レモネード・ハーレム

    koimai2.jpg

    聖水いっぱいの小説です



    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    みんな大好きソフトハウスシールさん

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    【けいおん・梓】いたずら猫の秘密2-B

    けいおんのあずにゃんの2次創作。

    床にぺったりとお行儀悪く座ってるあずにゃんのスカートの中にはきっとおむつを穿いているんじゃ無いだろうかと推察。

    とりあえずBから書きました。


    この小説を最初から読む!

     
    B.やっぱり止めておこう。おとなしくトイレから出ることにした。

    「澪先輩のぱんつ……こんなに重たくなってる……」
     手に取ってみると、水色と白のしましまショーツは茶色いものを包み込んでずっしりとした重みがあった。

     それにしてもなんという腐敗臭だろうか。
     これが憧れの澪先輩のお腹に詰まっていただなんて。
     そしてそれを我慢できずにうんちおもらししてしまっただなんて。
     その様子を想像しただけで、

    「やだ……なんでドキドキしてるんだろ……」

     これ以上、澪先輩のパンツを持っていたらなにをするか自分でさえも分からない。
     このパンツの裏側はどうなっているんだろう?
     澪先輩はどれだけお腹を壊していたんだろう?
     そんなことを考えると、なぜか胸が高鳴ってきてしまっていた。

    (あっ……じゅわって……)
     ドキドキしすぎて、スカートの内側がじゅわりと湿ってしまう。
     モジモジと内股を擦り合わせると、

     カサカサ……。

     と、かすかに紙が擦れる音が聞こえてしまう。
     無理もなかった。


    (おしっこ、したくなっちゃった)
     梓は和式トイレにまたがると、スカートを捲りあげる。
     そこから現れたのは、パンツではない。

     白地に、ところどころネコの足跡の模様が入っているそれは……紙おむつだった。
     おむつと言っても、最近の紙おむつは吸水ポリマーのおかげで薄型に作られているし、梓が穿いているのはいわゆる穿くタイプの紙おむつなので、馴れてしまえばちょっともこもこしたパンツと変わらない。

     小学生のときに学校でおもらしをしてしまって以来、ずっと学校では人知れずにお世話になっている。
     もちろん、このことは家族以外は誰も知らないことだった。

    「はぁ……」
     紙おむつを下ろす。
    紙おむつの通気性は良くなっているとはいえ、思春期の女の子のおまたを快適にしてくれるにはほど遠い。
     蒸れた割れ目にいたずら好きの風が撫でていき、気持ちよさにため息をついてしまった。

    「んっ、んんん……」
     トイレにしゃがんでキュッとお腹に力を入れると、


     しゅいいいいいぃぃぃぃぃ……。


     無毛の秘裂から勢いよくおしっこが飛び出してきた。
     その勢いたるや、前にある金隠しに当たって飛び散るほどだった。
     ツンとしたアンモニア臭が個室に満ちあふれ、トイレの水がレモン色に染まっていく。


    「はぁ~……」
     止めていた息を吐くと、ブルルッ!
     大きく身体を震わせて、梓の放尿は太く、短くすぐに終わった。
     
    快楽に打ち震えながらも、目の前にある紙おむつの裏側にピントを合わせると、そこにはとろりとした透明な液体が光っている。

     興奮したときに漏れてしまう体液……愛液だった。
    (私……やっぱり……澪先輩のパンツ見てるときにドキドキして……)
     それは自分でも戸惑ってしまう身体の反応。
     慌ててカラカラとトイレットペーパーを手に取ると、ぽたぽたと残尿が落ちているおまたをふきふきする。

    「んっ」
     放尿のときとは違った、色っぽい声が漏れてしまう。
     拭き取ったときに、股間からかすかな微弱電流が流れたのだ。
     クチュリと紙にヌルヌルしたものがはりついた。
     
     ぬぐい取ったティッシュを見てみると、そこには一日分の女の子の汚れと、拭き取れぬほどの愛液がこびり付いていた。

    「澪先輩のパンツ……見てみたいけど、そうすると引き返せなくなっちゃう……」
     ここは我慢だ。

     梓は紙おむつを上げると、念入りにスカートの上から確かめる。
     よし、これで大丈夫。まさかおむつを充てているだなんて誰も思わないだろう。

     梓は自分になにも見なかったと言い聞かせると、トイレを出る。
     その紙おむつの裏側は、憧れの先輩のパンツを思い出し、早くもジュワリと湿り始めていた。


    おしまい。

    いつもだったら残念バッドエンドルート!
    拍手が足りない!

    となるところですが、書いてみると結構な分量に。

    Aルートはどうなってしまうのでしょうか。
    それは僕にもわかりません。

    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/293-c20a1b66
    ブログパーツ