お仕事したゲーム

    成人向けだから良い子はクリックしちゃダメだぞ。


    2017年10月末配信!!

    RJ133765_ana_img_sam.jpg
    触手~

    RJ116469_img_sam.jpg
    尿漏れますた~

    『憧れのお姉ちゃんは調教志願者?!』2012年8月10日発売予定!
    憧れの姉を調教

    『僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!』2011年11月25日発売予定!
    僕と契約して催眠術師になってよ

    電子書籍で同人誌

    スマホやPCでこっそりと

    ザ・ホールド! 僕と契約して時間停止して
    幼なじみ生徒会長と立場逆転!
    (上)(下)
    Hold01_blogside.jpg
    2017年5月、上巻発売!


    Hold02_blogside.jpg
    好評(?)発売中!



    恋する妹は甘酸っぱい
    作品形式
    EPUB mobi PDF
    の3つを同梱しました。
    体験版もあるよ!

    商業官能小説
    (New↑ ↓Old)

    商業活動

    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    俺得女学園 女装編入させられてハーレム展開! (美少女文庫)
    2016年12月中旬発売!
    俺得展開!
    公式立ち読み

    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    トリプル奴隷との甘~い生活 (美少女文庫)
    お浣腸からの決壊
    公式ホームページ

    おいでよ! 私立ヤリま×り学園 (美少女文庫)

    ランチのようにせくーすを
    公式ホームページ

    今からアタシ……調教されます。 (美少女文庫)
    鬼畜ですぜー
    公式ホームページ



    やはりダンジョンにハーレムを求めるのはまちがっている。 (美少女文庫)
    ダンジョン探索ファンタジー☆
    公式ホームページ

    えすかれ ツンマゾハーレム 完璧生徒会長と妹サマと小悪魔下級生 (美少女文庫)
    生意気3人娘を調教
    漏らせ
    Kindle version

    催眠で女子校ぜ~んぶ俺専用! 幼なじみもお嬢様も天才少女も (美少女文庫)
    大人しい黒髪おかっぱの大決壊
    公式立ち読み

    Kindle version

    トリプルエロエロお嬢様! (美少女文庫)
    おむつ・黒タイツ・ブルマ
    尿量過去最大
    トリプル百合キスフェラチオ

    Kindle version

    暴君毒舌メイドをマゾマゾにしてみた (フランス書院)
    調教されて弛み
    自ら紙おむつを
    公式立ち読み

    Kindle version

    ビクンビクンお嬢様とぬれぬれメイド!
    我慢できずプスプスと
    ブルマを膨らませてしまう姉妹
    体育倉庫で

    Kindle version

    ツン妹はお兄ちゃん大好きィィィ!
    思春期の妹のぱんつはおしっこくさい
    お兄ちゃんの味、覚えたよ?
    Kindle version

    生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた
    お堅い姉に、
    無口だけど実はエッチな妹
    トイレで無理やり

    Kindle version

    監禁調教だけど愛があるから大丈夫ッ!
    浣腸されて首輪で夜の散歩に
    我慢できずにブルマを穿いたまま
    決壊直前試し読み
    Kindle version

    僕の幼なじみとお嬢様は調教が足りない
    放課後の教室で
    人知れず黒タイツでおもらし遊び
    2人揃って失禁H

    Kindle version

    僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!
    催眠術で赤ちゃん返り
    そのままおむつ登校
    ひざまずいて失禁

    Kindle version

    隣の姉妹を○○メイドにしてみた
    ムリュッと盛り上がる黒タイツ
    満員電車でエッチ

    Kindle version

    黒猫荘のペットな妹
    おねしょ垂れの妹
    自分じゃパンツも脱げない妹と

    Kindle version


    残念お嬢様には俺しかいない
    汚した布おむつを洗ってあげよう
    布おむつで赤ちゃんプレイ

    Kindle version

    妹に催眠術をかけてネッコネコにしてみた
    反抗期で生意気な妹に催眠を…
    ネコのような妹と外で
    Kindle version

    同級生は、のーぱんちゅ
    もこもこと膨らんでいくブルマ
    クンニで失禁

    Kindle version


    ウチの妹がここまでMなわけがない
    桐乃さん、ごめんなさい
    学校で失禁H


    ライトノベル

    雑誌掲載

    スカトロ重視雑誌・蕾秘

    マニアックノベルハート蕾秘
    マニアックノベルハート蕾秘
    電車で大おもらし

    マニアックノベルハード 蕾秘
    マニアックノベルハード 蕾秘
    使用済みおむつ交換こ

    ページビュー数

    ユニークアクセス数

    2007/07/13~

    恋するおむつ妹4

    川で水遊びをしていて、お腹を壊してしまった千早は…。

    初めての兄に見られながらのうんちおもらし。

    この小説を最初から読む!
     
