お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    誰にも言えない14

    少しでも早く、この苦しみから解放されたい。

    学校からの下校中、下痢を漏らし始めてしまった奈緒は、人気のない路地に隠れると、ついに自らの意思でお腹に力を入れ始めてしまう。


    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
    「ふうぅっ」
     短く息むと、ついに奈緒はお腹に力を入れてしまった。


     ブリュッ!
     ムリュリュリュリュリュリュリュリュ!!


    「ふうぅ~……ふうぅ~……ふうううぅぅ……っ」
     おむつからのくぐもった破裂音。
     何度目だろうか?
     それを数えることもできないほどに、奈緖は憔悴しきっていた。


     ムリュリュリュリュリュ……ゴポッ!


    「ふぅ……、ふぅ……、ふううぅぅぅっ」
     奈緖の頬は緩みきり、頬は真っ赤に染まっている。
     ほっぺたは涙に濡れ、それでもおむつはもこもこと膨らみ続けている。
     奈緖は泣きながら下痢おもらししているのだ。


    ――いや。


     ムリュリュッ、むりゅうぅぅぅぅぅ……っ。


    「んんんんんっ、んんんんーっ」


     いや、おもらしとはちょっと違う。
     違ってしまっている。


     奈緖は、欲望に屈してしまったのだ。
     泣きながら、自らの意思でお腹に力を入れてしまっているのだ。
     こうなったら手遅れなのだ。
     今更どんなに我慢しても、もう元には戻ってはくれないのだ。
     それなら少しでも早く楽になった方がいいじゃないか――。


     それに、


    「おむつ熱い……けど、受け止めてくれるんなら……んっっ」
     お腹に力を入れると、あんなにも痛かったお腹の痛みが少しずつ引いてくる。
     おむつは全てを受け止めてくれるのだ。
     それなら全部出してしまった方が……、
     そう思ったときだった。


    「うぅっ、ま、前の方に……っ」


     ビチッ! ブリュリュッ!!


     お尻の部分だけでは押さえきれなかったうんちが、おまたの筋を通って前の方にまで押し寄せてきたではないか。


    「だ、ダメェ……ッ、オッ、オオオオォォッ!!」


     ゾクッ、ゾクゾクッ!


     電流が背筋を駆け抜けていく。
     ふっくらとしたおまたが、灼熱のマグマのような感触に蹂躙される。
     おまたを深くえぐると、敏感な部分までも容赦なく責め立てられて、ゾゾッと背筋が震え上がった。



    「あっ、あっ、あっ、あっ、ああぁぁっ!!」
     それでも奈緖はお腹の力を抜くことができなかった。
     むしろその柔らかくも熱い感触に戸惑いながらも、更にお腹に力を入れてしまっている。



    「き、きもち、いいよぉ……こんなの絶対におかしいのに……!!」
     今まで何度も秘密のおもらし遊びを繰り返してきた。
     だけどそのときはおしっこだけでひっそりと遊んでいた。



    「うんちおもらし……うぅ、気持ち、いいよぉ……っ」
     それはただ単に我慢に我慢を重ねたうんちをすることができて気持ち良くなってしまっているのか、それともうんちおもらしに蹂躙されることに快感を覚えてしまっているのか……それは奈緖には分からない。



    「ダメなのに……エッチな気持ちになっちゃいけないのに……っ」


     ムリュリュリュリュ……!!
     それでも身体は熱くなってしまう。
     外でこんなにエッチな気持ちになってはいけないのに。


     ブポッ!!


    「ああっ、うっ!!」
     おむつの中でひときわ大きな空気が爆発すると、ボフッと一瞬だけ風船のように膨らんだ。


     それがお腹に溜まっていた最後の毒素だったのだろう。
     あんなに痛かった痛みが嘘のように落ち着いていた。


    「んっ、んんんんんん……」
     もうどんなにお腹に力を入れても出てこない。
     奈緖は欲望に負けて、全てを吐き出してしまったのだ。



    「はぁ……はぁ……はぁ……お、終わった……全部、出しちゃった、よぉ……」
     全部出してしまった……。
     すっきりしてしまった。
     外なのに。



    「うぅ……ぅっ」
     だけどこれで終わりではないのだ。
     全てを受け止めてくれた紙おむつをどうにかしなくてはいけない……。


    ネッチョォ……。
    身じろぎをすると、おむつの中で粘着質なものがまとわりついてくる――。


    誰にも言えない15につづく


    全部出し切ってしまった奈緒。
    だけど重たく膨らんだオムツが消えてくれるわけじゃない……。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/325-1875473c
    ブログパーツ