レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。

    暴君毒舌メイドをもっとマゾマゾに調教してみた2

    お浣腸をされてトイレにまで辿り着くことを命じられたメイドの梨々花。

    調教されきってマゾに染め上げられた梨々花は、なんとかトイレに駆け込むも、しかし足元に転がっているトイレットペーパーに気付かず……。

    ゴールデンウィーク中なので、ちょっとだけスカッと増量。


    この小説を最初から読む!
     
    「うぅっ、お尻にあんなに入れられちゃうなんて……っ」
     憎々しげに呟くも、顔面蒼白でお腹がギュルギュルと不吉な音を立てている。


     梨々花は恨めしげに呟きながらも、お屋敷の廊下を足早に急いでいた。
     目指すはトイレ。
     だけど焦ってはいけない。
     両手は後ろ手に縛られていて、ちょっとでもバランスを崩せば無様に転んでしまうことだろう。
     そうしたらせっかくのメイド服も台無しになってしまう。

    「失敗だったわ……」

     梨々花は苦々しく呟く。
     せめてトイレでお浣腸をされるべきだった、と。
     いくら便秘だからといって、まさかあんなにお浣腸をされてしまうだなんて。
     おかげでもうお腹の中はユルユルに緩みきってしまっている。


     今ここでちょっとでもお尻の力を抜けば、お気に入りのショーツはおろか、メイド服までも汚してしまうことだろう。


    「うぅ……ま、まだ出すわけには……っ」
     苦しげに呟くと、ポンッ、軽く尻を叩かれる。


    「ヒッ! なにするのよ!! 危うく出ちゃうところだったじゃないの!」
    「いや、顔が真っ青だったから、元気を出してもらえたらなって」
    「逆効果! それにトイレに行くのについてくるなぁ!!」
    「まぁまぁ、それもご主人様の役割だろ? しっかりとメイドを調教してお世話してあげないとな」


     アナルを調教した張本人だって言うのに、ご主人様……涼太は優しく声をかけてくれる。
     この優しさのままに調教してくるから怖いのだ。ご主人様は。
     ついさっき、この調子でお尻にいっぱい熱いのをお浣腸されてしまった。


     ギュルルルル……


     おかげさまでお腹のなかには生チョコレートがギュルギュルと渦巻いてしまっている。
     腸がねじれるような痛みに襲われながらもお屋敷の廊下を急ぐ。

    「あっ、あぐぅ……で、でるぅ……っ」
    「ここでするのか? まぁ、ペットの粗相はご主人様の責任だから、しっかりと後始末をさせてもらうことになるが……」
    「あ、後始末って……ッ」
    「梨々花が漏らしたうんこを、ちゃんとトイレに持って行って流してやらないとな」
    「そんなことさせられるかぁ!!」

     最後の力を振り絞って、なんとかトイレのドアの前へ。

    「はぁ、はぁ、はぁ……なんとか辿り着いた……ここまで来れば……うぅっ!?」
     安心して気が抜けてしまったのだろうか?
     我慢していたものが、すぐそこにまで押し寄せてきてしまう。


     だけどちょっと待って欲しい。
     後ろ手に縛られている状態でどうやってドアを開けろと?
     戸惑っていると、察してくれたのか涼太がドアを開けてくれた。

    「ほら、これで好きなだけ出せるだろ」
    「そんな言い方するな、変態なんだからッ」

     なんとか洋式のトイレへ……。

    「それじゃあ俺は外で待ってるからな」
    「音、聞いちゃイヤなんだから。ちゃんと耳塞いでなさいよねっ」
    「へいへい」


     あとはここに座るだけでこの苦痛から解放されるのだ。
     もう危機はすぐそこまで押し寄せてきている。
     だけどもうこの痛みから解放されるのだ。

     一歩、前へ。
     だが。
     梨々花は気づいてなかった。
     足元に、トイレットペーパーが転がっていることに……。


    「えっ、あっ、ちょ……っ!!」


     気がつけば、前のめりに転んでいて、お尻を突き出す格好で転んでしまっていた。
     胸のおかげで顔を打ち据えることはなかったが……。
     その代償はあまりにも大きい。

     メイド服のスカートがめくれ上がり、ピンクと白のボーダーショーツが丸見えになってしまう。


     ボフッ!!


