お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    誰にも言えない7

    おむつを充てた奈緒は授業中に人知れずおもらし遊びをしてみる。

    紙おむつはスカートの中で入道雲のように膨らんできて……。


    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
    (も、もう無理かも……っ)
     限界がきたのは5時間目の授業中だった。
     我ながらよく我慢できたものだと思う。今までおトイレに一度も行かなかっただなんて。

     だけどその代わりに膀胱は水風船みたいにパンパンになっていて、ちょっとでもおまたの力を抜けばおしっこが噴き出してきてしまいそうだった。
     もしも今、縫い針でお腹を突いたら爆発してしまうかもしれない。


    (もうおしっこ我慢できない……っ、わたし、みんなの前でおしっこ漏らしちゃうんだ……っ)
     ここで手を上げてトイレに行ったとしても、もう間に合わないと思う。
     それならば楽になったほうが……。


    (大丈夫、ちゃんと夕べは全部受け止めてくれたじゃないっ。だから怖がる必要なんか……っ)
     少しずつ追い詰められていく。
     自分からこの状況を作ったというのに。
     もう引き返そうと思っても引き返せないのだ。


     少しずつおまたの力を抜いていき、
     そして。



     プシュッ。



    「ああぁっ」


     ついに割れ目から生暖かい感触が迸る感触。
     最初の一滴が出てしまえば、あとはもう壊れたダムのようにおしっこを噴き出してしまう。


     シュウゥ……
    シュイイイイイイイィィィィィ……。


     おむつの中からくぐもった音が聞こえてくる。
     だけど一度出始めてしまったら止めることはできなかった。
     止めようと思っても、ピクピクとおまたがケイレンするだけで生暖かい奔流が溢れ出してきてしまう。


     シュイイイィィィイ……
     しょわわわわわわわ……。


    (温かいの……)
     もこっ、もこもこっ。
     スカートの中で入道雲が隆起していく。


     おまたから溢れ出してきたおしっこはおむつの裏側に当たると、ジワリジワリとお尻のほうへと広がっていく。
     こうなってしまうと躊躇いは薄れていた。


     じょぼぼぼぼぼぼぼぼ……。
     太く、短い尿道から溢れ出したおしっこは、モコモコと紙おむつを膨らませていく。


     ショーツを穿いていたら、きっと今頃床にまで広がっていたに違いない。
     それでもおむつは生暖かくお尻を包み込んでくれている。


    (き、気持ちいい……、気持ちいいよぉ……っ)
     授業中なのに。
     みんながいるっていうのに。
     それなのにおむつを充てておもらし遊びをしてしまうだなんて。


    (イケナイことしてる……分かってるのに……っ)
     背徳感にゾワゾワと背筋を撫でられて、奈緒の股間は更に熱くなってしまう。


     クチュリ、
     おしっこと比べると、ややネットリとした水音がおむつの中に消えていった。
     口をパクパクさせて、思わず舌を出してしまいそうになる。
     だけどどんなに我慢していたおしっこにも終わりはあって、


     ブルルッ。
     大きく身体を震わせると、やっとのことでおもらしは終わりを告げた。


    (しちゃった……おしっこ漏らしちゃったよぉ……全部、出しちゃったよぉ……っ)


     スカートから伸びている脚をもじもじと擦り合わせてみる。
     おむつの中はじんわり生暖かかったけど、太ももは汗でしっとりと湿っているだけで『漏れ』はないようだった。


    (おむつ、サラサラしてる……)
     スライムみたいにぶよぶよに膨らんでいるけど、おまたに触れる表面はサラサラしている。おむつは奈緒の全てを受け止めてくれたのだ。


    (おもらし、気持ちよかった……)


     はふぅ。
     思わず大きなため息をついてしまう。
     気がつけば耳鳴りがしていて、胸もドキドキしていた。


     それでもおもらしが終わっても授業は続いている。
     奈緒は人知れずお漏らしを済ませると、シャーペンを握って黒板をうつしはじめる。
     そんな奈緒のおむつの内側は、本人さえも気づかないうちに熱く湿っていた……。

    つづく。
    ここから大きい方なので念のためご注意を。

     


    崖っぷち状態なのでしばらく更新が途絶えるかも知れません。
    数字が出ないと食べていけなくなるのは分かっているつもりだったけれど、実際にそう言われると焦ってしまいまして。

    もう無理かも知れないけど、納得できる形にはしたいものです。


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    大きい方もお願いします!

    大きい方もぜひお願いします。

    次の小説も楽しみにしてます!
    お体にお気をつけて。

    大きい方も極太でお願いします!

    や、やはり最後まで書いた方がいいですよね。
    ちょっと気合い入れて書いてきます(`・ω・´)

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/313-ad715afa
    ブログパーツ