お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    ジュースの飲み過ぎには要注意!!

    セイバーフィッシュさんからアイドル○スターシンデレラプロデュースが発売されるのを記念して番外編を書いてみました。
    6月7日の発売予定。


    龍崎薫ちゃんがジュースを飲み過ぎておもらししちゃう話です。
    pixivからの輸入なため、読んだ人はごめんなさい。





    小説はいつも通り続きを読むにおいておきます。
    あの[桜色スマイル]龍崎薫ちゃんの笑顔を見ていたら、きっとあのあとこうなっていたに違いないな、と。
     
     
     
     
    「今日はせんせぇと一緒! かおるね、お花見初めてだからとっても、とおっても嬉しいんだ!」
    「こらこら、そんなに抱きついてきたら苦しいじゃないか」
     せんせぇに思いっきり抱きつくと、ちょっとだけ困った顔をしながら頭を撫でてくれる。
     その感触が大好きだった。
     そうだ、もっと褒めてもらおう!
    「せんせぇ、ちょっと待っててね、いっぱい、いっぱい驚いてもらうんだから!」
    「あんまり走りすぎて迷子になるなよー」
    「うん! ちょっと遊んでくるね!」


     せんせぇに手を振ると、さっそく桜の花びらがいっぱい降ってくるところにやってきた。
     そうだ、ぜっかくだから、桜の花びらをいっぱい集めてせんせぇに見てもらおう!
     そうすればもっと頭を撫でて貰えるに違いない。


    「綺麗だなぁー……」
     空を見上げると、雪みたいに桜の花びらが降ってくる。
     手ですくおうとしても逃げられてしまった。
    「これなら……」
     上着をお皿みたいにして、ピンクの花びらを受け取っていく。
     こうしていっぱいためれば、せんせぇは驚いてくれるかな?

     そんなことを考えながら、何度か桜の木の下をいったりきたりしていたときだった。
    「うぅ……お、おトイレ……行きたくなっちゃった」
     たくさんジュースを飲んでしまったせいだと思う。
     お腹がキューキュー苦しくなってきてしまった。
     花びらを集めるのに夢中で気づかなかった。
    「いったん花びら集めはちゅーしして、まずはおトイレに……」
     だけどみんなジュースをいっぱい飲んでるのかな?
     おトイレにはいっぱい行列が出来ていて、とても待ってられないほどだった。
    「うぅ……、どうしよう……もうお腹パンパンだよ……」
     別の場所のおトイレも探してみるけど、やっぱりどこも行列が出来ていた。

    「も、もうぅ……ああっ」
     ジュワ……。
     おぱんつに広がる、生暖かい感触。
     ちびってしまった。こんなにお腹に力を入れてるのに。
    「どうしよう、お気に入りのおぱんつなのに……っ」
     今日は元気いっぱいに走り回れるために、前のほうに猫さんがプリントされているおぱんつを穿いてきた。
     猫さんに元気をもらって、いっぱい笑えるように。
     それなのに。
    「だ、だめぇ……」
     どうしよう。
     このままだと間に合わない。
     このままおトイレに行けないと……っ。

    「もう我慢、出来ない、よぉ……っ」
     今にも溢れ出してきそうになって、おまたを両手で押さえる。
     両手でギュッと前押さえしてないと、今にも漏らしてしまいそうだった。
    「おトイレ、おトイレ……っ」
     だけどどんなにおトイレを探して公園をグルグル回っても、やっぱりどこも行列ができていた。
     もう我慢できないのに。

    「いや、いやだよぉ……っ」
     なんでこんなことをしたのか自分でも分からなかった。
     とにかく人がいないところに。
     気がつけば、逃げるようにして茂みの中に隠れていた。

     ここでなら……。
     と、どこか思ってしまったのだろうか?
     それは自分でも分からなかった。
     もうおまたを押さえている両手には、しっとりとした湿り気が染み出してきてしまっている。
     もう我慢できなかった。
     手を離しただけでも漏らしてしまいそうだった。
     だけど。

    「も、もう……!!」
     せめてぱんつとキュロットを下ろさないと。
     そうしないとお気に入りのおぱんつを汚してしまうし、キュロットだってはけなくなってしまう。

