レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    誰にも言えない

    習作で書いた小説。
    ブログに載せようか迷っていたけど、1ヶ月更新しない広告が出てしまったので載せておきます。

    人知れずおもらし遊びをする女の子の話。
     
     
     
     
     佐々木奈緒。
     中学2年生の14才。
     小柄な背丈で、黒髪を二つ結びにしている、あまり活発ではない目立たない性格の少女。
     学校指定の白を基調としたセーラー服を着ていなければ、よく小学生と間違われることがあるのがコンプレックスだった。

     そんな奈緒には誰にも言えない秘密があった……。

    「ン……」
     6時間目の授業中、佐々木奈緒はかすかに眉をゆがめると、固く張ったお腹をさすった。
     実は今日はまだ一度もトイレに行っていない。
     この小さな膀胱には、一日分のおしっこが溜まっていることだろう。
     真夏の熱気に蒸し返されたおまたは、何度も繰り返されたおもらしで痒くなっている。
     きっとパンツの中はサウナのようになっているに違いなかった。

     だけどこの苦しみももうすぐ終わる。
     放課後になったら、人知れずトイレに行って我慢していたおしっこを解放するのだ。

            ☆

     放課後を告げるチャイムがなると、とたんに教室内は騒がしくなった。
     クラスメートたちは部活に行ったり、制服を着替えてから誰々の家に集まろうだなんて相談している。
     その中を、奈緒はこっそりとトイレに行くことにした。

    「おしっこ……出ちゃいそう……」
     小さくつぶやく。
     廊下に出ると、早くもほかのクラスの生徒たちでごった返していた。
     急いで走ったりなんかすれば、今にも決壊しそうなほどに我慢に我慢を重ねている。
     それに、走ってトイレに駆け込むのは思春期を迎えてからというもの、なんだかとても恥ずかしいことのように思えた。

     女子トイレへと続くドアを開ける。
     するとそこには何人かの女子たちが手を洗ったり、鏡に向かって髪の毛を気にしたりしていた。
     個室のいくつかのドアは閉まっている。
     幸いなことに一番奥の個室が開いているようだったから、奈緒はおしっこを我慢していることを悟られぬようにゆっくりと入っていった。

            ☆

    「ふぅ……」
     バタン、
     ドアを閉める。
     ここまでくればもう安心だ。
     目の前には、ポツンと和式便座がたたずんでいる。
     あとはここをまたげば……、

     だけど安心して気が抜けてしまったのか、
     ジョロッ……。
    「あっ……んんっ、……はぁ……」
     ちょっとちびってしまうけど何とか我慢する。
     ずーんとした痛みが下腹部にわだかまる。

    「も、もう我慢でき……あっ、ああぁ……くぅっ」
     ピクピクとおまたが震える。
     それにおしっこを我慢しすぎて、なんだか気持ちよくなってきた。
     早くおしっこを出さないと危ないぞ、と身体が言っているのだ。
     だけどそれは奈緒が待っていたシグナルでもあった。
     奈緒は、ここまで我慢してからするおしっこは気持ちいいと知ってしまっている。

    「おぱんつ下ろして……んっ」
     和式便座に跨がっただけ尿道が開いてしまう。
     それでも立った間々するわけにもいかない。
     そしてスカートの両脇に手を入れてパンツを下ろすと……、

     ツーン、

     としたアンモニア臭が個室に満ちあふれた。
     授業中に我慢できずにちょっとずつ漏らしてしまったのだ。
     クロッチの裏側には、その証拠……、霧のようなレモン色の染みができあがっていた。
     それは何度もおちびりをしては乾燥し、そしてまたおちびりをしては乾燥して……こうしてできた霧のような恥ずかしい染みだった。

    「お尻の方にまで広がっちゃってる……」
     授業中に座ってるときにちびってしまったおしっこは、縦筋を伝ってお尻の方へと広がっていってしまう。
     お尻の方に広がっている染みは、早くからおちびりをしてしまったのか、乾燥して茶色く変色していた。
    (うんちじゃないから大丈夫だもん……)

