レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    誰にも言えない6

    おもらし癖がある奈緒は、ついに紙おむつを充てて学校にきてしまう。
    内気な女の子のスカートは、少しだけ盛り上がっていて……。


    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
    「……んっ、もう朝なんだ……」
     眩しい朝日に身体を起こすと、なんだかいつもよりもスッキリとした目覚めのような気がする。
     夕べは眠るまえに気持ちいいことをしたからだろうか?
     そんなことを考えながらお尻を撫でてみる。

    「わわ、凄いことになってる……」
     きっと眠っている間におねしょをしてしまったんだと思う。
     紙おむつはモコモコに膨らんでいて、ずっしりと重たくなっていた。


    「今日は燃えるゴミの日だったよね?」
     毎朝のゴミ捨ては奈緒の仕事だった。
     登校するついでに捨てていくことにしている。
     紙おむつをゴミ袋の奥の方に詰め込むと、いつものように顔を洗って朝ご飯を食べる。
     もうお父さんもお母さんも家を出てしまっているから、家の中はしんと静まりかえっていた。


    「今日はおパンツじゃなくて……」
     朝ご飯を食べ終え、制服に着替える。
     だけど奈緒が手に取ったのはパンツじゃなくて紙おむつだった。

    「おまたは綺麗に拭き拭きして、と」
     ティッシュで丹念におまたとお尻を拭いていく。
     そして新しいおむつを穿いてみると、なんだか腰が軽くなったような気がした。
    (ちょっとお尻が大きくなっちゃってる……かな?)
     でも、よほど注意してみなければ大丈夫……だと思う。


     試しにくるっと回ってみると、ちょっとだけ白いかけらが見えてしまった。
     けれど、まさかおむつを充てて入るだなんて誰も思わないだろう。
    「今日も一日がんばれそう」


            ☆


    (ばれないかな?)
     通学路を歩いていると不安になってきてしまう。
     一歩進むたびにスカートの中でカサカサと紙おむつが擦れる音を聞いていると、なんだか裸で歩いているみたいで恥ずかしくなってくる。


    (うぅ……、思ってたよりも恥ずかしいかも……)
     ばれていないとは言え、いつイタズラ好きな風が吹くかも分からない。
     自然とスカートの裾が気になって、もじもじしてしまう。

     それでもなんとか教室について自分の席までやってくると着席した。
     ここまで来ればもう大丈夫だ。
     けれど、
    「おはよっ」
     クラスメートの女子に声をかけられてビクリとしてしまう。
    「どうしたの? そんなに驚いて」
    「ううん、なんでもない……大丈夫、ありがと」


     大丈夫。
     大丈夫なのだ。
     このままいつもと同じように過ごしていれば、まさかおむつを充てているだなんてばれるはずがないのだ。


     幸いなことに今日は体育の授業も移動教室もない。
     だからずっとこのまま椅子に座っていればいいのだ。
     そう、トイレさえも……。

    (おむつにおもらししちゃう……でもできるだけ我慢しないと……)
     不思議なことに、おむつを穿いているとトイレに行くという考えがなくなってしまう。
     いつ限界を迎えてしまうのだろう?
     授業中だろうか?
     それとも休み時間?


     自分がおもらしをするところを想像するだけで身体が熱くなってきてしまう。
    (早くおもらししたい……)
     思えば思うとほど胸が早鐘のように鳴り、ほっぺたが熱くなってくるようだった。


    誰にも言えない7につづく


    ついに学校におむつを充ててきてしまった奈緒。
    こうしているうちにも一滴一滴、おしっこはお腹に溜まっていて……。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/311-ded84d2b
    ブログパーツ