    「はぁ……はぁ……はぁ……うぅっ」
     少しずつ前押さえしている両手の力を抜いていく。
     少しずつ力を抜いていくと、その隙間からおしっこがチョロチョロと漏れ出してきてしまう。

     どうしよう。
     我慢しすぎておちびりするのが気持ちよくなってきてしまった。
     漏らしたくないのに。
     漏らしたくないのに、気持ちよく感じてしまう。

     じゅわ、じゅわわわわ……。

    「だめ、いや、だよぉ……」
     ついに気持ちよさに負けてしまった。
     プシュ、シュイイイイイイィィィィィィィ……。
     キュロットの内側からおしっこの音が響いてしまう。
     一気におしっこが漏れ出してきて、おぱんつの中があたたかくなってしまった。

    「ひ、ひぃ……っ、いやぁ……っ」
     びっくりしてお尻を後ろに突きだしてしまう。
     だけどおしっこはおぱんつの中で弾けてしまった。

    「も、もう……我慢、できない……おっ、おしっこ我慢できない……っ」
     一度溢れ出してしまうと、どんなにおまたに力を入れても止めることはできなかった。
     おトイレでおしっこをするときのように、その場にしゃがみ込んでしまう。
     キュロットもおぱんつも脱ぐこともできずに。

     ぷしゃああああああああああああああああああああああ……!!

     勢いよくおしっこが出てきてしまって、おまたに跳ね返ってくる。
     そのくすぐったさに、おまたがもっと緩んでしまった。
     それでも厚手のキュロットの外側には、まだおしっこが染み出してきていなかった。
     しゃがんでいるから自分のおまたの様子がよく見えてしまう。

    (こ、このまま出てこないで……よぉっ)
     思っても、それは無理なことだった。

     しょわわわわわわわわ………………。
    「あっ、あっ、あっ、だ、だめぇ……」
     どんなにおまたに力を入れてもおしっこは止まってくれず、ついにキュロットにジュワッと暗い染みが滲み出してきてしまった。
     ツンとしたおしっこの匂いが立ち上ってくる。


    「気持ち悪い、よぉ……おしっこ……いやぁ、止まってぇ……ッ」
     温かい手で、お尻を撫で回されているかのような感触。
     おまたから溢れ出してきたおしっこが、お尻のほうにまで広がって、ポタポタと垂れてしまっていた。
     気持ち悪いけど、おしっこできて気持ちいいとも思ってしまう。
     どうすればいいのか分からなくて、涙が溢れ出してきた。

    「せんせぇ……、せんせぇ……っ!! うぅ……えっぐっ」
     でも、泣いてもおもらしは無くなってくれない。
     全部出してしまうと、ぺったりとおぱんつが張り付いてきて気持ち悪くなってしまった。

     どうしよう。
     これじゃあ茂みから出れない。
     こんなにおもらしをしてしまった姿をみんなに見られてしまうだなんて。

    「せんせぇ……ごめんなさい、おしっこ、漏らしちゃったよぉ……」
     こうなってしまうと泣くことしかできなかった。
     だけどすぐに茂みがガサガサと揺れて、

    「こんなところにいたのか。って……おおぅ」
    「せ、せんせぇ……?」
    「大丈夫か? なんか色々大変なことになってるが……」
    「う、うん! せんせぇが来てくれたから元気になったの!」
     それは強がりだったけど、最初に来てくれたのはせんせぇで本当に良かった。
     なんだか嬉しくなって抱きついてしまった。

            ☆

     こうしてせんせぇにキレイキレイしてもらって、なんとか茂みから出ることができたのは一時間くらいしてからのことだった。
     冷たくなったおぱんつは、せんせぇと一緒にいるとすぐに温かくなった。

    「せんせぇに大事なところ見られちゃったの。かおる、おかしいところなかった?」
    「ああ、かおるは可愛いから、みんなには内緒だからな」
    「うん。せんせぇとかおるの、二人だけの秘密なの! そうだ、もっといっぱい桜の花びらを集めよう? せんせぇにいっぱい見てもらいたいんだ!」
    「ああ、今日はいっぱい花びらを拾おうな」
    「うん、せんせぇのこと、だーい好き!」

    おしまい。

    本編は尿漏れマスターと言えるほど気合い入れておきました。
    どうか気になった方は手にとって頂ければ幸いであります。


    腹パーン

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/304-815ebecc
    ブログパーツ