お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    【けいおん・梓】いたずら猫の秘密3

    長い間お待たせしました。

    いたずら猫の秘密の3です。

    澪先輩の下痢おもらしパンツを開いてしまった梓はそれを……


    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
    「ふっ、ふうううぅぅぅぅぅぅぅ~~~~…………」

     けれどおむつを穿いたままのうんちおもらしって言うのは思っているよりも緊張してしまうもので、どんなにお腹に力を入れても中々出てきてくれそうになかった。

    「ダメ……やっぱりうんちまでは出ないや……」
     諦めてお腹の力を抜くと、頭がくらくらした。
     どうやらよっぽどお腹に力を入れてしまっていたらしい。

    「あともうちょっとで出てきてくれそうなんだけど……」
     緊張しているせいで出てきてくれそうにはなかった。

    (うんちおもらしは諦めよう……)
     思って立ち上がる。
     でもどうしても、澪先輩がどんな感触を味わって、どんな気持ちになったのかを知りたかった。

    「澪先輩と一緒になりたい……」
     ぼんやりとした頭で呟く。

     それでもどうしても諦めきれなかった。
     目の前には、澪先輩の下痢がべったりと貼りついたショーツ……そうだ。


    「いいこと思いついた……」


     梓は立ち上がり、そして紙おむつを下ろし始める。
     おしっこを吸いきった紙おむつはずっしりと重たくなっていた。
     モワリと尿臭が立ち上り、イタズラ好きの風がおまたを撫でていく。


    「澪先輩のパンツ……こんなにずっしり重たくなってる……それにこんなにドロドロになって……」
     なんという惨状だろうか。
     こんなにも悪臭を放つものがあの憧れの澪先輩のお腹に隠されていただなんて。
     しかもそれをあろうことか下痢おもらししてしまうだなんて。
     ……このショーツを穿いてしまうのはどうだろう?

     澪先輩の気持ちを味わいたいのなら、この下痢がべったりと貼りついたショーツを穿けば良いじゃないか。
     梓はそう考えたのだ。

     黄土色の下痢に触れないように、慎重に片足ずつ穿いていく。
     それでも梓の内股には下痢がこびり付いてしまう。

    「澪先輩……澪先輩……」
     梓はうわごとのように呟きながら、そして……。

     むにゅっ。

    「んあっ、んあああぁぁ……」
     お尻に冷えきった下痢の柔らかい感触があたり、しかしそれでもショーツを上げていく。
     すると前の方にまで広がっていた下痢がふっくらとしたおまたにあたってくる。
     それでも梓はショーツを上げていく。
     やがてショーツはくっきりと梓の縦裂を浮き上がらせた。

    「澪先輩……、澪先輩のうんちがおまたに食い込んできて……んああっ!!」
     ピリリッ!
     勃起したクリトリスが澪の未消化物に包まれたときだ。
     下半身を激しい電流が駆け抜けていき、耐えきれずに和式のトイレにしゃがみ込んでしまう。
     直後、

     ブボボボボボボボボボッ!!
     ムリュリュリュリュリュリュリュリュリュッ!!
     ビチチチチチチチチッ!!

     ショーツの中から爆音が響き渡り、風船のように膨らんだ。

    「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ!!」
     ビックリして反射的にお尻に力が入ってしまう。
     けれど一度出てきてしまったものは止めようもなかった。

    「こ、これが澪先輩が味わってた感触……ま、前に広がって……う、うぅっ」
     身体を丸めて堪える。
     それでも未消化物は止まってくれない。
     ショーツが風船のようにもっこりと膨らむと、前の方にまで押し寄せてきたではないか。

    「ま、前はぁっ、ら、らめっ……おまたに食い込んで……、く、くううぅぅぅ~~」
     マグマのように熱い下痢にクリトリスが溶かされて、意識が飛びそうになってしまう。

    「熱い、熱いよぉ……っ。おまたが溶けちゃいそう……んはぁっ!!」

     ゾクゾク!
     ゾクゾクゾク!!

     パンツの中は灼熱のマントルのような熱さなのに、背筋に冷たい電流が駆け抜けていく。
     気持ち良くなってしまう。
     このままだと。
     学校なのに。

    「ダメ……。澪先輩のおパンツ穿いてるのに……っ、学校なのに……っ、いけないことしちゃ……んはぁっ!!」
     少しでも声を上げぬように手を当てる。
     そして背筋を小刻みに震わせると……、
    「き、気持ちいい……っ。澪先輩のおパンツはいていけないことしてるのに気持ちいいよぉ……あっ、あっ、あああぁぁあぁぁぁ………………」
     意識が白くなって寒気が込み上げてくる。
     どんなに押さえつけようとしても、梓には無理だった。
     そして……

    *   *   *

    「はぁ……はぁ……はぁ……」
     真っ白になった意識が戻ってきて、

    「おパンツ……こんなに重たくなってる……」
     ちょっと怖いけどお尻に触れてみる。
     やっぱりそこはモコモコに膨らみきっていた。

    「澪先輩と私のうんちが入ってるんだもんね…………ンンッ」
     立ち上がると、筋に食い込んでいた下痢が深いところにまで入ってしまう。
     それでも立ち上がると、近くに置いてあった紙おむつを手に取った。

    「ぷよぷよして冷たくなってるけど……」
     さっきおもらししてしまった使用済みの紙おむつはおしっこでレモン色に染め上げられていた。


    「少しでも澪先輩と一緒にいたい……」
     呟きながら、おむつに脚を通して少しずつ上げていく。
     下痢おもらしパンツごと。
     こうして完全に上げれば、茶色く染まったおパンツを隠すことができた。


    「ふぅ……」
     何事もなかったかのようにトイレの個室から出る。
     キョロキョロと周りを見回す。
     よし、誰もいない。

    「帰ったらなにしようかな……」

     ヌチュ、ヌチャ、ヌチャ……。
     一歩歩くごとにおまたに下痢が食い込んでくる。
     冷えはじめていたおパンツがポッと温かくなった。

     シュイイイイイイイイィィィィィ……。
     もこ、もこもこもこ……。

    「んあっ……お、おしっこ……」
     あまりの気持ちよさに立ったままおもらしをはじめてしまう。
     もう全部出したと思ったのに。

     もこもこと紙おむつが膨らみ、
     そして二人のうんちがおしっこに溶かされていく。

     ヌチュ、ヌチュ、ヌチュ……。
     何事もないかのように梓は歩き出す。
     そのスカートの中には誰にも見せられない秘密が隠されている。
     よく目をこらしてみれば、梓のスカートの裾からもっさりと盛り上がったおむつが見えてしまっている。


     それが梓の誰にも言えない秘密だった……。


    おしまい



    面白かったら拍手ボタンを押してくれると傾向が分かるかもー。
    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    すげー

    超エロいてか、すげーさすがじゃん!

    オオカマキリー

    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!いいね。

    エロいエロいエロいエロいエロいエロいエロいイエーーーーーーーーイ

    返信遅れてしまって済みませんでした。

    楽しんでもらえて嬉しいです!
    実はちょっとやり過ぎてしまったかなと思ってビクビクしていました。
    これからもマニアックな作品を書いていきますね!

    サイコー

    サイコーです
    ほかにないんですか?????
    あるのだったら教えてください!!

    ありがとうございます。

    今まで書いてきた小説は
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/blog-entry-27.html
    にまとめてありますので、活用してもらえたら嬉しいです。

    けいおん系だと澪と憂の小説もありますので、もしかしたら楽しんでもらえるかも知れません。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/300-bb73f4a1
    ブログパーツ