お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    暴君毒舌メイドをもっとマゾマゾに調教してみた1

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみたの番外編。

    ある日便秘になってしまった梨々花は、ご主人様にお浣腸をされることになってしまう。

    だけど調教されすぎたお尻は、お浣腸を我慢することなんてできるわけもなくて、
    お気に入りのピンクと白の縞々ショーツは見るも無惨なことに……。


    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (美少女文庫えすかれ)
    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (美少女文庫えすかれ)



    「ご主人様……どうか梨々花の汚らわしい穴に、それを注ぎ込んで下さい……」
    「よく言えたな駄メイド。それではご褒美に、この特大のお浣腸をしてやろう」
    「うぅ……お願いします……」


    (なんでこんなことを言わないといけないのよッ)

     心の中で悪態をつきながらも、リリカは後ろ手に手を縛られて、ベッドの上で犬のようにお尻を突き出すより他はなかった。
     これではまるで御浣腸をおねだりしているようだ。


     メイド服のスカートは捲りあがり、ピンクと白のボーダーショーツが丸見えになってしまっている。
     むんずとショーツを下ろされると、プリンとしたお尻が露わになった。
     その真ん中にある菊座が、小さくすぼんで縮み上がってしまう。
     それでも梨々花はご主人様にお尻を向け続けていた……。


     なんでこうなったのか……?


     それもこれも、屋敷にメイドとしてやってきた梨々花が調教されきってしまったからだが……屋敷からあまり外に出なかったので、便秘になってしまったのだ。
     いまごろ、お腹の中ではカチカチに固まったものが溜まっていることだろう。

     ご主人様……涼太は、やれやれと言った感じで浣腸の準備をする。
     500mlの注入器……コレを入れればどんな頑固な便秘でも一発だろう。
     それに薬剤を入れると、キラリと光るその切っ先を、梨々花の尻へと向けた。


    「まさか便秘になるとはなぁ。今日で何日目だ?」
    「……一週間目。そんなこと聞かないでよ、バカッ」
    「こら暴れるな。すぐに手が出てくるから縛ってあるんだから」


     パチンと尻を叩かれると、痛みの中に快感が混じってしまう。
     それほどまでに梨々花の調教は進んでいた。

     桃のような尻と、そのワレメに無毛のパイパンがじんわりと湿ってしまう。

    「入れるぞ?」
    「んっ、お、お願いします……ヒッ」


     お尻に注射器を刺される感触。
     直後、冷たい感触が少しずつ押し流されてくる。


    「んっ、んっ、ふうううぅぅ……ああ、なんだかお尻が膨らんできてるみたい……」

     直腸を薬剤が通り抜けていき、やがて身体の奥へと押し込まれていく。

     ゾクリッ、

    冷たい感触がお腹に満たされて、背筋にゾワゾワと鳥肌が立ってしまう。


    「うぅ……入ってきてる……いっぱい冷たいの、入ってきてるよぉ……っ」
    「尻の穴の力を抜いて。ちゃんと入らないだろ?」
    「そんなこと言っても……無理やり冷たいの……入ってきてる……ううっ!」


     ヒククッ、秘裂が痙攣すると、ジワリと蜜が溢れ出してきてしまう。
     浣腸の痛みさえも、アナル調教された梨々花にとっては快感になってしまっていた。


    「お腹、爆発しちゃう……ま、まだ、なの……?」
    「あともうちょっとだ……ほら、全部入った」
    「は、はふうぅぅぅ」

     トンッ、

     という注射器のピストンにお尻を叩かれる感触に、梨々花は深いため息をついた。
     もはや内股には愛液が滝のようにぬめってニーソックスに染みができている。
     苦しいはずなのに、どこか快感を感じてしまっているのだ。


    「ぜ、全部入ったぁ……ッ、あうっ、もうお腹が痛くて爆発しそう……だよぉっ」
    「しばらく我慢するんだ。そうしないと腸内で混ざらないからな」
    「そんなこと言われても、も、もう……っ!!」


     後ろ手に縛られているので、ショーツをご主人様にあげてもらう。
     ピンクと白のボーダーショーツ。
     それは梨々花のお気に入りでもある。
     ジュワリと蜜がクロッチに染みて、外側にまで滲み出した。
     まさかお浣腸されて濡れてしまうだなんて。


    「浣腸ってどのくらい待てばいいんだろうな? すぐに出しても、その、腹の中のものと馴染まないだろうし」
    「そ、そんなこと言われても、もうげんか、いいいぃぃ!!」
    「我慢、我慢だぞ。腸がねじれてちゃんとシェイクされないとな」


     ギュルルルルルルル!!


     さっそくお腹から、腸がねじれるような音が聞こえてくる。
     パンパンに膨らんでいるモノが捻れたらどうなるか……考えただけでも恐ろしい。


    「凄い音だな。さすが今までいろんなものを尻に入れてきたことだけはある」
    「変なこと言わないのっ! まったく、色々詰めることになったのは、あなたに言われたからなんだからっ」

     ツンと怒ってみせる。
     だけどツンツン構えていられたのもここまでだった。

     プリュッ!!


    「はぁう!?」
     大声を出してお腹に力を入れた瞬間に、お腹のモノが出てしまいそうになったのだ。


    「……きてるのか」
    「来たもなにも……ッ、入れられてるときからもう……ッ」
    「そりゃあまぁ、500mlって言ったらペットボトル1本分だしな。それを腹に流し込んだらそりゃあ痛いだろう。さあパンツを汚したくなかったらトイレに行かないとな」
    「と、とにかくおトイレ……ッ」


     後ろ手に縛られながらも、なんとかベッドから降りる。


    「お気に入りのおぱんつ……汚しちゃダメなんだから……っ」
    気を強く持つけど、

    プリュリュッ!!

    「んああ!?」

     調教されきったアナルは、いとも簡単に緩んでしまう。
     今までいろんなものを入れてきたのだ。
     ものが緩ければ、簡単に漏れるようになってしまっていた。


     梨々花の身体は度重なる調教で、快楽のまま改造されてしまっていたのだ。


     じんわりとかすかにお尻が熱くなってしまう。
     脱ごうとしても両手を後ろ手に縛られているのでパンツを下ろすことさえもできない。
     それにここでパンツを下ろしても、一週間分の汚物をここにまき散らすなんて……!!

    「そんなことできない……っ」


    幼なじみメイドをもっとマゾマゾに調教してみた2につづく
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/339-d5dd84f6
    ブログパーツ