     そしてショーツの中で響く、爆音。
     一瞬だけショーツが風船のように膨らみ、そして繊維の隙間からメタンガスが溢れ出してきた。
     浣腸の溶液が溢れ出し、お尻がカッと熱くなった。


    「あっ、ああああああ!?」


     柔尻をどんなにきつく締めようとも、熱いマグマの進出を止めることはできなかった。


     ヴリッ!!

     ゴポッ、ごぽぽぽぽっ

     
     どぶ川よりも強い悪臭が鼻を突く。
     こんなものが身体の中に詰まっていたのだ。


    「あああ!! だめえええええええええ!!」


     くぐもった爆音がメイド服のスカートの中から聞こえてくる。
     その音と同時に、火傷しそうなほどに熱い流動体がお尻に広がった。

     ピンクと白のボーダーショーツがイビツに膨らむと、
     一拍遅れて茶色いまだら模様が浮き上がってくる。
     無残な決壊の始まりだ。


    「らめ、出てきちゃ、ダメなんだからぁ!!」
     哀願し、どんなにお尻に力を入れても、一度出てきてしまったドロドロの流動体は止まってくれない。
     ただでさえ開発されきったユルユルのお尻なのだ。


     ムリュリュ!!
     にゅるるるるるるるるるるるるる!!


    「んあっ、止まってぇ、お願いだから、止まってよぉ……!!」
     後ろ手に手を縛られていたのが更なる悲劇を呼ぶ。
     どんなにおぱんつを降ろそうとしても、ただ藻掻き苦しむことしかできないのだ。
     ただ尻を突き出し、無残にもぱんつを膨らませることしかできない。


     ブリュリュリュリュリュリュ……!!


     調教されきった身体は、もはや排泄という事実を甘んじて受け入れるしかないのだ。
     だが、悲劇は更に続く。
     熱いマグマが、肛門から会陰の隙間を縫って前のほうへと押し寄せてきたのだ。

    「ま、前はだめぇ!!」
     その悲痛な祈りも通じない。


     ぶりゅ、むりゅむりゅむりゅむりゅ!!


     生チョコレートがいっきに秘裂を覆い隠してしまう。
     それはマグマに焼き尽くされる木々のように、一瞬にして燃え上がってしまう。


    「おっ、おっ、おおお!? おまたのほうにまで……っ、ダ、ダメェ……お豆……熱い、よぉ……! うんちに……止まらない……止まらないよぉ……っ」

     きっとショーツのゴムがなければ、おへそまでもが熱いマグマに覆われていたことだろう。
     それほどまでにショーツは膨らみきっている。


    「あっ、あっ、あっ、ダメ……ダメ、だよぉ……」


     しょおおおおおおおおおぉぉぉ……


     気がつけば、内股が温かい。
     それに排泄物の匂いに混じって、ツンと鋭いアンモニア臭が混じっている。
     梨々花は気がつかないうちに失禁してしまっていたのだ。
     

     じゅわぁぁ……、
     茶色く染め上げられたボーダーショーツから、うんちの層で濾過された茶色くなったおしっこが滲み出してくる。


    「あっ、あっ、あっ、あああ……おしっこも止まらない……うんちも……うぅっ、止まらない、よぉ……」

     白かったはずのニーソックスは、茶色に染め上げられ、梨々花を責め立てるかのように太ももに食い込んでくる。


     だが責めはこれでは終わらない。


     メリメリメリ……ッ、


     直腸に固いモノがあたると、少しずつ肛門を押し広げてきたのだ。
     それは薬剤の影響を受けていない、カチカチの固形便だった。
     緩みきってしまった今となっては、梨々花にそれを止めるすべはない。

    「んあっ、出る……だめっ、これ以上は、これ以上はぁ!!」

     迫り来る悪夢に悲鳴を上げてしまう。
     だが真の悪夢はここからだった。

    「梨々花、大丈夫か?」

     突然開け放たれるトイレのドア。
     中の異変を察知して、ご主人様が様子を見に来たのだ。


    「み、見ないで……」
     呟くも、茶色く染まったショーツを晒して逃げることも許されない梨々花。


     本当の恥辱はこれからなのだ……。


    暴君毒舌メイドをもっとマゾマゾにしてみた3につづく!



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    ぜひ続きお願いします!!

    構わん、続けたまえ!

    是非とも!お願いします!

    続きぜひお願いします!

    やり過ぎて怒られるかと思ったらまさかの展開にw
    時間見て書き上げてくるであります!

    むしろこれぐらいが良い!

    ラジャーです。この番外編は気合い入れてかかりますよw

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/346-a87627a2
    ブログパーツ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。