早くも寝息を立て始めている。

     好きな子のショーツを穿いて、初めてのオナニーまでしたのだ。
     とっくに身体の限界は超えていた。

     ショーツに浮き上がったおまたの筋はピクピクと震え続けている。
     大好きな友達のショーツを穿きながらのおもらしに、イケナイことだと分かっていても、どこか背徳的な興奮を感じているのだろう。


     しょおおおおおおおおおおおおおおおおおお……。


     すっかり緩んでしまったおまたは、おしっこが漏れ出し続けている。
     よほど火照っていたのだろう。
     股間からはアンモニア臭をまとった湯気が上がっていた。


    夏の日の出来事11につづく



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    いつイチャイチャするのか楽しみです!(ゲス顔)

    次話から休み明けでじっくりねっとりイチャイチャさせていく所存であります(◉◞౪◟◉)

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/349-96720b11
    ブログパーツ