レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    誰にも言えない3

    短めの短編作品。
    行き詰まってストレス発散に書きました。

    内気だけど、実はおもらし癖がある中2の奈緒は、ある日おむつに興味を持ってしまうと……。


     
     
     
    「おむつってどんな感じがするんだろう……?」
     いつものように放課後のおもらしごっこでおぱんつを汚してしまった奈緒は、ふとそんなことが気になってしまった。
     紙おむつなら、もしかしたらみんながいる教室ですることが出来るかもしれないのだ。
     こうして毎日冷たくなったパンツを洗濯機に放り込むことも……。

     新しいパンツに穿きかえてテレビを付けてみると、タイミング良くおむつのCMがやっていた。
     そこでは赤ちゃんが元気よく遊んでいるのにおむつがずれない様子をアピールされていた。
     それにおしっこをしてもすぐにサラサラになるらしい。
    「こんなに動いても大丈夫なんだ……。紙おむつ……気持ちよさそう……」
     奈緒は、食い入るようにCMを見つめながら、人知れず呟いてしまう。

            ☆

    「おむつ、穿いてみたい……」
     そんなことを思いついてしまった三日目の夜、奈緒はついに我慢が出来なくなってしまった。
    「近所のドラッグストア、二四時間だったよね……?」
     夜中にこっそりと家を出ると、煌々と明かりをともし続けているドラッグストアにやってきてしまっていた。

    「うわぁ、こんなにいっぱい種類があるんだ」
     おむつコーナーの前に立ち、奈緒は思わず驚いてしまう。
     そこには赤ちゃん用から介護用まで、様々なおむつが並んでいたのだ。

    「これなんか良さそう?」
     奈緒が手に取ったのは、ビッグよりも大きい、スーパービッグサイズと書かれた穿くタイプのおむつだった。
     パッケージには小学生高学年くらいの女の子が微笑んでいる。
     それがいっぱい棚に並べられていた。
     と言うことは、このサイズはそれなりに買って行く人が多いって言うことなのだろう。

    「お願いします……」
     レジで買うときも、店員さんもほとんど表情を変えることはなかった。
    (おむつ……意外とみんな充ててるのかなぁ……)
     そんなことを考えながら、奈緒は大きく膨らんだ買い物袋を持って家路を急いだ。

            ☆

     こうして奈緒は家に帰ってくると、部屋に籠もってパッケージのビニール袋を丁寧に破いてみた。

    「これが、おむつ、なんだ……」
     一つの紙おむつを手に取ってみる。
     それは思っていたよりもずっと薄くて、広げてみると穿くタイプのおむつと言うこともあってほとんどパンツと変わらない。
     これならスカートの下に穿いてもばれることはなさそうだ。

    「可愛い……」
     紙おむつは白くて味気ないモノだと思っていたけど、可愛らしい花柄のデザインをしていた。
     ピンクの花びら模様が散っていて、おへそのところにはお花が描かれている。
     まさかこんなに可愛らしいだなんて。
     もしかしたら普通のパンツよりも可愛いかもしれない。

    「これから穿くんだよ、ね……」
     パンツのような形をしているけど、おまたからお尻の部分はうっすらと厚くなっている。
     どうやらこの部分でおしっこを吸うらしい。

    ――ごくり。
     一糸まとわぬ姿になると、固唾を飲み込んでおむつを広げる。
     ほとんどパンツと変わらない形なのに緊張してきてしまう。

    「これからおむつはいちゃうんだ……」
     赤ちゃんでもないのに。
     中学生にもなって。
     それなのにおむつを穿くだなんて。
     あまりにも恥ずかしすぎて頭がボーッとしてきてしまう。
     それでも奈緒は白くふっくらとした、柔らかい誘惑に負けてしまう。

    「あぁ……私、おむつ穿いちゃうんだ、穿いちゃうんだ……」
     パンツのように右足を通し、そして左足を通していく。
     脚の間をふっくらとしたおむつが通っていく。

    「このふっくらとしたのがおまたに当たるんだ……」
     少しずつ、躊躇いながらもおむつをあげていく。
     そして……。

    「あぁ……」
     奈緒は大きく深いため息をついてしまった。
     おまたに当たる、ふっくらとした柔らかい感触。
     お尻までも優しく包んでくれて、なんだか無防備に安心してきてしまう。
     なんでこんなに安心してしまうんだろう?

    「おむつはいちゃった……わたし、おむつ穿いちゃったよぉ……赤ちゃんみたいにおむつ穿いちゃった……よぉ……」
     呟いてから、そうか、と気づく。
     こんなに安心してしまうのは、赤ちゃんと同じ格好をしているからなのかもしれない。
     赤ちゃんのころのように無防備に眠り続けた記憶を、もしかしたら思いだしているのかもしれなかった。

    「薄いけど温かい……」
     お尻に手を当ててみると、カサカサとした紙の感覚。
     おまたのところはもこもことしていて脚がちょっと閉じにくいけど、スカートを穿いていれば大丈夫そうだ。

     それよりも奈緒には気になることがあった。
     それは……。

    「こんなに薄くて本当に大丈夫なのかな?」
     緊張の糸が途切れたからだろうか、ちょうどよくおしっこがしたくなってきてしまう。

    「――んっ」
     奈緒はゆっくりとお腹に力を入れていくと……。


    誰にも言えない4につづく

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/306-4f757b4c
    ブログパーツ