     小学生の頃から愛用している厚手の女児ショーツはところどころほつれていたけど、しっかりした作りのおかげで外にまで恥ずかしい染みを滲み出させているということはなかった。
     一安心だ。

    「はぁ……やっとできる……」
     奈緒は安堵のため息とともに呟く。
     あとはしゃがんでお腹の力を抜けばそれでこの苦しみから解放されることができる。

     ……だが。

    「ン……ッ、あっ、ああぁ……」
     奈緒はため息をつきながら、なんとパンツを元通りに上げてしまったではないか。
     そしてあろうことか、そのまま便座にしゃがみ込むと……、
    「ふぁ、ふぁあああぁぁぁぁぁぁぁ…………」
     大きなため息をついて、お腹の力を抜いていく。

     ぽしゃ、ぽしゃしゃしゃしゃしゃ……。
     クロッチの裏側でくぐもった水が弾ける音が響き出す。
     一拍遅れて、なんとか恥ずかしい染みを隠せていたクロッチからレモン色の染みが出現した。

    (あっ、あっ、あっ……私、おもらししちゃってる……イケナイことしてるんだ……)
     イケナイことをしている背徳感に、鼓動が早くなる。
     トクトクと脈打つと、ほんのりと頬がピンク色に染まった。

     しゅいいいいいいいいいいいいいいぃぃぃ…………。
     やがて本格的におしっこが出てくると、クロッチという二重布を押し上げるようにして水流が生まれる。
    「お尻……あったかぁい……」
     まるでお尻を生暖かい手で撫で回されているかのような、そんな心地よさがあった。

     ポシャポシャポシャ、
     水面とお尻の間にレモン色の滝ができあがって、恥ずかしい音が立ってしまう。
    (もしかしたら個室の外にまで聞こえてるかも?)
     だとしたらちょっと恥ずかしい。
     だけど、まさかこうして奈緒がパンツを穿いたままおしっこをしているだなんて誰も思わないだろう。

     こうして奈緒はお腹の力を抜いていき……、やがておもらしは終わりを告げた。
     ピク、ピククン!
     濡れそぼったおもらしパンツがおまたにぺったりと張り付いている。
     奈緒のそこは、産毛さえも生えていないツルツルの赤ん坊のようなおまたをしていた。
    (だから、こうしておもらしをしても恥ずかしくないんだもん……)
     気持ちいいけどイケナイことをしてしまった罪悪感に、心の中で言い訳をしてみる。
     それでもパンツは奈緒のことを責め立てるかのように冷たくなってきた。

    「ンンッ……!」
     お腹に力を入れて息んでみる。
     するとジュワッとおまたが生暖かくなった。
     パンツを穿いたままで最後の一滴まで絞り出したのだ。

    (出ちゃった……しちゃったよ……)
     おもらししたパンツを見ながら、奈緒はちょっとだけ後悔してしまう。
     だけど誰にも言えない遊びはまだ終わったわけではないのだ。
     奈緒はトイレットペーパーを手に取ると、涙のようにポタポタと雫を垂らしているショーツをギュッと押さえながらも拭いていく。

    「これで大丈夫、だよね……」
     ティッシュで拭いたとはいえ、おもらしをしてしまったパンツはじっとりと濡れているし、それにツンとしたアンモニア臭をまとっている。
     それでも奈緒は立ち上がってスカートを正した。
     これで普通にしていれば、誰も奈緒がおもらしをしただなんて思わないだろう。

     でも、立ち止まればおしっこのにおいでばれてしまうかもしれない。
    (早く帰って新しいパンツに替えないと……)
     奈緒は済ました顔をしてトイレの個室を出る。
     おもらししたおまたは早くもむず痒くなってしまっている。

     これが奈緒の、誰にも言えない遊びだった……。


    誰にも言えない2につづく
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/302-f323c994
    ブログパーツ