お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    寄生蟲10

    体育の時間に気分が悪くなって、保健室に担ぎ込まれた比奈。


    だけど詠美と二人きりになった保健室で思わぬ事が……。

    ブルマぐちょぐちょの巻。
    「比奈ちゃん、かわいい……」

     ……くちゅ。
     ブルマの一番敏感になっている場所に、詠美の指が滑り込んできた。ただでさえ姉さまのショーツを穿いて感じやすくなっている。しかもさっきまで詠美の背中にこすりつけていたのだ
     そこに触れられたらどうなるか。

    「えあっ」

     比奈の口から、言葉にならない空気が漏れた。
     小さな身体は何かを堪えるように痙攣し、ブルマの中ではプシッ――何かが弾けるくぐもった音が鳴った。

    「あ、ああっ、あ………はぁ~~~」

     じゅわぁ……

     まるでおもらしみたいだった。
     ブルマから染み出した液体は、お尻をついているところを中心にシーツに更なるシミを広げ、それは詠美のお尻にまで達しつつあった。

     激しい運動中だったので、ただでさえ頭がぼーっとしている。
     刹那的な快感に酔いしれながらも、比奈は困惑せざるを得なかった。
     詠美ちゃんって、女の子が好きだったの……?

     普段、銀縁のトンボメガネをかけている内気な少女。しかも図書委員で無口なくせに本の話になると急に元気になって止まらなくなる。
     そのくせスタイルはよくて胸はEくらいはありそうだし、きゅっとくびれたウエストにブルマを穿いたお尻も出ている。ある意味、反則みたいに綺麗だ。
     気づくべきだった。
     こんなに良い子に彼氏が居ないということに。

     ちゅっ……。

     比奈の唇に、詠美の唇が触れた。
     昼間の陽光に溢れた保健室。そのシルエットが軽く合わさって、甘い果実をついばむように触れる。

     くちゅ……ちゅ……ちゅ……

     それはいつしか、唇を味わうかのように貪り合い、呼吸することさえも忘れてしまうほどに。

     さらに詠美は舌を入れてきた。
     驚いて歯でせき止めてしまう比奈。しかし詠美の舌はやさしく歯をなでていき、警戒心をほどいていく。
     ぼうっ、とした意識の中、比奈は口を許してしまと、舌が進んできた。
     
     詠美の舌は、熱く柔らかかった。
     戸惑う比奈の舌を絡め取り、呼吸をすることを忘れるほどに。


    「ん、ん、んん……ぷはっ………ん……くちゅ……」 


    「ん……ふぅ……くちゅくちゅくちゅ……」

     互いの混じり合った唾液を腔内にたまってくる。それだけじゃなくて、もはや頬やあごの方までどちらのよだれとも分からないほどに濡れていた。


    「んん……? ふぅ……」


    こくり、


     と比奈の喉がなった。
     それは透明なビー玉のような味がした。
     どこまでも透き通っていて、身体の中に染みこんでいく……。 

     ブルマの上からでも分かる。
     きゅん、と、切なそうに比奈のお股が痙攣すると、新たな愛液がにじみ出し、比奈の背筋がぴくぴくと震えた。
     キスだけでいってしまったのだ。


    「比奈ちゃん、おもらししてるみたい……」
    「違う。おもらしじゃない」
    「じゃあ、なに?」
    「そ、それは……」
     口ごもってしまう比奈。その様子がたまらなく愛おしくて、もう一度だけかるく口を合わせるだけのキスをする。それだけでもシーツの染みは大きくなっていく……。



    「ごめんなさい」
     名残惜しそうに身体を離して、詠美は接吻を終えた。

    「比奈ちゃんがかわいかったから、ちょっとイタズラしたくなっちゃった。比奈ちゃんの好きな人でも無いのに……」
    「…………好きな、人?」
    「日下……京先輩で合ってるよ、ね……比奈ちゃんの好きな人」
    「えっ……」
    「いつも図書室で気にしてるから。……さて、と、と……新しい下着、探してくるね」

     詠美は立ち上がって、戸棚の中を覗き込みむ……。
     保健室特有の薬品が並んだ白く清潔な戸棚。
     その一番下の戸棚をのぞき込んで、そして凍りついた。
    「? どうしたの?」
     比奈が聞いても反応は無い。どうしたのだろうか……。若干ながら比奈が心細くなりかけたとき、ようやく詠美が口を開いた。

    「水玉と、花柄どっちがいい?」

     一瞬何のことか分からなかったけど、とっさにショーツのことかと思い当たる。だから比奈は少しだけ逡巡して、
    「水玉」
     と答えた。
    「水玉で、いいのね」

     ゆっくりと、棚の中から出てきたのは……なんと水玉模様の布おむつだった。

    「もう、そのブルマ穿けないよね……?」

    詠美の言うとおりだった。
    グチャグチャに濡れたブルマは、洗濯でもしないと穿けそうになさそうだ。このまま乾かしてもぱりぱりになりそう。


    ここはおむつを穿くしかないのか…………?


    寄生蟲11に続く

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/32-b7ba5732
    ブログパーツ