レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    下巻は6月30日に発売決定!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    誰にも言えない5

    真夜中に、一人でこっそりとおむつを充てて、おもらし遊びに耽っている奈緒。

    中学生にもなっておむつを充てている背徳感に頬を赤く染めるが、しかし快感に口元を弛ませていて……。


    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
    「凄い……こんなに重たくなるんだ……」

     いつもはパンツでおもらしごっこをしていたから分からなかったけど、おしっこって言うのは思っていたよりもずっしりと重たいものらしい。
     おしっこを吸収した紙おむつは、ずっしりと腰にぶら下がっているようだった。


    「それにこんなにモコモコに膨らんでる……入道雲みたい」
     あんなにも薄かった紙おむつはモコモコに膨らみきっていた。
     それは真夏の海に浮かぶ入道雲のように見えなくもない。

     それにレモン色に染まっていて、触ってみるとちょっと生暖かかった。
     それでも外には一滴も漏れ出してきていない。
     おむつは奈緒のおもらしを全て受け止めてくれたのだ。


    「紙おむつってこんな風にしておしっこ吸い取るんだ……なんだか不思議」
     おむつの両端に両指を引っかけて、少しずつおろしていく。

     ……モワッ。
     ツーンとしたおしっこの湯気が立ち上ってくる。
     封じ込められていたぶんだけ、いつもよりもツンとしているような気がする。


    「凄い……こんなに匂いするのに大丈夫だったんだ」
     太ももまでおむつを下ろして、思わず凝視してしまった。
     おむつの裏側は鮮やかなレモン色に染められていて、ホカホカと湯気を立てているようだった。
     おむつを開封したからこそ分かる。
     おむつって言うのはおしっこのツンとした匂いも閉じ込めてくれているらしい。
    ……もっとも、匂いは少しずつ外に溢れ出してしまうから過信は禁物だろうけれど。


    「……意外とサラサラしてる?」
     パンツだったら今頃ペッタリとお尻に張り付いてきているっていうのに。
     それなのに、おむつはこんなにもレモン色に染まっているのに、まとわりついてくるって言うことは無かった。

    「ちょっと物足りないかも……?」
     ついついそんなことを呟いてしまう。
     あのお尻にペッタリと張り付いてくる感触が好きだったっていうのに。

    「あ、だけど……」
     こうしてずっしりと重たくなってる紙おむつっていうのも良いかもしれない。
     サラサラしてるし、もうちょっとくらい穿いてても大丈夫だと思う。
     それにどれくらい吸えるかというのも気になった。

    「おむつ、穿いて寝ても大丈夫だよね……?」
     太ももまでおろしたままになっているおむつを、再びおへそが隠れるまでキュッと上げてみる。
     ふかふかで温かいおむつに包まれていると、なんだかすぐに眠気が押し寄せてきてしまう。
     パジャマを着ると、そのままベッドに潜り込んだ。


    「もう中学生なのに……赤ちゃんじゃないのに……」
     それなのにおむつを穿いて眠るだなんて。
     恥ずかしいけれど、なんだかイケナイことをしているみたいでドキドキしてしまう。

    「おむつ、大丈夫、よね……?」
     仰向けになってお尻と布団でモコモコおむつをサンドイッチするとよく分かる。
     おしっこを吸ったおむつはスライムみたいにブヨブヨしていた。
     それでも表面はサラッとしているからなんだか変な気持ちになってしまう。


    「癖になっちゃいそう……あっ」
     ベッドに入ると、すぐにおしっこをしたくなってしまった。
     さっきしたばかりだけど、やっぱりおむつを穿いていてちょっと緊張していたんだと思う。

    「……んっ、んんんっ」
     お腹に力を入れると、ジワッとおまたが生暖かくなった。

    「いつでもおもらししていいんだ……」
     それにおもらし遊びをしても、紙おむつは隠してくれるのだ。
     これほど安心できることもなかった。

    「お休みなさい……」
     誰にともなく呟く。
     そんな奈緒は、自分でも気づかないうちに赤ん坊のように親指を咥えていた。



    誰にも言えない6につづく


    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    マイクについている大きいおならの音しないすかしっ屁のにおいは何のにおいす~~ぅぶ~~ぅでかい音しちゃったわね。

    お新香たくあん漬物ぬか漬け小松菜大根白菜浅漬けポテトチップスボーデンスライスチーズスイートコーンとうもろこしバナナパイナップルパインのにおい凄い臭いいい香りするわね。ファンデーション濃いわよ顔つけすぎるわよ おならくさい踏ん張ちゃったにぎり屁しちゃったわね。

    マイクについている大きいおならの音しないすかしっ屁のにおいは何のにおいす~~ぅぶ~~ぅでかい音しちゃったわね。

    お新香たくあん漬物ぬか漬け小松菜大根白菜浅漬けポテトチップスボーデンスライスチーズスイートコーンとうもろこしバナナパイナップルパインのにおい凄い臭いいい香りするわね。ファンデーション濃いわよ顔つけすぎるわよ おならくさい踏ん張ちゃったにぎり屁しちゃったわね。

    えーと……。
    広告、じゃないですよね……?

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/309-919bd5fe
    ブログパーツ