レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold02_blogside.jpg


    Hold01_blogside.jpg
    暑くなるまでには出したいです。



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    誰にも言えない17(最終回)

    なんとか家に辿り着いた奈緒。

    だけど、うんちおもらしをしてしまって、ネットリと貼りついてくる熱い感触に、変な気持ちになってしまい……。


    この小説を最初から読む!
     

     ……モワッ。



    「うぅ! ……い、いやぁ……っ」
     口では否定しながらも、ゆっくりと穿くタイプの紙おむつを下ろしていく手は止まらなかった。
     鼻をつく醜悪な香り、そして茶色いペーストが少しずつ露わになっていく。


     ねちょぉ……。
     静まりかえったトイレの個室に、微  かに卑猥な音が響いた。
     パンツタイプなので、どんなに慎重に下ろしていっても内股に下痢がついてしまう。
     そんなおむつの内側……、


    「ひぃ……っ」
     その惨状を目にして、奈緖は言葉を失ってしまった。


     一言で言うのならば水を入れすぎた具無しのカレーと言えば良いだろうか?
     それがおむつの内側に溜まっている。
     そして茶色い便汁はおむつに吸収されて、汚らわしくおむつを膨らませていた。


     ツーン――、


    「うぅ……臭い、凄いにおいだよ……」
     あまりにも酷い臭いのせいで涙が零れてきそうになる。
     こんなにも臭くて汚いものが身体に詰まっていただなんて。
     思わず目を背けてしまう。


     だが。



     目を背けながらも。



    「……ふううぅぅぅ」
     奈緖は深いため息をつくと、再び紙おむつを上げてしまっている。
     まるでなにかに取り憑かれたかのように。


     ねちょぉぉぉぉ……


    「んっ、んんうぅぅ~~~っ」
     これ以上無いほどに穿きこみ深く。
     おへそを隠して、更にその上までおむつを上げる。
     一度下ろして冷えていた下痢がおまたに食い込んでくると、ゾクゾクと甘い感触に背筋が震え上がってしまった。


    「うぅ……、柔らかすぎて……力が……っ」
     腰が立たずに、身体を丸めるようにして膝を抱えてしゃがみ込んでしまった。
     そんな身体はかすかに震えてしまっている。
     まるでひゃっくりを繰り返すかのように。


    「あっ、あっ、あっ……はぁぁぁぁ……うんち、柔らかいの……気持ちいい? 気持ちいいの……?」
     ネッチャリとした感触にお尻が包まれる。
     おむつの上から手をあててみる。
     最初は撫でるように。
     次第にその手はぶよぶよに膨らんでいるおむつにめり込んでいく。
     おむつのなかの熱い流動体がお尻を撫で回し、そしておまたへと食い込んでくる。


     グジュ、グジュ、グジュ……ッ


    「おむつ……凄い……おむつ凄いよぉ……っ、こんなにおもらししたのに全部受け止めてくれるなんて……はぁぅっ」

     膝をギュッと抱えて、お母さんのお腹にいる赤ちゃんのように身体を丸める。
     するとなんだかとても懐かしい気持ちになれる。


    「うっ、うううぅっ、ヴヴ!!」
     そんな丸まった奈緖の背筋がプルプルと小刻みに震えると、ジュワリとおまたが生暖かくなった。


    「はあぁ……気持ち……良かった……うんちおもらし……すっきりして……気持ち良かった……よぉ……」
     奈緖は深くため息をつくと、甘い感触を味わうかのように、ゆっくりと瞳を閉じた。


     シュイイイイイイィィィィィィィ……。


     弛緩した奈緒のおむつの中から、くぐもった水音が聞こえてくる。
     だが生温かいせせらぎが溢れ出してくることは決して無かった。

     おむつは、奈緒の失敗の全てを受け止めてくれたのだ。


           ☆

     こうして奈緒には誰にも言えない秘密ができた。
     体育がない日は学校におむつを当てていく日。
     授業中に、そして放課後にこっそりとおもらし遊びをする日。


     こうしている間にも思春期の女の子のお尻は少しずつ大きくなっている。
     そう、今こうしている瞬間にも……。



    おしまい。


    最後までおつきあい頂きありがとうございました。


    中学生の女の子の誰にも言えないお話、いかがだったでしょうか。
    楽しんで頂けたら幸いであります。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/333-c0b12bce
    ブログパーツ