     
     
     
     結局、兄は一度も川に入ることなく、もうすぐ5時になりそうな時間になってしまった。
    せっかく遊びに来たのにもったいない。


     あたりは夕焼けに包まれていて、もうすぐ真っ暗になってしまうことだろう。
     ずっと泳いでいたかったけど、また明日くればいい。
    (明日はお兄ちゃんと一緒に泳ぎたいな……)

     そんなことを考えながら川辺へと出たときだった。
     久々に水の外にでると、フラフラとしてしまうけど、それ以上に実感してしまうもの、
     それは……。


     ぎゅるるるるるるるるるる~~~!!


    「はううっ!?」
     びっくりして身体を『く』の字に曲げてしまう。
     ずっと夢中で泳いでいたから気付かなかった。
     気がつけば、身体は川の清流のように冷たくなり、お腹もギュルギュルと川の流れにできる渦のようにうねっている。


     なんとか兄が座っている岩場へと歩いて行けたけど、それで限界だった。
     家に帰るためには30分、来た道を歩かなければならない。
     もちろん、周りにトイレなんてあるわけがない。


    「お兄ちゃん……ト、トイレ……」
    「なんだ、その辺でしちゃえばいいじゃないか」
    「違うの……お、お腹が痛くなっちゃって……うんち……んああっ」

     言葉にしたのがまずかった。
     急にお尻がジンジン痛くなってくると、
     ペッタリと貼りついているおパンツ……そのお尻の部分に、

     ブジュルッ!
     クリーム色の、薄い染みが広がった。

    「ぁっ、ぃっ、ぃ……ゃ……ぁ……っ!!」

     歯を食いしばって我慢しようとするも、ぷっくりとした柔らかいお尻では我慢することなんでできるはずもない。
     何しろ、出てきたのは、ほとんど水と同じような下痢だったのだ。

    「ちょっ、千早!? せめて川で……っ」
     兄に抱きかかえられる。お姫様だっこっていうのだろうか。でも今はそんなことに浸ってられずに、


     ぷちぷちぷちぷちぷち…………っ!

     小さな身体を小刻みに震わせて、濡れてペッタリと貼りついたパンツを熱くすることしかできなかった。

    「お兄ちゃっ……お尻、お尻が熱くて痛い……よぉっ!」
    「もうしばらくの我慢だ。……ほら、川に着いた。パンツ、脱げるか?」
    「む、無理ぃ……」
     短い返事とともに、


     むりゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅ!!

     本格的に決壊を迎えた下痢を漏らしてしまう。
     透け透けの女児ショーツに、茶色い未消化物がくっきりと浮き上がった。

     今日はソーメンもいっぱい食べた。スイカも。そしてアイスも。
     お腹が冷えきってゆるゆるになっていたのだ。
     うんちはこんなにも熱いというのに。

    「うぅ……も、もう我慢できな……ああああっ」

     ついに川辺でしゃがみ込んでしまう。
     ぺったりと貼りついたショーツにおまたの一本筋が浮き上がり、お尻を下痢で膨らませながら。


     ……パンツを脱ぐことは……できなかった。
    「で、出るぅ……うんち出ちゃっ、漏らしちゃ……ああっ」

     ぶじゅじゅじゅじゅっ、プチプチプチプチ……ッッ!


     和式便器に座るかのようにしゃがみ込んでしまったのが不幸だった。
     ちょうどおまたの高さまで水がきてしまい、お腹が更に冷えきってしまう。

     ブボボボボボボボボッ、
     ゴポッ、ゴポポ………………!!

     それは天然の水洗トイレだった。

     水の中で放たれた下痢は、おならとともにゴポゴポと派手に泡を立てて、パンツから弾けてくる。
     泡が弾けると、卵が腐った……温泉のような匂いも弾けてしまう。

    「痛い、痛い、痛いよぉ……っ」
     千早のお腹には、それと同じ毒素がみっちりと詰まっているのだ。
     どんなに恥ずかしくても、身体が勝手に毒素を排泄しようとするので、身を任せる他ない。

     ゴポポポポッ、
     ブジュッ、ジュジュジュジュッッ!

    「んあっ、熱いのが、熱いのが前の方にまで……おまたがパンパンになっちゃ……っ」

     スッとカッターで刻んだだけの一本筋のおまたが、見る間に茶色いペーストに覆われていく。

    「熱い、熱いよぉ! おまた熱いのに……止まらない……いぃ!!」


     ビチ、ビチチチチッ!!
     きゅるるるる~~~……? ビチチッ!


     あっという間に、おまたが茶色いモノで埋め尽くされると、パンパンに膨らんだネコさんショーツの隙間から、

     にゅる、にゅるるっ!

    「ひぃ……気持ち悪い……うんちはみ出してきちゃって、気持ち悪いよぉ……えぐ、えぐぐっ」

     足口からはみ出した下痢は、川に流されて消えていくけど次から次へと茶色いモノは生み出されていく。


     ゴポポポポ……ッ!


     そんな様子を千早は、下痢おもらしをして泣きながら見つめることしかできなかった。



    恋するおむつ妹5につづく



    目次一覧へ


    押してくれると励まされます。




    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:
    http://yaminomen.blog113.fc2.com/tb.php/288-1df49d15

    -

    管理人の承認後に表示されます

    ブログパーツ