レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    夏の日の出来事5

    こっそりとプールの授業を抜け出してきて、友達のショーツをくんくんしてしまっている夏希。

    だけど、そこにまさかの本人登場で事はあらぬ方向へと……。


    この小説を最初から読む!
     


    「えっ?」
     言われた意味が分からなかったんだと思う。
     きょとんとしたままの彩花ちゃんを、長いベンチの上に座らせる。


     彩花ちゃんは、よほど驚いているのか抵抗はしなかった。
     その様子をみて、なんだか悪いことをしているような気持ちになってしまう。
     そうだ、これは普通じゃないんだ。
     驚かれることなんだ。


     彩花ちゃんにエッチなことをしちゃダメだ。
     急にそんな思いがこみ上げてくる。


    「ご、ごめん。急にそんなこと言っても驚いちゃうよね。今の嘘。嘘だから……だから、忘れて」
    「えっ? 夏希ちゃん?」
     やっぱりなにをされるのか分かっていなかったのだろう。
     彩花ちゃんは不思議そうな表情で見上げてくる。


     気まずすぎる静寂。


     そんな静寂を破ったのは、彩花ちゃんだった。


    「わ、私は……」
    「……」
    「私は、いいよ? 夏希ちゃんが飲みたいんなら、いいよ……?」


     彩花ちゃんのほっぺたは、リンゴみたいに真っ赤になっていた。
     それどころか、紺色の水着から出ている色白の肌も桃色に染まっている。


    「……恥ずかしいけど、夏希ちゃんなら……」

     椅子に座ったまま、脚をゆっくりと広げる。
     そして少しずつ広げていって、やがて脚をMの字に。
     よっぽど恥ずかしいのか、瞳を逸らしてはにかみながら。

     そんな彩花ちゃんの内股はピンク色に染め上げられていて、水着が食い込んでいるおまたはピクピクとかすかに震えていて……。


    「彩花ちゃんのおまた水着越しでも可愛い……」


     私は、吸い寄せられるように彩花ちゃんに跪いていた。
     鼻を近づけてみると、ツーンとしたおしっこの匂いがする。


     そして頭を垂れるかのように、紺色の生地に覆われた彩花の秘裂へと顔を近づけていき……。


             ☆


     夢のように信じられないことに、頭が痺れて気絶してしまいそうだった。
     それでも目の前で広げられている彩花ちゃんは現実なのだ。


     足を広げている彩花のおまたにむけて、ゆっくりとひざまずく。


    「彩花ちゃんのおまた……す、すううぅぅ……」
     鼻を鳴らしてみる。
     するとプールの塩素の香りとともに、おしっこの香りがして、そしてかすかな甘い香りが漂ってきた。


    (これが彩花ちゃんのおまたのにおい……)


     こんなにいい匂いがする場所からおしっこが出てくるんだろうか。
     ちょっとだけ信じられない。


    「していいよ、おしっこ。私の顔にやってみて?」
    「う、うん……だけどなんだかこうなるとちょっと緊張しちゃって」


     ピクンッ、ピククンッ、


     紺色のスクール水着越しに、彩花のおまたが痙攣している。
     おしっこを出そうとしているんだろうけど、おまたがしまっているようだった。


    「緊張して出ないよ」
    「そ、それじゃあ私が……」


     彩花のおまたに、更に顔を近づけていく。
     そして、


    「ほぐしてあげる。彩花のおまた、私がほぐしてあげる」
    「えっ?」
     驚く彩花の声も待たず、


     ぺろり、


     水着に向かって舌を伸ばしてみた。


     ピクンッ、


    「んっ」
     彩花は、ちょっと声を漏らして身体を強ばらせたけど、抵抗はしなかった。
     許してくれるのだ。
     エッチなことをしようとしているのに。


    「ほぐす……よ? していい?」
    「うん……」


    夏の日の出来事6につづく


    紺色のスクール水着に浮かぶ縦筋をピクピクさせて、
    彩花ちゃんは恥ずかしがりながらも脚を開いている。

    夏希はそこに舌を伸ばしていくと……

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/341-b72efffc
    ブログパーツ